仮想通貨【AION(AION)】とは?特徴・将来性・チャート・買い方・取引所を解説

仮想通貨【AION(AION)】とは?特徴・将来性・チャート・買い方・取引所を解説
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)は、株式会社jaybeが運営をおこなうWebメディアです。読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


仮想通貨AION(AION)の解説を行います。

目次

AION(AION)アイオン

AION(AION)アイオン
通貨名(通貨単位)AION(AION)アイオン
最大発行枚数350,000,000AION
公開日2017年12月
公式サイトhttps://aion.theoan.com/
公式ブログhttps://aion.theoan.com/blog/

AION(アイオン)とは?

AION(アイオン)とは?

ブロックチェーンが抱えている未解決な問題(相互運用性・スケーラビリティー・セキュリティー)を、解決するために設計された、第3世代の多層ブロックチェーンネットワーク】です。

現在何百というブロックチェーンが存在しています。

しかし、数年後には民間企業や公的機関で広範囲にわたりブロックチェーンが採用され、その数は何千、何百万になると予想されています。

ブロックチェーンは現在お互いに全く互換性や双方向のやりとりが無く、「まるで1980年代のPCのよう」だとAIONの公式サマリーで説明されています。

将来ブロックチェーンはインターネットと同様にハブ&スポークモデルでデータと価値を統合することが可能となるそうです。

その統合されたブロックチェーンがAION(アイオン)です。

要するにAION(アイオン)は、異種のブロックチェーンをAIONネットワーク上で互換性を持たせ、相互に運用可能なエコシステムをつくるプロジェクトです。

もう少し要約するとAION(アイオン)は「異なるブロックチェーン同士を連携可能にするプロジェクト」です。

AION(アイオン)の特徴

AION(アイオン)の特徴

AION(アイオン)ブロックチェーンネットワークにより、民間企業も公的機関も以下の事が可能になります。

  • 連合・・・AIONに準拠したブロックチェーンとEthereum(イーサリアム)との間でデータや価値・値を送信できる。
  • スケール・・・全てのAIONブロックチェーンに対し、高速なトランザクション処理と増設したデータ容量を提供できる。
  • スポーク・・・異種のブロックチェーンとの相互運用性を保ちつつ、民間企業や公的機関独自にカスタマイズされたブロックチェーン設計が可能。

Aionネットワークの根幹には、Aion-1と呼ばれる専用の第3世代ブロックチェーンがあります。

他のブロックチェーンを活用し、独自の強固なアプリケーションを管理することで、Aion-1はインセンティブを与える経済システムを提供します。

AIONトークンは、新しいブロックチェーンの作成、チェーン間ブリッジの収益化、ネットワーク全体の保護に使用される燃料です。

AION(アイオン)で解決できること

AION(アイオン)で解決できること

相互運用性

  • Aion(アイオン)ネットワーク以外の全てのネットワークに接続するカスタムブロックチェーンを無制限に作成できます。また、ブロックチェーンをカスタマイズすることもができます。
  • すべてのAionネットワークスポーク間でデータとバリューのフェデレーション連鎖通信を提供する。
  • メインのEthereum(イーサリアム)ブロックチェーンに接続し、AIONトークンがAion-1Ethereumをシームレスに繋ぎます。

スケーラビリティとパフォーマンス

民間企業および公的機関のアプリケーションでは、しばしば高いトランザクションレートが必要です。

さらに、大部分のブロックチェーンシステムは、大量のデータを格納するようには設計されていません。

AION (アイオン)ネットワークは、これらの問題に対処するために、高性能仮想マシン(VM)とスケーラブルなデータベースソリューションを提供します。

カスタマイズ

・相互運用性を犠牲にすることなく、異なるコンセンサスアルゴリズムやVMを含むカスタムブロックチェーン設計を可能にする。

知能証明のステーキングメカニズムを使用した新しい代表的コンセンサスの先駆けです。

AION(アイオン)開発チーム

aion(アイオン)開発メンバー一覧


ブロックチェーン業界に精通したメンバーで構成されているようです。

 AION(アイオン)パートナー

AION(アイオン)パートナー


中国のブロックチェーン企業である「Metaverse」ともパートナーシップを結んでいます。

AION(アイオン)のブログによると、「提携することでMetaverseエコシステムの構築に貢献することができると確信しています。」と発言しています。

AION(アイオン)の将来性は?

AION(アイオン)の将来性は?

AION(アイオン)の今後を考える上で重要になってくるのが、Nuco社というカナダのトロントにある企業です。

なぜNuco社が重要かと言うと、Nuco社がAION(アイオン)の開発・管理を行っているからです。(そんな重要な事もっとはやく言ってよって?w)

つまりAION(アイオン)はビットコイン等の非中央集権ではなく、中央集権であるということです。ちなみに中央集権通貨で有名なのはリップルです。

Nuco社の企業経営が難しくなりAION(アイオン)の開発ができなくなると、このプロジェクト自体が終わってしまう可能性があります。

ですが、裏を返せば企業が開発を進めているということで、民間企業や公的機関もパートナーになりやすいという利点もあると思います。

Nuco社は2016年5月に創業され、CEOのMatthew Spokeは世界的に有名なコンサルタント会社のデトロイトトーマツで働いていたそうです。そこで、ブロックチェーン技術に出会い、Nuco社を創業したらしいです。

またNuco社はイーサリアムネットワークを採用していることから、イーサリアムの生みの親であるヴィリッタ・ブテリン氏がアドバイザーについています。

AION(アイオン)のロードマップは下記です。

aion(アイオン)ロードマップ


ロードマップを見ると2018年が重要な年になりそうです。本格的にプロジェクトが動くのか頓挫するのか・・・。

2018年のQ2くらいまでに動きがなければちょっと怪しいかも。

私は様子見でいこうと思います。公式ブログを見て、プロジェクトの動向はチェックしていこうと思います。AIONを購入する時はツイッターで報告しますw

AION(アイオン)チャート※2021年2月8日現在(日足)

AIONチャート

AION(アイオン)購入はこちらから

AION(アイオン)購入はこちらから

AION(AION)はBINANCE(バイナンス)で購入できます。

今回は仮想通貨AION(アイオン)の解説でした!

解説に間違い等ありましたらコメントいただければと思いますm(_ _)m

まだ、BINANCE(バイナンス)がどういう取引所か分からない方も多いと思うので、簡単にBINANCE(バイナンス)のことを書いておきます。

知っている方は、見るだけ時間の損ですw

BINANCE(バイナンス)ってどんな取引所?

BINANCE
取引所名Binance(バイナンス)
運営会社Binance Holdings Ltd.
設立年2017年
所在地セイシェル、ケイマン諸島
取引方法現物取引レバレッジ取引資産運用サービス
最大レバレッジ20倍
取引銘柄数300種類以上
取引手数料メイカー:0.1%テイカー:0.1%
入出金手数料無料
日本語対応
スマホアプリ

バイナンスの登録ユーザーは世界で9000万人以上と言われており、CoinMarketCapが独自に算出する仮想通貨取引所ランキングでも常に1位となるほど、世界最大の仮想通貨取引所です。アルトコインの取扱いは300種を超え、主要な仮想通貨はほとんど取引できるのはもちろん、豊富な資産運用方法も準備しており、ワンストップで仮想通貨取引ができるのが大きな魅力です。

また、バイナンスが発行しているバイナンスコイン(BNB)は、時価総額でも記事執筆時点の2023年5月末で第4位(CoinMarketCapランキングより)となっており、BSC(バイナンススマートチェーン)など取引所ネットワークにもかかわらず世界的にメジャーとなっているチェーンも存在するほどの企業となります。

2019年にハッキング被害があり、当時のレートで約4000万ドル相当のビットコインが盗難に遭い入出金の停止を余儀なくされた事件がありましたが、この事件を踏まえてセキュリティの強化が実施されました。またバイナンスは、英国及びノルウェーの認証機関から「ISO/IEC27001規格」(情報セキュリティーに関する国際規格)から認証を受けており、仮想通貨取引所としてはバイナンスが初となります。

このバイナンスのメリット・デメリットは以下のようになります。

バイナンスのメリット
  • 世界最大のユーザー数を誇るため流動性が高く約定力が高い
  • ハッキング対策の評価が高い
  • ハッキングされても全額保証の制度を設けている
  • ISO認証を取得している健全企業
  • 初心者でも扱いやすい資産運用サービスを多数準備している
  • スマホアプリが使いやすい
  • 日本語に対応
バイナンスのデメリット
  • 仮想通貨FXは最大レバレッジ20倍
  • 日本円での入金に対応していない
  • 金融庁から警告を受けている

バイナンスを使うメリットは現在シェア、取引量では世界最大という点。「取引量が世界最大=流通量が世界最大」なので、取引のしやすさはNo.1です。

注記

2022年12月より、バイナンスの日本進出と併せてグローバルバイナンスへの日本人の新規登録ができなくなっていましたが、2023年8月1日より日本国内でのサービスが再開されました!

関連:バイナンス、日本進出決定|サクラエクスチェンジを完全子会社化

これもう見た?バイナンス、日本進出決定|サクラエクスチェンジを完全子会社化

Binance(バイナンス)についてはこちらの記事でさらに詳しい情報を解説しているので気になる方は一度見てください。

これもう見た?Binance(バイナンス)の評判は?メリット・デメリットから評価!口コミも調査

これもう見た?Binance(バイナンス)のスマホアプリの使い方を徹底解説!これで迷うことなし!

これもう見た?バイナンス(BINANCE)の登録・口座開設方法を画像付きで徹底解説【PC&スマホ】

\【当サイト限定】上記リンクから登録すると取引手数料永久10%OFF/

コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次