米ウォール街の有名金融ストラテジストがBTCの再浮上を予測

目次

米ウォール街の有名金融ストラテジストThomas Lee氏がBTCの再浮上を予測

11月26日、米CNBCの経済ニュース番組「US Closing Bell Overtime」でインタビューに登場したThomas Lee氏は、BTCの再浮上を予測した。

氏は、米ウォール街に本拠を置く金融コンサルタント企業「Fundstrat Global Advisors」共同創設者であり、米国の金融業界でも指折りの金融ストラテジストとして知られている。

Thomas Lee氏は、2022年現在、BTCにはじまり仮想通貨市場は下落相場を迎えているものの、過去にも同じような状況を経験したと述べた。

2018年にBTCが史上最高値から80%以上急落した当時、仮想通貨業界は同様のメルトダウンを経験した。

Thomas Lee氏はインタビューで以下のコメントを残した。

“It has been a horrific year for crypto. Nobody has made money in crypto in 2022,”

https://cryptonews.com/news/crypto-analyst-tommy-lee-changes-his-2022-bitcoin-prediction-what-he-thinks-now.htm

「(今年は)仮想通貨にとって恐ろしい年だった。2022年に仮想通貨で稼いだ人は誰もいない」

“But it is not that different from 2018. If we look back at that crypto winter when Bitcoin went from $17,000 to something around $1,200, that was the time when some of the best projects were created.”

https://cryptonews.com/news/crypto-analyst-tommy-lee-changes-his-2022-bitcoin-prediction-what-he-thinks-now.htm

「しかし2018年とそれほど違いはない。BTCが17,000ドルから約3,000ドルまで下落した当時、最高のプロジェクトがいくつか始まった」

Thomas Lee氏氏は、現在の仮想通貨市場の低迷は痛みを伴うものであるものの、多くの悪いプレーヤーやプロジェクトを一掃しているため、業界にとって「重要な瞬間」でもあると付け加えた。また「仮想通貨が死んだとは考えていない」と強調した。

Thomas Lee氏が2017年に提出したBTCに関するレポートでは、BTCが2022年までに15,000ドルから50,000ドルの価値になると予測した。

予測は概ね的中し、BTCは年初に 50,000ドル近くで取引されていたが、FTXの破産スキャンダルを経て、過去数日間で約 16,000ドルまで下落した。

関連:FTXの前CEO、SBF(アフロ)とは?特徴的な人物像を紹介

2022年2月、Thomas Lee氏はBTCについてさらに強気の予測を示し、今後数年間で20万ドルに急上昇する可能性があると述べていた。

関連:【初心者向け】ビットコイン(BTC)とは?仕組みや今後の価格動向をわかりやすく解説
関連:ビットコイン(BTC)はいくらから買えるのか?千円もあれば購入できます!おすすめ取引所も紹介

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

斎藤 俊介のアバター 斎藤 俊介 ライター・ディレクター

2021年に下位アルトコインのノード運用とNFT投資から仮想通貨の世界に入り、2022年より暗号資産(仮想通貨)ライター職に従事。2022年11月からJinaCoinに参加し、現在ライター・ディレクターを兼務。ブルーチップNFT「MAYC」のホルダーになるのが目標。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

米ウォール街の有名金融ストラテジストがBTCの再浮上を予測

米ウォール街の有名金融ストラテジストThomas Lee氏がBTCの再浮上を予測

11月26日、米CNBCの経済ニュース番組「US Closing Bell Overtime」でインタビューに登場したThomas Lee氏は、BTCの再浮上を予測した。

氏は、米ウォール街に本拠を置く金融コンサルタント企業「Fundstrat Global Advisors」共同創設者であり、米国の金融業界でも指折りの金融ストラテジストとして知られている。

Thomas Lee氏は、2022年現在、BTCにはじまり仮想通貨市場は下落相場を迎えているものの、過去にも同じような状況を経験したと述べた。

2018年にBTCが史上最高値から80%以上急落した当時、仮想通貨業界は同様のメルトダウンを経験した。

Thomas Lee氏はインタビューで以下のコメントを残した。

“It has been a horrific year for crypto. Nobody has made money in crypto in 2022,”

https://cryptonews.com/news/crypto-analyst-tommy-lee-changes-his-2022-bitcoin-prediction-what-he-thinks-now.htm

「(今年は)仮想通貨にとって恐ろしい年だった。2022年に仮想通貨で稼いだ人は誰もいない」

“But it is not that different from 2018. If we look back at that crypto winter when Bitcoin went from $17,000 to something around $1,200, that was the time when some of the best projects were created.”

https://cryptonews.com/news/crypto-analyst-tommy-lee-changes-his-2022-bitcoin-prediction-what-he-thinks-now.htm

「しかし2018年とそれほど違いはない。BTCが17,000ドルから約3,000ドルまで下落した当時、最高のプロジェクトがいくつか始まった」

Thomas Lee氏氏は、現在の仮想通貨市場の低迷は痛みを伴うものであるものの、多くの悪いプレーヤーやプロジェクトを一掃しているため、業界にとって「重要な瞬間」でもあると付け加えた。また「仮想通貨が死んだとは考えていない」と強調した。

Thomas Lee氏が2017年に提出したBTCに関するレポートでは、BTCが2022年までに15,000ドルから50,000ドルの価値になると予測した。

予測は概ね的中し、BTCは年初に 50,000ドル近くで取引されていたが、FTXの破産スキャンダルを経て、過去数日間で約 16,000ドルまで下落した。

関連:FTXの前CEO、SBF(アフロ)とは?特徴的な人物像を紹介

2022年2月、Thomas Lee氏はBTCについてさらに強気の予測を示し、今後数年間で20万ドルに急上昇する可能性があると述べていた。

関連:【初心者向け】ビットコイン(BTC)とは?仕組みや今後の価格動向をわかりやすく解説
関連:ビットコイン(BTC)はいくらから買えるのか?千円もあれば購入できます!おすすめ取引所も紹介

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

水澤 誉往のアバター 水澤 誉往 代表取締役/仮想通貨投資家

株式会社jaybe 代表取締役。香川県三豊市出身。2010年4月、株式会社一誠社入社。2011年よりFX取引を開始。2016年3月30日、bitFlyer代表取締役社長・加納裕三氏が出演する動画で仮想通貨に興味を持ち、 1BTC価格47,180円で0.02BTCを購入したことが仮想通貨投資の始まり。2017年11月、仮想通貨投資で身に付けた知識・経験を活かし、自身初のブログ「次男坊の仮想通貨な日」を立ち上げ。2018年4月、JinaCoinの前身である「ジナキャッシュ」開設。2019年10月、収益の安定化に成功し、株式会社一誠社を退職、個人事業主として独立。2020年6月、事業拡大に伴い、株式会社jaybe(法人番号:7470001018079)を創業。
2023年、メディアの名称を「JinaCoin」に変更。月間15万PVを超える仮想通貨情報メディアに成長させる。現在は仮想通貨投資を行う傍ら、仮想通貨の普及活動やマーケットリサーチ等を行なっている。仮想通貨投資活動:現物保有・デリバティブ取引・DeFi運用・エアドロップ活動。好きな銘柄:ビットコイン。著書:海外FXのはじめ方完全ガイド。WEB取材:凄腕FXトレーダーへインタビュ ー!vol.8=TitanFX。趣味:投資全般・SEO・読書

目次