バイナンス、日本進出決定|サクラエクスチェンジを完全子会社化

バイナンス、サクラエクスチェンジを完全小会社化。日本進出
目次

Binance(バイナンス)日本進出決定。サクラエクスチェンジを完全子会社化

世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所Binance(バイナンス)は11月30日、日本の取引所サクラエクスチェンジ(SEBC)の株式を100%取得し、完全子会社化したことをバイナンス公式ブログで発表した。この買収により、バイナンスは正式に日本の金融庁 (JFSA) の規制対象組織として日本市場に参入する形となった。

バイナンスは、サクラエクスチェンジを通じて日本の規制サービスを提供することで、暗号資産の責任あるグローバル環境をサポートすることを目指していると述べた。

バイナンスはこれまでに、フランス、イタリア、スペイン、バーレーン、アブダビ、ドバイ、ニュージーランド、カザフスタン、ポーランド、リトアニア、キプロスで規制当局の承認または認可を確保しており、今回の買収によって東アジアで初のライセンスとなった。

この買収によりSEBCのCEOである山本仁美氏は、次のように述べている。

ユーザー保護を優先する私たちの取り組みに加えて、Binance の強力なコンプライアンス システムは、日本のユーザーがよりコンプライアンスに準拠した雰囲気を構築することに貢献し、将来の大量採用に必要な主要な暗号サービスへのアクセスを支援します。

関連バイナンスとは?特徴や評判を解説

バイナンスへの日本人ユーザー新規登録中止

サクラエクスチェンジの買収に伴い、本家バイナンスは日本人ユーザーの新規登録(口座開設)を11月30日18時で中止すると発表した。

既存の日本ユーザーはこれまでどおりサービスを利用することができるようだ。しかし、いつまで利用できるのか具体的なスケジュールは示されていない。

参考文献

バイナンス公式ブログ

バイナンス最新ニュース

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

水澤 誉往のアバター 水澤 誉往 代表取締役/仮想通貨投資家

株式会社jaybe 代表取締役。香川県三豊市出身。2010年4月、株式会社一誠社入社。2011年よりFX取引を開始。2016年3月30日、bitFlyer代表取締役社長・加納裕三氏が出演する動画で仮想通貨に興味を持ち、 1BTC価格47,180円で0.02BTCを購入したことが仮想通貨投資の始まり。2017年11月、仮想通貨投資で身に付けた知識・経験を活かし、自身初のブログ「次男坊の仮想通貨な日」を立ち上げ。2018年4月、JinaCoinの前身である「ジナキャッシュ」開設。2019年10月、収益の安定化に成功し、株式会社一誠社を退職、個人事業主として独立。2020年6月、事業拡大に伴い、株式会社jaybe(法人番号:7470001018079)を創業。
2023年、メディアの名称を「JinaCoin」に変更。月間15万PVを超える仮想通貨情報メディアに成長させる。現在は仮想通貨投資を行う傍ら、仮想通貨の普及活動やマーケットリサーチ等を行なっている。仮想通貨投資活動:現物保有・デリバティブ取引・DeFi運用・エアドロップ活動。好きな銘柄:ビットコイン。著書:海外FXのはじめ方完全ガイド。WEB取材:凄腕FXトレーダーへインタビュ ー!vol.8=TitanFX。趣味:投資全般・SEO・読書

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

バイナンス、日本進出決定|サクラエクスチェンジを完全子会社化

バイナンス、サクラエクスチェンジを完全小会社化。日本進出

Binance(バイナンス)日本進出決定。サクラエクスチェンジを完全子会社化

世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所Binance(バイナンス)は11月30日、日本の取引所サクラエクスチェンジ(SEBC)の株式を100%取得し、完全子会社化したことをバイナンス公式ブログで発表した。この買収により、バイナンスは正式に日本の金融庁 (JFSA) の規制対象組織として日本市場に参入する形となった。

バイナンスは、サクラエクスチェンジを通じて日本の規制サービスを提供することで、暗号資産の責任あるグローバル環境をサポートすることを目指していると述べた。

バイナンスはこれまでに、フランス、イタリア、スペイン、バーレーン、アブダビ、ドバイ、ニュージーランド、カザフスタン、ポーランド、リトアニア、キプロスで規制当局の承認または認可を確保しており、今回の買収によって東アジアで初のライセンスとなった。

この買収によりSEBCのCEOである山本仁美氏は、次のように述べている。

ユーザー保護を優先する私たちの取り組みに加えて、Binance の強力なコンプライアンス システムは、日本のユーザーがよりコンプライアンスに準拠した雰囲気を構築することに貢献し、将来の大量採用に必要な主要な暗号サービスへのアクセスを支援します。

関連バイナンスとは?特徴や評判を解説

バイナンスへの日本人ユーザー新規登録中止

サクラエクスチェンジの買収に伴い、本家バイナンスは日本人ユーザーの新規登録(口座開設)を11月30日18時で中止すると発表した。

既存の日本ユーザーはこれまでどおりサービスを利用することができるようだ。しかし、いつまで利用できるのか具体的なスケジュールは示されていない。

参考文献

バイナンス公式ブログ

バイナンス最新ニュース

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

水澤 誉往のアバター 水澤 誉往 代表取締役/仮想通貨投資家

株式会社jaybe 代表取締役。香川県三豊市出身。2010年4月、株式会社一誠社入社。2011年よりFX取引を開始。2016年3月30日、bitFlyer代表取締役社長・加納裕三氏が出演する動画で仮想通貨に興味を持ち、 1BTC価格47,180円で0.02BTCを購入したことが仮想通貨投資の始まり。2017年11月、仮想通貨投資で身に付けた知識・経験を活かし、自身初のブログ「次男坊の仮想通貨な日」を立ち上げ。2018年4月、JinaCoinの前身である「ジナキャッシュ」開設。2019年10月、収益の安定化に成功し、株式会社一誠社を退職、個人事業主として独立。2020年6月、事業拡大に伴い、株式会社jaybe(法人番号:7470001018079)を創業。
2023年、メディアの名称を「JinaCoin」に変更。月間15万PVを超える仮想通貨情報メディアに成長させる。現在は仮想通貨投資を行う傍ら、仮想通貨の普及活動やマーケットリサーチ等を行なっている。仮想通貨投資活動:現物保有・デリバティブ取引・DeFi運用・エアドロップ活動。好きな銘柄:ビットコイン。著書:海外FXのはじめ方完全ガイド。WEB取材:凄腕FXトレーダーへインタビュ ー!vol.8=TitanFX。趣味:投資全般・SEO・読書

目次