バイナンス、10億ドルの緊急保険基金の全資産をUSDCに変換

目次

ビットコインやBNBの混合形式から、全額ステーブルコインのスタイルへ

世界最大の暗号資産(仮想通貨)取引所「Binance(バイナンス)」は18日、取引所がハッキングされた場合など極端な状況下でバイナンスのユーザーを保護するために2018年に設立された「Secure Asset Fund(SAFU:緊急保険基金)」の10億ドル相当全額をステーブルコイン「USDC」に変換したと発表した。

本日、SAFU のすべての資産が$USDCに変換され、10 億ドルで信頼性と安定性が強化されます。

発表によると、「信頼され、監査され、透明性のあるステーブルコインをSAFUに利用することで、SAFUの信頼性をさらに高め、10億ドルという安定性を維持することを保証」するために行われる。

変換前はビットコイン・BNB・USDTなどをSAFUの資金として保有していたが、現在これらは全て変換された。発表によれば、変換プロセスの一環として16,276BTC(約10億米ドル相当)、136万BNB(約7.5億米ドル相当)が送金された。

SAFUのアドレス(0x4B16c5dE96EB2117bBE5fd171E4d203624B014aa)も併せて公開され、Ethscanで見てみるとたしかに10億ドルピッタリのUSDCが保管されている。

SAFUのアドレス
出典:Ethscan

現在USDCは326億米ドル(約5兆円)相当が発行されており、バイナンスのSAFU基金はその約3%に相当する。

関連:バイナンスラボ、ビットコイン・リステーキング「BounceBit」に投資
関連:バイナンスラボ、流動性インフラ「StakeStone」に投資
関連:バイナンスコイン(BNB)とは?特徴と将来性・購入方法を図解で解説!Binanceの成長が鍵

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元一般企業会社員。現在はトレーダー兼ライター。
株式やFX、仮想通貨デリバティブ、草コイン、ノード運用と色々やっています。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次