きっと見つかる!おすすめの仮想通貨FX取引所を紹介

バイナンスコイン(BNB)とは?特徴と将来性・購入方法を図解で解説!Binanceの成長が鍵

バイナンスコイン(BNB)の特徴と将来性、購入方法を解説銘柄

取り揃えているコインの種類の多さや、レバレッジ規制の低さ(最大レバレッジ100倍)、ステーキングなどのトレード以外の資産運用機能の多さから、好んで使われている仮想通貨(暗号資産)の海外取引所Binance(バイナンス)。

バイナンスはBinance Holdings Limited. が運営する取引所で、アルトコインの取り扱い銘柄数はBTC建だけでも200種類以上あり、先物取引やレバレッジトークンなどのサービスも取り揃えています。そんなバイナンスですが、利用していると頻繁に目にするのがBNB(バイナンスコイン)という文字。

バイナンスコインとは一体何なのでしょうか。どんな特徴があり、保有するとどんなメリットがあるのか、見ていきましょう。

 

バイナンス公式サイトへ

【当サイト限定】取引手数料永久10%OFFキャンペーン

バイナンスコイン(BNB)の概要

BNBトークン

トークン名称Binance coin
シンボルBNB(ビーエヌビー)
2021年6月現在の価格約38,800円
2021年6月現在の時価総額約5,950,000,000,000円
公式サイトBinance公式サイト
BNBが購入できる取引所Binance

バイナンスコインはバイナンスが発行しているコインで、2021年6月現在、coinmarketcapによると時価総額6兆円で4位にランクインしており、存在感が急速に高まっています。

1枚あたりの価格は4万円弱(同じく2021年6月現在)で、総発行枚数は2億枚に設定されています。ただしBNBは運営によって定期的にバーンされており、発行済みはどんどん少なくなっていく算段となっています。実際、現在の上限数は1.7億枚となっており、更に新しくバーンされた枚数を差し引くと1.69億枚にまで減ります。

将来的には1億枚までバーンされる計画となっています。バーンされることは発行済み枚数が減って1枚当たりの価値が向上することに繋がりますので(株で例えると自社株買い戻しにあたります)、既存のホルダーにとってはプラスとなります。

またバイナンスコイン自体も非常に将来性が高いものとなっています。

バイナンスコイン(BNB)チャート

バイナンスコイン(BNB)の将来性

バイナンスコインの将来性を裏付けるのは、バイナンス自体の成長性・将来性であり、過去のパフォーマンスであり、保有している事によってさまざまなメリットが見込まれる事です。

バイナンス自体の成長性

バイナンスの人気が高まったのは仮想通貨バブルが一旦落ち着きを見せた2018年に入ってからの事です。特に日本人のトレーダーは国内の取引所でビットコイン現物を買って、海外取引所に送り、日本国内では取り扱っていないようなアルトコインを取引することが多いです。

2018年は、ビットコイン一強が終わりを迎えた年であり、ライトコインやリップルなどそれまでパフォーマンスが良かったメジャーアルトもボロボロになった年でもありました。

一方でマイナーなアルトコイン銘柄がいきなり急騰するなど、草コインブームが局地的に訪れることもありました。そうなると、BTC建てで取り扱い銘柄が多い取引所が好まれるわけです。バイナンスはその中でも取り扱い銘柄の幅広さやUIの使いやすさから人気が高まったのです。

2019年は再びBTC一強の様相となりましたが、バイナンスも先物取引を提供するようになり、先物取引の取引高はBitmexやBybitなどと並ぶようになりました。2020年以降も独自のレバレッジトークン提供、DeFi銘柄の取り扱い、ステーキングなど、時代のニーズに合わせて商品や機能を拡充しています。

取引高は2021年6月現在、1日で7.9兆円にものぼります。この技術力の高さとフットワークの軽さこそ、バイナンスの成長性の源泉です。バイナンスコインの価値は、バイナンスというプラットフォームと一蓮托生です。バイナンスが色あせない限り、バイナンスコインは安泰であるとも言えます。

初値から約55倍!高いパフォーマンスでまだまだ成長が見込める

バイナンスコイン(BNB)チャート

バイナンス自体の成長に比例するように、バイナンスコインのパフォーマンスも急成長しています。BNBはBTC建てで昔から取引可能となっていましたが、今回はわかりやすく2018年12月から取引開始になったUSDC(ドルにペッグしたステーブルコイン)建てのチャートで見ていきます。

初値6.6USDほどで上場してからしばらくは小動きでしたが2019年と2020年後半から2021年にかけて急騰し、現在は360ドルを上回る水準で取引されています

ここから単純計算すると初値から約55倍となります。ビットコインを大きく上回る素晴らしいパフォーマンスです。

時価総額も大きくなり、安定してくるとこれまでのように急騰は中々起きづらくなるとはいえ、これまでのパフォーマンス実績は申し分ないため、今後も比較的良いパフォーマンスを見せるのではないかと考えられます。その点、将来性という部分ではバイナンスコインは稀有な存在と言えるのです。

そして、バイナンスコインは保有したり利用すると、便利に取引を進められるようになっています。

バイナンスコイン(BNB)を保有・利用するメリット

バイナンスコインは保有したり利用することでメリットを享受できます。取引所としてのバイナンスと一蓮托生というのは、そうした機能があってのバイナンスコインだからです。

では具体的に、バイナンスコインを保有・利用することにどのようなメリットがあるのでしょうか。

バイナンスコインを持っているだけで値上がりが見込める

やはり大きいのはバイナンスコイン自体の価値が基本的に右肩上がりであるという事です。

便利な機能があるからバイナンスコインを持とうとなっても、バイナンスコインの価値が不安定だったり、常に下がっているようなら躊躇してしまいます。

前述した通り、USDC建てでも大幅な高騰を見せていますがビットコインと比較したパフォーマンスとして使えるビットコイン建てのチャートでも右肩上がりであることがひと目で分かります。

定期的にバーンされている

バイナンスコインは総発行枚数の上限が2億枚に設定されており、既に全部発行されている上、運営が定期的にバーンを行い、1億枚まで減らす計画となっています

保有し続けることによる希薄化リスクはかなり低いわけです。

バイナンスコインを持っていることで取引手数料が割り引かれる

バイナンスでは基本的にメイカー(成行注文)・テイカ―(指値注文)ともに0.1%の手数料が基本となっています。ただし、バイナンスコインを保有・利用することで手数料が割り引かれます。方法は主に2つです。

  • バイナンスコインの保有枚数に応じて自動的に割り引かれる
  • バイナンスコインを利用した手数料支払いで割引を受ける

1つ目はバイナンスコインの保有枚数に応じて自動的に割り引かれるサービスを利用するものです。

例えば現物取引であれば50BNBを保有していたらメイカー手数料が0.09%になります。11000BNB以上ならメイカーが0.02%、テイカ―が0.04%にまで割り引かれることになります。ただしこのサービスを利用するためには1ケ月の取引高が一定数以上でなければなりません。取引高が大きく、かつバイナンスコインをたくさん保有している必要があるわけです。例えば50BNB以上保有という条件を満たすには50BTC以上取引していなければなりません。

11000BNB以上保有の条件だと、150000BTC以上の月間取引高がなければ、割引を利用することができません。

同じようにバイナンスの先物取引においても取引高とバイナンスコインの保有枚数によって割引を利用できますが、取引高と保有枚数のハードルは中々大きいものとなっています。もっと割引を利用するハードルが低い方法はないでしょうか。

そんな時に利用できるのが2つ目の、バイナンスコインを利用した手数料支払いで割引を受けることです。

バイナンスのトップページの右上に表示されているアイコンにカーソルをあて、自分のメールアドレスをクリックし表示されたページを下にスクロールしていくと、取引手数料レベルと書いてある部分があります。本来はメイカー・テイカ―ともに0.1%のはずですが、0.075%となっています。その理由は青丸で囲んだBNBで手数料を支払う(25%割引)というタブにあります。このタブをオンにしておけばバイナンスコインの残高から手数料が支払われます。これだけで手数料が25%も割引されるのです。

以前はバイナンスの開設から年度を追うごとに割引率が下がっていくシステムが取られていましたが、現在は現物取引については一律25%の割引が適用されます。

ウォレットにある端数のコインをBNBにまとめられる

バイナンスコインの便利な使い方として、取引の際にウォレットにどうしても細かい桁のコインが残ってしまうことがありますが、それをバイナンスコインにまとめることができます

ウォレットのページにアクセスし、現物の欄を押すと、保有しているコイン一覧が表示されます。その上の方に「少数残高をBNBにコンバート」とありますので、そこを選択しましょう。

バイナンスのスマホアプリでも同様の機能があります。

端数のコインは取引することも利用することも出来ないので、この機能を利用することでバイナンスコインに変換して売るなり手数料として利用するなり、できるようになります。

バイナンスコインをステーキングに出して儲けられる

ステーキングは簡単に言うと、チェーンの管理をするために必要な行為(具体的にはコインを預けること)をした人に報酬が与えられるものです。

バイナンスでは、バイナンスコインをステーキングして運用できるサービスが提供されています。

その中でも便利なサービスが「BNB Vault」です。

バイナンスのホームからファイナンスを選択、あるいはアプリからファイナンスでBNB Vaultを選択します。

BNB Vaultは、バイナンスコインを運用しようと思った時に、色々な方法があって迷ってしまう人のために、複数の運用方法から最も利回りの高いものを自動的に選択してくれるものです。

上記の画像で報酬の欄にセービングリワードとローンチプールリワードの2つがありますが、大まかに分けてその2つから選択されるということになります。セービングはバイナンスにバイナンスコインを預ける(貸す)ことによって利子を貰うものです。一方ローンチプールは、BNBを別のプロジェクトにステーキングし、そのコインで報酬を受け取るものです。どちらも現在の推定APY(年利のこと)が表示されています。

BNB Vaultの画面を開いたら、ステークしたいバイナンスコインの枚数を選択し、ステークするという黄色のボタンを押します。

バイナンスコインのステーキングは利回りが高いプロジェクトの募集がされることがあります。ただし良い条件の募集はすぐ埋まってしまい“売り切れ”になってしまいますので注意が必要です。

また、バイナンスアーンというサービスはステーキング案件などがまとまっています。

ここにもバイナンスコインのステーキング案件が載っています。

BNB Vaultやステーキングなどから選択でき、Flexibleはいつでも引き出し可能ですが、期間があるものはロックさせる日数が決まっています。ステークをクリックして合うものを選択しましょう。

バイナンスコイン(BNB)を購入する方法

ではバイナンスコインを購入するにはどうすればいいのでしょうか。バイナンスで購入できることはもちろんですが、バイナンスと提携している別の海外取引所でも購入できます。それぞれの方法をご紹介します。

Binance(バイナンス)でBNB購入

まずはバイナンスにアクセスし、現物取引を選択します。英語だとSPOTになります。バイナンスコインを購入するためには、取り扱っているコイン一覧からBNBのティッカーシンボルを探しましょう。BNB/BTCやBNB/USDCなど、取引したい通貨建てのペアをクリックします。

ここではBTC建てについて見ていきます。チャートがメインの画面を開いたら、下の方にスクロールし、取引をします。

現物を購入する際はスポットを選択します。

リミットは指値注文、マーケットは成り行き注文です。大体この2つを多く使うと思いますが、ストップリミットなどの注文方法もあります。今回は指値を選択します。指値は事前に指定したレートで買い注文を入れておくもので、そのレートまで価格が下がってきたら買い注文が出されるわけです。今すぐ買いたい人は成り行き注文を選択しましょう。

指値の場合、購入BNBの価格の部分にレートを打ち込みます。試しに0.009196BTCとします。金額は購入したい枚数です。

ここでは1234BNBとしておきます。合計11.347864BTCとなります。購入BNBボタンを押すと、残高がしっかりあればBNBを購入することが出来ます。

購入が完了したらウォレットを開き、BNBがしっかりあることを確認しましょう。

バイナンス公式サイトへ

【当サイト限定】取引手数料永久10%OFFキャンペーン

他の取引所でBNB購入

バイナンスコインを買える取引所はバイナンスだけではありません。バイナンスと提携している海外取引所があり、そこではバイナンスコインが購入可能となっています。代表的なのがFTXです。FTXもバイナンスと並んで便利な海外取引所です。投資家それぞれにホームの取引所があると思いますので、そこでバイナンスコインが購入できるのであれば便利ですよね。

2021年6月現在、バイナンスコインが取引できるのは、FTX以外にもHITBTCやPoloniex、KUCOIN、COINDCXなどがあります。

ただし、純投資目的以外だと、BNBをバイナンス以外の取引所で保有していても手数料割引サービスの利用などはできないため、バイナンスでの購入がベストであると言えます。

バイナンス公式サイトへ

【当サイト限定】取引手数料永久10%OFFキャンペーン

日本人でもバイナンスコインは買える?

バイナンスコインの魅力は多くの方には伝わったかと思いますが、日本に住んでいてもバイナンスコインを購入することはできるのでしょうか?

結論から言うと、日本の取引所に口座を持って日本円だけで取引している人は買うことができません。おそらく今後も日本国内の取引所で購入できるようにはならないでしょう。日本では仮想通貨交換業者が金融庁の監督下に置かれており、取り扱えるアルトコインの銘柄はホワイトリスト方式で厳格に指定されています。

バイナンスは日本の金融庁の監督下に置かれておらず、日本人の利用が推奨されているわけではないため、バイナンスコインの取り扱いもないものと思われます。そのため、国内でBTC現物を買ってバイナンスに送るか、クレジットカード入金を利用してバイナンスで購入しなければなりません。

まとめ

バイナンスコインは、海外取引所バイナンスが発行するコインで、バイナンス自体の成長性とも相まって非常に成長性が高く見込まれるコインです。

保有してステーキングで儲けたり、バイナンスでの取引で手数料として使用して手数料が軽減されたり、さまざまなメリットがあります。価格も右肩上がりでパフォーマンスはビットコインを凌駕しています。

ただし日本国内の取引所では扱っていないため、購入するには日本国内の取引所ではなくバイナンスにBTCを送るか、カードを利用する、FTXなど提携している他の海外取引所で購入するなどする必要があります。

バイナンス公式サイトへ

【当サイト限定】取引手数料永久10%OFFキャンペーン

監修者情報
ミズサワ

じなんぼーことミズサワです。仮想通貨歴2016年3月~。2016年3月30日、1BTC価格47,180円で0.02BTCを購入したのが仮想通貨投資の始まり。そこから仮想通貨の現物取引を開始し、仮想通貨FXやレンディング、現先クロス等様々な手法で仮想通貨投資を進めている。現物取引のメイン口座はBinance、仮想通貨FXのメイン口座はBybit。ジナコインでは仮想通貨初心者の方に分かりやすく信頼できる記事をお届けします。

銘柄
ジナコイン

コメント