仮想通貨ENSとは?特徴と将来性、購入できる取引所を徹底解説

仮想通貨ENSとは?特徴と将来性を解説
この記事をざっくり言うと…
  • 仮想通貨ENSとはEthereum Name Service(イーサリアム・ネーム・サービス=ENS)のネイティブトークン(ガバナンストークン)のこと
  • Ethereum Name Service(イーサリアム・ネーム・サービス)は、NFT技術を活用してイーサリアムアドレスやコントラクトアドレスを「●●.eth」という風に置き換えできるサービスを提供している
  • ユーザーは今後、Ethereum Name Serviceを利用すれば、長くて覚えにくいアドレスを、全ての通貨に対応したENSアドレスでやりとりできるようになる

【1分解説】サクッと動画で仮想通貨ENSの特徴が知れる⬇︎

目次

仮想通貨ENSとは?

仮想通貨ENSとは?
プラットフォーム名称Ethereum Name Service(イーサリアム・ネーム・サービス)
トークン名称Ethereum Name Service
仮想通貨シンボルENS
最大発行枚数100,000,000ENS
2022年10月時点の単価約2,260円
Ethereum Name Service公式サイトhttps://ens.domains/ja/
ENSを購入できる主な取引所Gate.ioBINANCE

仮想通貨ENSとは、Ethereum Name Service(イーサリアム・ネーム・サービス)のガバナンストークンのことです。

Ethereum Name Serviceはイーサリアムアドレスやコントラクトアドレスを、任意の文字列に設定可能なサービスを提供しており、これを利用することで自分のイーサリアムアドレス等を「●●.eth」という風にわかりやすい文字列に置き換えできます。

この置き換えできるドメインは、NFT技術を活用しており、Ethereum Name Serviceは運営をDAO(自律分散型組織)にするために「●●.eth」の所有者へガバナンストークンの仮想通貨ENSを配布しています。

筆者も仮想通貨ENSのエアドロップ受け取りました

筆者も仮想通貨ENSのエアドロップ受け取りました

2021年11月9日、筆者も仮想通貨ENSのエアドロップを受け取りました。

これは本当にたまたまなんですが、Ethereum Name Service(イーサリアム・ネーム・サービス)に2021年の10月に、試しに登録したばかりだったんです。

その矢先にエアドロップのニュースがあり、「どうせエアドロップと言っても雀の涙程度かな?」と思っていたら…

貰った仮想通貨ENSは54.812、2021年11月の相場だと日本円で約336,000円もありました!ちょっとびっくりでした。

今後もエアドロップは期待できそうなので、もし興味ある人はお早めにいかが?

Ethereum Name Service(イーサリアム・ネーム・サービス)を解説

Ethereum Name Service(イーサリアム・ネーム・サービス)を解説

インターネットの中にはIPアドレスと呼ばれる、ネットワーク上の住所を示す数字の羅列が存在します。

ただ、この数字の羅列は「191.1.2.3」のように非常に覚えにくいというか、使いにくいものです。

それをDNS(Domain Name System=ドメイン・ネーム・システム)というシステムでIPアドレスの数字の羅列を「●●●.net」のような認識できる文字をIPアドレスと紐づけし、わかりやすくしました。

そのDNSをブロックチェーン上でも提供したのがEthereum Name Service(イーサリアム・ネーム・サービス)で、ENSとも省略されます。

ENSは、人間の使用する名前をコンピュータの識別子に変換することを目的につくられました。コンピュータにとって意味のある識別子とは、たとえば暗号通貨のアドレスや IP アドレスのように、自動的に生成された数字と文字からなる長い羅列です。

このようなアドレスはソフトウェアには適していますが人間には不向きです。ところが我々の使う言語で書いてしまうと、今度は人間にとってはいいのですが、コンピュータが識別できなくなってしまいます。

ENSはこのギャップを埋め、人間は人間の読める名前、コンピュータはコンピュータが生成した識別子を使用することを可能にします。
ENSはEthereumブロックチェーン上のスマートコントラクトです。プログラミングやコーディングの知識がない普通の人でも、ENS上のデータを操作することができます。

ENSは一般的なネーミングシステムで、名前を付けてあらゆる情報を保存することができます。主な用途は、暗号通貨のウォレットに名前を付けることです。

例えば、友人が私にDogecoinを送りたい場合、私のDogecoinアドレスを教えなくても、私のENSの名前さえあればそこに送ることができます。これはBitcoinやその他の暗号通貨のウォレットにも適用できます。

友人がBitcoinとDogecoinという2種類のコインを送りたい場合でも、友人に両方のコインのアドレスを教える必要がありません。どちらも私のENSの名前あてに送ればいいのです。

ENSが互換性のあるウォレットに統合されている限り、例えば「brantly.xyz」などのように私の名前を入力して送ってもらえば、どんなコインでも受け取ることができます。名前の後ろにつくの文字(サフィックス)は例えば「.xyz」「.kred」「.luxe」「.club」「.art」などです。

BTCBOX ブラントリー・ミレガン氏インタビューより引用

Ethereum Name Service(イーサリアム・ネーム・サービス)自体は2017年から存在する

Ethereum Name Service(イーサリアム・ネーム・サービス)はブロックチェーンのイーサリアムを基盤に、2017年5月より開始されていました。

このEthereum Name Serviceを利用することで、複雑だった仮想通貨のアドレスを非常にわかりやすい文字列に変換できます。

例えばイーサリアム(ETH)のアドレスだと「0xb7eF223344L7Ed7a03」のような英数字の並びで構成されています。これをEthereum Name Serviceを利用することで「●●.eth」という風にわかりやすいアドレスへと変換できます。

また、Ethereum Name Serviceでは「●●.xyz」等、DNSと同じドメイン名を使えるため、とてもわかりやすいのです。

Ethereum Name Service(ENS)を利用する金額

Ethereum Name Serviceの利用方法は別記事で解説するので割愛します。

ここでは参考までに、Ethereum Name Serviceを利用する金額を明記しますね。

  • 5文字以上のアドレス 例)jinan.eth…年間5ドル(ETHで支払い)
  • 4文字のアドレス 例)jina.eth…年間160ドル(ETHで支払い)
  • 3文字のアドレス 例)jin.eth…年間640ドル(ETHで支払い)

短い文字ほど利用料金が高くなります。この値段にプラスでイーサリアムのガス代も必要となるので注意してください。

これもう見た?イーサリアムのガス代とは?計算方法から節約方法までわかりやすく解説!

わかりやすいアドレスを利用するメリット

わかりやすいアドレスを利用するメリット

仮想通貨のアドレスがわかりやすくなった時、どんなメリットがあるのでしょうか。

それはズバリ「仮想通貨を利用するハードルを大きく下げて、仮想通貨の送金に関するリスクを軽減できる」ことです。

例えばイーサリアム(ETH)を利用する場合、多くの人はMetaMask(メタマスク)を通じて送金等を行います。その時、数十桁の英語と数字の組み合わせを1文字も間違えることなく、正確に指定して送金するアドレスへ仮想通貨を送金します。

この時、1文字でも間違えると送金した仮想通貨は消失し、二度とユーザーの元へは戻ってこなくなります。

そのため、万全を期して絶対に手入力はせず、コピペでアドレスを入力するのですが、実際にコピペされたアドレスが間違っていないか等の確認は目視で行う必要があります。不規則な英数字の羅列を目視で確認しても、間違っているかどうかなんて、なかなかわからないですよね。

じなんぼー
じなんぼー

実際に海外の大手メディアは「送金アドレスの入力ミスで、年間1万ETH以上が失われている可能性が高い」というニュース記事を発表したよね

ブロックチェーンは「一度承認された取引はほぼ変更不可能である」というメリットが、この時ばかりはデメリットになってしまうのです。

こうした仮想通貨やブロックチェーンが持つ特徴やリスクに対して、Ethereum Name Serviceを利用すれば、「送金アドレスの間違い」というリスクを大きく下げることができます。具体的には、アドレス名をウォレットで入力すると、そのアドレスに紐づけされたアドレスが表示されます。

Ethereum Name Serviceはイーサリアムのブロックチェーン上で作動しているのでEthereum Name Serviceと呼ばれますが、ビットコイン(BTC)などのその他の仮想通貨アドレスも変換可能です。

今後は、Ethereum Name Serviceが一般的に普及するに従い、仮想通貨を用いたサービスの使い勝手も向上していくと確信しています。

これもう見た?MetaMask(メタマスク)の使い方|登録方法から入金、送金方法まで解説

これもう見た?ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の違いは?初心者にわかりやすく解説!

NFTアーティスト達も愛用するEthereum Name Service(イーサリアム・ネーム・サービス)

NFTアーティスト達も愛用するEthereum Name Service(イーサリアム・ネーム・サービス)

最近ではNFTアーティスト達もEthereum Name Service(イーサリアム・ネーム・サービス)を愛用しています。アドレスを自分の名前と同じ物にしたりして、「アーティスト名=アドレス」で、あまり仮想通貨に慣れていない購入者でもわかりやすいというメリットが生じます。

イーサリアムの創設者でもあるVitalik(ヴィタリック)氏は、ツイッターアカウントで名前の後に「.eth」を付けて「Vitalik.eth」にしています。「名前=アドレス」というわかりやすい例ですね。

この他にもEthereum Name Serviceで置き換えたアドレスをツイッターのアカウント名にするユーザーも増えてきています。

OpenSeaでEthereum Name Serviceを使ったアドレスのオークションが開催

OpenSeaでEthereum Name Serviceを使ったアドレスのオークションが開催

2019年9月、NFTの大手マーケットプレイスOpenSea(オープンシー)で、Ethereum Name Serviceを利用したショートアドレスのネームオークションが開催されました。

この回では、「enjois.eth」などの短い英語名のショートアドレスが対象となりました。

Ethereum Name Serviceのネームオークションといっても仕組みは普通のオークションと変わりません。入札者同士が高値の入札を行い、最終的に最高額を入札した人が落札者となり、イーサリアムネームと呼ばれるEthereum Name Serviceを使ったアドレスを入手できます。

じなんぼー
じなんぼー

ネームオークションでの過去最高額は、2017年に落札された「darkmarket.eth」で、当時のレートで約7億円近い金額だったよ

これもう見た?OpenSea(オープンシー)の使い方ガイド|出品方法や購入方法、手数料まで徹底解説

仮想通貨ENSチャート

仮想通貨ENSのメリット

仮想通貨ENSのメリット

ここまでEthereum Name Service(イーサリアム・ネーム・サービス)、ENSについての特徴やメリットなどを述べました。

ENSのオペレーションディレクターであるブラントリー・ミレガン氏は、Ethereum Name ServiceをDAO(自律分散型組織)化しようとしており、その際に「●●.eth」のアドレスをもつユーザーに仮想通貨ENSを配布(エアドロップ)しました。

この仮想通貨ENSはガバナンストークンとして、今後のEthereum Name Serviceの運営に関する投票などを行う際に活用されます。

Ethereum Name Service自体が近い将来、仮想通貨ユーザーにとって当たり前のシステムとして普及し、仮想通貨アドレスのやりとりが一切無くなる日が来るかもしれません。

そうなった時、Ethereum Name Serviceのガバナンストークンである、仮想通貨ENSは非常に重要な価値を持ち、また市場で取引される単価も保有者にとって素晴らしいものになるに違いありません。

みんなが使っているEthereum Name Serviceの運営に参加できる、これこそが仮想通貨ENSの最大のメリットだと思います。

仮想通貨ENSの懸念材料

仮想通貨ENSの懸念材料

仮想通貨ENSの懸念材料を知ると同時に、Ethereum Name Service(イーサリアム・ネーム・サービス)のデメリットを知る必要があります。以下で解説します。

デメリット
  • 2019年からEthereum Name Serviceは毎年利用料金がかかるようになった
  • Ethereum Name Serviceにとって代わるシステムが出てきた場合、仮想通貨ENSの価値が急落する可能性がある
  • サイバースクワッティング(ドメイン名居座り)によりEthereum Name Serviceが普及しない可能性もある

2019年からEthereum Name Serviceは毎年利用料金がかかるようになった

2019年からEthereum Name Serviceは毎年利用料金がかかるようになった

2017年にEthereum Name Serviceがサービスを開始した時は、ENS名を仮想通貨のイーサリアムをロックアップして保有するというシステムでした。

そして2019年のアップデートで、毎年利用料金がかかるようになりました。

利用料金は前述している通り、一般的には年間5ドルと軽微なものですが、これが4文字や3文字の短いENS名だとそうはいきません。特に3文字のENS名だと年間約7万円もの利用料金がかかります。更に登録時にはガス代もかかってきます。

元々ENSはイーサリアムのインフラを使用しているため、それに対するコストはかかっていません。

毎年料金がかかるようになった最大の理由

ではなぜ毎年利用料金がかかるようになったのか、それは経済的な理由ではなく、後述するサイバースクワッティング対策なのです。

サイバースクワッティング対策としての利用料金を取ることで、実際にたくさんの人々に名前を登録してもらい、使用してもらいたいと考えるEthereum Name Serviceの意図が垣間見えます。

こうして見るとメリットのように見えますが、実際に利用料金を取ることでEthereum Name Serviceを利用しないユーザーが出てくることも考え、懸念材料として書きました。

Ethereum Name Serviceにとって代わるシステムが出てきた場合、仮想通貨ENSの価値が急落する可能性がある

Ethereum Name Serviceにとって代わるシステムが出てきた場合、仮想通貨ENSの価値が急落する可能性がある

これはEthereum Name Serviceに限った話ではありませんが、仮想通貨業界、ブロックチェーン技術はまだまだ歴史が浅く、日進月歩で進化しています。ブロックチェーン上で作動するスマートコントラクトも同じく日々新しいものが生み出されています。

現実世界でも同じことが起きています。記憶に新しいのはVHSのビデオからDVD、ブルーレイへの互換、レコードやカセットテープからCDへの互換…等々。

Ethereum Name Serviceも同じく、今後画期的なサービスが出てきた場合、それに取って代わられるリスクはあります。そうなった場合に、Ethereum Name Serviceのガバナンストークンである仮想通貨ENSは、高い価値を維持できなくなる可能性が高いのです。

これもう見た?スマートコントラクトとは?初心者でもわかりやすく解説

サイバースクワッティング(ドメイン名居座り)によりEthereum Name Serviceが普及しない可能性もある

サイバースクワッティング(ドメイン名居座り)によりEthereum Name Serviceが普及しない可能性もある

サイバースクワッティング(ドメイン名居座り)とは、希少価値のあるドメイン名を、使用する意図が無いのに投資目的で保有することを指します。将来的に人気が出るであろうENS名を、値上がりのためだけに先に保有してしまう人のことです。

もちろんサイバースクワッティング自体は違法行為ではありませんが、Ethereum Name Service陣営は良しとしません。

Ethereum Name Service自体が成功するためには、まず多くの人々に利用してもらう必要があるからです。

使えそうなENS名を先にたくさん保有して居座り続けると、使いたいENS名が高額になり、結果的に人々が離れ、システム全体の首を絞めることとなりかねません。

それを防ぐための毎年の利用料金徴収ですが、これでも100%サイバースクワッティングを防げるわけではありません。

毎年の利用料金が5ドル、仮に1万個のENS名を保有すれば5万ドルものお金が毎年必要になります。それでも利益が出ると考えたら実行する人がいるかもしれません。

今後Ethereum Name Serviceがどういった対策を見せてくれるのか、注視しておく必要がありますね。

仮想通貨ENSの将来性は?仮想通貨歴6年の筆者が独断と偏見で言い切ります

仮想通貨ENSの将来性は?

仮想通貨ENSは上場当初、日本円で約2,000円程度でしたが、2021年11月9日に最高値である約9,665円をつけ、現在は6,000円後半から7,000円前後で推移しています。

この最高値をつけた時、仮想通貨ENSは海外大手仮想通貨取引所であるBINANCEに上場された時でした。(2021年11月10日)

まだ仮想通貨ENSが購入できる取引所は少なく、今後上場される取引所が増える度に価格の高騰が望めます。

バックボーンであるEthereum Name Serviceも普及の兆しが見え、今後仮想通貨ユーザーには必須のサービスとなる可能性を秘めています。そうなった時には新しく取引所に上場した時以上に仮想通貨ENSの価値が向上することでしょう。

信頼性はもちろん、流動性や今後の期待感を含めて、仮想通貨ENSはズバリ買いです。更なるエアドロップの期待も含め、長期的にトレードを考えてみてはいかがでしょうか。Ethereum Name Serviceの今後の動向に着目し、来るべきその時に備えようではありませんか。

仮想通貨ENSが購入できる取引所

仮想通貨ENSが購入できる取引所

仮想通貨ENSは一部の海外仮想通貨取引所で購入できます。しかし、国内仮想通貨取引所では購入できないのでご注意ください。

ENSが購入できる海外仮想通貨取引所

  • Binance(バイナンス)・・・【当サイト限定】左記リンクより登録すると取引手数料10%OFF
  • Bybit(バイビット)・・・【期間限定】最大3,100ドルもらえるキャンペーン開催中
  • Gate.io(ゲート)・・・【当サイト限定】左記リンクより登録すると取引手数料20%OFF
  • MEXC(MXC)・・・【当サイト限定】左記リンクより登録すると取引手数料10%OFF
  • Kucoin(クーコイン)・・・【当サイト限定】左記リンクより登録すると取引手数料20%OFF
  • Bitget(ビットゲット)・・・【当サイト限定】左記リンクより登録すると取引手数料10%OFF

中でもGate.io(ゲート)はなんといっても取扱銘柄数が2021年12月現在で900を越え、今まさにこの瞬間にも新しい仮想通貨が続々と上場しています。中にはBINANCEに上場が予定されている銘柄もあり、そういった銘柄は価格の急騰が期待できます。

Binance(バイナンス)

BINANCE
会社名Binance Holdings Ltd.
設立2017年
独自トークンBNB
取引方法現物、デリバティブ、レバレッジトークン、オプション
最大レバレッジ25倍
スマホアプリあり
日本語対応あり
取り扱いコイン数300種類以上

Binance(バイナンス)は、ユーザー数、シェア、取引量ともに世界No1の仮想通貨取引所です。日本語にも対応していて、操作も問題なく行えます。

また、取扱銘柄数は300種類以上と、日本の取引所と比較すると比べ物にならない数です。また、現物取引やレバレッジ取引はもちろん、バイナンス独自のレバレッジトークンやオプション取引も行えます。

さらに、ステーキングセービング流動性スワップローンチプールといった資産運用サービスを行っており、バイナンスだけで仮想通貨の取引の全てが行えると言っても過言ではありません。

【当サイト限定】上記リンクから登録すると取引手数料永久10%OFF

これもう見た?バイナンスの口座開設から本人確認、2段階認証まで図解で解説

これもう見た?バイナンスのスマホアプリの使い方を徹底解説

Bybit(バイビット)

Bybit
会社名Bybit Fintech Limited
設立2018年
独自トークンなし ※BITをBybitが主体となり資金調達を行なった
取引方法現物、レバレッジ
最大レバレッジ100倍
スマホアプリあり
日本語対応あり
取り扱いコイン数50種類以上

Bybitは2018年に設立された仮想通貨取引所で、2020年より現物取引が行えるようになり、今最も勢いのある仮想通貨取引所です。

Bybitの魅力は、最大レバレッジ100倍でダイナミックにレバレッジ取引でき、さらに追証なしという点です。また、最近はすごい勢いで現物取引の銘柄を増やしており、Bybitの経営陣は仮想通貨取引所最大手のBinance(バイナンス)を超えると言っています。

また、ローンチパッドも積極的に開催していて、上場前の仮想通貨を安く購入することができます。

【期間限定】最大3,100ドルもらえるキャンペーン開催中

これもう見た?Bybit(バイビット)とは?特徴と登録方法、使い方を解説!

これもう見た?Bybit(バイビット)のボーナスキャンペーン情報総まとめ!

Gate.io(ゲート)

Gate
会社名Gate Technology.inc
設立2013年
独自トークンGT
取引方法現物
最大レバレッジなし
スマホアプリあり
日本語対応あり ※問い合わせは英語のみ
取り扱いコイン数900種類以上

 Gate.ioは2013年に設立された仮想通貨取引所です。最大の特徴はなんと言っても取扱仮想通貨種類の多さです。2022年10月現在では、900種類以上の仮想通貨を購入、売却することができます。

またGate.ioに上場したあとに、大手取引所のバイナンスに上場するといった仮想通貨も多くあり、バイナンスに上場された仮想通貨は価格が急騰していることが多いです。

なのでGate.ioでまだ知名度の低い仮想通貨を購入し、値上がりを待つのも一つの投資手法だと考えます。

【当サイト限定】上記リンクから登録すると取引手数料永久20%OFF

これもう見た?Gate.ioの登録方法・2段階認証・本人確認まで図解で解説

これもう見た?Gate.ioの入金方法と出金方法を図解で解説

これもう見た?Gate.ioの使い方・取引方法完全ガイド

MEXC(MXC)

MEXC
会社名MEXC Global
設立2018年
独自トークンMX
取引方法現物、デリバティブ、レバレッジ
最大レバレッジ125倍
スマホアプリあり
日本語対応あり
取り扱いコイン数700種類以上

MEXC(MXC)は、2018年にシンガポールに設立された海外仮想通貨取引所です。MEXCもGate.ioと同様に取扱銘柄が多く700種類以上。また、上場するタイミングもGate.ioのように早く、今後の値上がりを期待して上場直後に仮想通貨を購入する方も多いのが特徴です。

また、ローンチプールやステーキングなど現物取引やレバレッジ取引以外にも、資産を増やすことのできるサービスが充実しています。

さらに海外仮想通貨取引所の中で、最近最も勢いのあるBybitと提携しており、BybitとMEXCで同時にローンチパッドを開催したりしています。今後益々このようなコラボが開催されると思うので、まだMEXCに登録していない方は、早めに登録しておくことをおすすめします。

【当サイト限定】上記リンクから登録すると取引手数料永久20%OFF

これもう見た?MEXC(MXC)の安全性と評判は?4つの長所と2つの短所を解説

これもう見た?MEXC(MXC)の口座開設から本人確認、2段階認証まで図解で徹底解説!

まとめ

この記事では、Ethereum Name Service(イーサリアム・ネーム・サービス)の特徴や将来性、そのガバナンストークンである仮想通貨ENSについて解説しました。

Ethereum Name Serviceは今後、仮想通貨ユーザーにとって必須になるかもしれないサービスとして近年特に注目を浴びています。

仮想通貨の長くてわかりにくいアドレスを、わかりやすい「●●.eth」に変えることで、今まで世界中で「アドレスを間違えて仮想通貨を永久に消失してしまった」ということが減り、これにより新規仮想通貨ユーザーも増えることが期待されています。

Ethereum Name Serviceに限らず新しいサービスや革新的な技術は今も世界のどこかで生み出され続けています。

この時流に乗り遅れることなく、大きな利益を目指しませんか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次