ビットコイン現物ETF、現在1,745億円の資金純流入=BitMEX

目次

グレースケールのみ4,156億円の資金流出で、ダントツのワースト1位

BitMEXリサーチのデータによると、ビットコイン現物ETFの上場から昨日までの7日間で合計11.78億米ドル(約1745億円)の資金流入があったことがわかった。グレースケール社のETFのみ流出でその額は合計28億米ドル(約4156億円)にのぼる。

関連:仮想通貨市場、史上2番目の資金流入を記録|先週の機関投資家の動き

上場~19日までの資金フロー
出典:BitMEX Research
上場~19日までの資金フロー(詳細版)
出典:BitMEX Research

BitMEXリサーチのデータによると、ビットコイン現物ETFの一斉上場から7日間の純流入総額は11.78億米ドル(約1745億円)に達し、ブラックロックとフィデリティははそれぞれ14.28億米ドル(約2115億円)、12.82億米ドル(約1899億円)と10億ドルを超える純流入となった。

これらに次いでビットワイズは4.5億米ドル(約666億円)で現在3位をつけており、アークインベストは3.8億米ドル(約562億円)、インベスコは2.5億米ドル(約370億円)の純流入となっている。

全体として、グレースケールからの資金流出が足を引っ張っている感じだ。今回上場したETFのなかで、グレースケールは唯一前身となるGBTCから転換された商品であるため、上場当日時点で240億米ドル(約3.5兆円)の運用資産総額(AuM)があるが、上場以来7日間全てで資金流出となっており、現在までに28億米ドル(約4147億円)が流出している。

プロダクト別の資金フロー
出典:BitMEX Research

グレースケールからの資金流出は予想されていた。従来投資家がGBTCを売却するためには市場で売却する必要があったが、1月10日に米国証券取引委員会(SEC)が同社のビットコイン現物ETFを承認したことで、GBTCはビットコインへの償還が可能となった。

また、グレースケールのビットコイン現物ETFの手数料の高さも原因だ。グレースケールのビットコイン現物ETFの手数料は、他のETFは0.12%であったり、6か月無料の特典が付いてくるなか、1.5%と強気の設定となっている。

流動性プロバイダー「CoinRoutes」のCEO デイブ・ワイズバーガー氏は、Xで次のように指摘した。

・・・(略)・・・
あなたの質問に対する答えは、GBTC 保有者の構成に基づいています。
・裁定取引のために保有していたヘッジプレイヤーには実質的な効果はなく、割引が十分に小さい場合は必ず売りますが、同時にショートポジションを買い戻すことになります。これは私たちが知っている巨額の「未亡人メーカー」取引でした。
・非課税口座を手数料の低い ETF に切り替えても純効果はなく、時間の経過とともに効果が現れる
・ 課税口座の利益確定や、それを維持するためのパニック売りが問題です。これらの割合が何%なのか、あるいは保有者の平均エントリー価格はわかりません。

関連:バイナンスに「AltLayer」上場|早期貢献者にはエアドロップ

(2024年1月24日 誤字を訂正しました)

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元一般企業会社員。現在はトレーダー兼ライター。
株式やFX、仮想通貨デリバティブ、草コイン、ノード運用と色々やっています。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次