世界の仮想通貨投資商品から約740億円の資金流出

目次

グレースケールの流出が流入を超過

資産運用会社「Coinshares(コインシェアーズ)」によると、先週(22日〜28日)全世界の主要な暗号資産(仮想通貨)投資商品では、大幅な資金流出となり総額は5億米ドル(約740億円)に達した。

欧州の仮想通貨運用会社コインシェアーズの週報によると、ブラックロックやフィデリティ、グレースケール、プロシェアース、21シェアーズなどの資産運用会社の仮想通貨投資商品(ETF含む)は、先週5億米ドル(約740億円)の純流出となった。

地域別では、米国、スイス、ドイツからの資金流出が激しく、それぞれ4億米ドル(約592億円)、6,000万米ドル(約88億円)、3,200万米ドル(約47億円)の流出となった。

コインシェアーズのリサーチ部門責任者ジェームズ・バターフィルしによると、最近の価格下落はグレースケールETFからの総額50億米ドル(約7,401億円)の大幅な資金流出によるものであり、他の地域へのさらなる流出を促している可能性が高い。

また同氏は、グレースケールの先週の流出額は合計22億米ドル(約3,256億円)に達したが、1日の合計額が減少し続けたことから資金流出は落ち着き始めているとみられると述べた。

グレースケールとは対照的に、その他のETFは先週合計18億米ドルの資金流入となり、1月11日のローンチ以来59.4億米ドル(約8,793億円)の資金流入となっている。

銘柄別にみると、ビットコインは4.7億米ドル(約697億円)の資金流出となったが、ビットコインをショートする金融商品には合計1,060万米ドル(約15億円)の資金流入となった。

アルトコインも苦戦し、イーサリアムは3,900万米ドル(約57億円)、ポルカドットとチェーンリンクはそれぞれ7,000万米ドル(約103億円)と6,000万米ドル(約88億円)の資金流出となった。

ブロックチェーン株式は先週、合計1,700万米ドル(約25億円)の資金流入となった。

関連:先週の仮想通貨投資商品の出来高は1.7兆円、2023年の7倍に達す(先週のコインシェアーズのレポート)
関連:香港初、中国大手資産運用会社がビットコイン現物ETFを申請

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元一般企業会社員。現在はトレーダー兼ライター。
株式やFX、仮想通貨デリバティブ、草コイン、ノード運用と色々やっています。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次