仮想通貨金融商品に3600億円の資金流入|史上最高の1週間に

目次

仮想通貨投資商品への資金流入が史上最も資金流入の多い1週間となった

資産運用会社「Coinshares(コインシェアーズ)」によると、先週(2月12~18日)全世界の主要な暗号資産(仮想通貨)投資商品では、24.5億米ドル(約3,674億円)の資金流入を記録し、史上最も資金流入の多い1週間となった。

欧州の仮想通貨運用会社コインシェアーズの週報によると、ブラックロックやフィデリティ、グレースケール、プロシェアース、21シェアーズなどの資産運用会社の仮想通貨投資商品(ETF含む)は、先週24.5億米ドル(約3,674億円)の資金が流入し、年初来の流入額は52億米ドル(約7,798億円)となった。

最近の仮想通貨相場への追い風と相まって、運用資産総額(AUM)は2022年初頭以来の高水準となる670億米ドル(約10兆円)に達し、2021年12月以来の高水準となった。

国・地域別の資金フロー
出典:coinshares
プロバイダー別の資金フロー
出典:coinshares

地域別では、アメリカが流入額の99%にあたる24億米ドルとなった。コインシェアーズのリサーチ部門責任者ジェームズ・バターフィル氏によると、これは純流入が大幅に加速したことを示すもので、様々なプロバイダーに広く分散し、現物ベースのビットコインETFへの関心が高まっていることを示している。

巨額の流出が続いていたグレースケールのETFは激減したものの、依然として純流出となっている。

銘柄別のフロー
出典:coinshares

ビットコインは資金流入の99%を占めたが、一部の投資家がこの機会にビットコインのショートポジションを580万ドル(約8.7億円)積み増した。イーサリアムも2,100万米ドル(約31億円)の流入となった。

昨年イーサリアムを猛追していたソラナは、最近のダウンタイムの事件を受け、160万米ドル(約2.4億円)の流出となった。

関連:ソラナネットワークが原因不明の障害でダウン|一時3%以上下落

アバランチ、チェーンリンク、ポリゴンはそれぞれ100万米ドル(約1.5億円)、90万米ドル(約1.3億円)、90万米ドルの流入を記録しており、今年一貫して毎週流入している。

先週、ブロックチェーン関連株式の投資家は利益確定をし、総額1.6億米ドル(約240億円)の資金流出が発生した。

関連:米取引所「コインベース」、収益が予想外の黒字|株価は急騰

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

目次