仮想通貨投資商品から2週連続で資金流出|投資意欲が減退気味

目次

取引量も減少しており、投資家の投資意欲が減退気味

資産運用会社「Coinshares(コインシェアーズ)」によると、先週(4月15~21日)は全世界の主要な暗号資産(仮想通貨)投資商品は2.6億米ドル(約402億円)の資金流出となり、2週連続の純資金流出となった。

欧州の仮想通貨運用会社コインシェアーズの週報によると、ブラックロックやフィデリティ、グレースケール、プロシェアース、21シェアーズなどの資産運用会社の仮想通貨投資商品(ETF含む)は、2.6億米ドル(約402億円)の純資金流出となった。

取引高は180億米ドル(約2.7兆円)と僅かに減少した。ビットコイン市場全体の取引高が増加している中、ビットコインETF・ETPの取引高はそのうち約28%と、1ヶ月前と比べて減少している。

国・地域別の資金フロー
出典:coinshares
プロバイダー別の資金フロー
出典:coinshares

地域別では、ネガティブなセンチメントはほぼ米国のみで2.4億米ドル(約371億円)の純流出であった。純流出の大半はグレースケールによるものであったが、それ以外のETFへの流入額は先々週と比べて著しく減少した。

カナダとスイスではそれぞれ3,000万米ドル(約46億円)と800万米ドル(約12億円)が流入したが、ドイツでは800万米ドル(約12億円)の流出があった。

銘柄別のフロー
出典:coinshares

銘柄別では、ビットコインは1.9億米ドル(約290億円)の流出を記録したが、これを空売りの機会と見る投資家はほとんどおらず、ビットコインをショートする金融商品は30万米ドル(約4,600万円)の流出が見られた。イーサリアムからは3,400万米ドル(約52億円)の流出があり、6週連続の純資金流出となった。

またブロックチェーン関連株においては、投資家はマイニング企業に与える影響を懸念し続けているようで、11週連続で総額900万米ドル(約12億円)の純資金流出となった。

関連:Puffer Finance、大手資産運用会社などから27億円の資金調達
関連:TON、USDT取扱開始を受け110億円規模のインセンティブ配布

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元一般企業会社員。現在はトレーダー兼ライター。
株式やFX、仮想通貨デリバティブ、草コイン、ノード運用と色々やっています。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次