EthenaのENAトークンがエアドロップ後暴騰|一時価格は2倍に

目次

エアドロップ民は全員ホクホク

合成ドル・ステーブルコイン「USDe」を発行するプロジェクト「Ethena(エテナ)」のガバナンス・トークン「ENA」は、2日のエアドロップ以降価格が暴騰し、一時価格は始値の2倍をつけた。

EthenaのENAトークンは一時価格は2倍に
出典:coinmarketcap

エテナは合成ドル「USDe」を開発するプロジェクトで、ENAはそのガバナンス・トークンだ。

USDeはユーザーからの担保を使い、パーペチュアル契約を使ってイーサリアムをショートし、デルタニュートラルなポジションを作ることで、米ドルとのペッグを維持する。やっていることは下記記事と変わりないので、読んでみてほしい。

関連:Bybitのファンディングレート(資金調達率)で月利10.5%稼ぐ手法

エテナでは2月19日~4月1日にかけてエコシステムへの貢献度を示す「シャード・キャンペーン」が行われ、4月2日にこのポイントに比例してエアドロップ、およびBinance(バイナンス)やBybit(バイビット)などの暗号資産(仮想通貨)取引所への上場が行われた。

ENAは現在約0.95ドルで取引されており、過去24時間で25%以上、上場以来200%以上上昇しており、エアドロップ民は全員ホクホクの結果となっている。

エテナは「シャード・キャンペーン第2弾」としてビットコイン裏付けとした合成ドルの発行も計画しており、これにもエアドロップが予定されている。エアドロップを狙う人は公式サイトやX(旧Twitter)を見てみてほしい。

エテナは昨年7月、シードラウンドで650万ドル(約1億円)の資金調達に成功しており、参加者には大手ベンチャーキャピタル「Dragonfly」をはじめ、BitMEXの創設者であるアーサー・ヘイズ氏と彼のファミリーオフィスであるMaelstrom、そしてDeribit、Bybit、OKX、Gemini、Huobiなど著名な人・企業がずらりと並ぶ。

関連:Ethena、著名VCやアーサーヘイズ氏から650万ドルを調達

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

目次