Web3プラットフォーム「イスクラ」、アニモカブランズから資金調達

目次

Web3ゲームプラットフォーム「イスクラ」、アニモカブランズから戦略的投資を獲得し、世界的な事業展開を継続

Web3ゲームプラットフォーム「iskla(イスクラ)」は23日、暗号資産(仮想通貨)に特化したベンチャーキャピタル「Animoca Brands(アニモカブランズ)」から戦略的投資を獲得したと発表した。投資額は非公開。

素晴らしいニュースです、探検家たち– Iskra は@animocabrandsから戦略的投資を獲得しました! 🎉🤝🏻
これにより、 #Iskraは、Animoca の多様なグローバル ポートフォリオの助けを借りて、さらなるグローバルな機会と可視性を追求できるようになります。 💯🥳
・・・

調達した資金は、世界的な事業拡大を継続するために使用するという。

イスクラは、イーサリアムのレイヤー2「Base(ベース)」上に構築されたコミュニティシステムを通じて貢献と参加に報酬を与える、開発者とプレイヤーのためのWeb3ゲームプラットフォームだ。

現在提供しているサービスには、ウォレット、分散型取引所(DEX)、マーケットプレイス、NFTミッションカード、ガバナンスのステーキングと投票などをはじめ、カジュアルTPS「ジューシー・アドベンチャー」、コレクションバトルRPG「クラッシュモン」などのWebゲームも展開している。

「ジューシー・アドベンチャー」の紹介動画
「クラッシュモン」の紹介動画

2022年には韓国の大手ハイテク企業「Kakao」のベンチャー部門「Krust Universe」やWeMade、NHN Bigfootなどから総額4,000万米ドル(約62億円)の資金調達に成功している。

イスクラの創設者兼CEOホンギュ・リー氏は、「我々は、Web3コンテンツ提供を新たな市場に拡大し続けるために、戦略的投資とアニモカ・ブランズとのより深い協力関係を楽しみにしています」とプレスリリースで述べた。

関連:アニモカブランズ、スクウェア・エニックスの提携|世界展開を支援
関連:アニモカブランズ、海外発プロジェクトの日本展開を支援へ
関連:KDDI、アニモカブランズと連携|Web3事業を強化へ

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元一般企業会社員。現在はトレーダー兼ライター。
株式やFX、仮想通貨デリバティブ、草コイン、ノード運用と色々やっています。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次