大手暗号資産取引所「クラーケン」、独自のウォレットアプリを発表

目次

「セキュリティ」に重点を置いたセルフカストディ型ウォレット

暗号資産(仮想通貨)取引所「Kraken(クラーケン)」は18日、iOSとAndroidの両方で使えるセルフカストディ型ウォレットアプリ「Kraken Wallet(クラーケン・ウォレット)」を発表した。

クラーケン・ウォレットが稼動!スクロールをやめてダウンロードを開始

クラーケン・ウォレットは、仮想通貨、NFT、DeFiのポジションを1つのアプリで追跡できる。現時点ではBitcoin(ビットコイン)、Ethereum(イーサリアム)、Solana(ソラナ)、Optimism(オプティミズム)、Base(ベース)、Arbitrum(アービトラム)、Polygon(ポリゴン)、Dogecoin(ドージコイン)の8つのブロックチェーンに対応している。

「Wallet Connect(ウォレット・コネクト)」に対応し、多種多様な分散型金融(DeFi)のDAppsに簡単に接続できる。

クラーケン・ウォレットの一番の特徴は「セキュリティ」だ。ウォレットとして機能するために必要な絶対最小限のデータのみを収集し、内部アプリのパフォーマンス分析さえも収集しない。またユーザーのサインイン情報、Eメールアドレス、KYC情報も保持しない。

ユーザーのアクティビティは、クラーケン独自のインフラを通じてプロキシされ、IPアドレスを保護し、ユーザーの身元と位置情報が外部に漏れるのを防ぐよう設計されている。

また、主要な仮想通貨取引所が提供しているウォレット・アプリとしては初めてオープンソース化されている。これにより第三者がコードを監査できるようになっており、セキュリティが強化されるとプレスリリースでは述べられている。

関連:米取引所「クラーケン」、機関投資家向けカストディサービスを開始
関連:TikTokを所有するByteDance、レイヤー1「Sui」と提携

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元一般企業会社員。現在はトレーダー兼ライター。
株式やFX、仮想通貨デリバティブ、草コイン、ノード運用と色々やっています。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次