Mavia、エアドロップ『Pioneerプログラム』(Season 1)を発表

目次

Heroes of Mavia、エアドロップ Season 1 を発表

NFTゲーム『Heroes of Mavia』(以下、Mavia)は5日、エアドロップSeason 1となる『Pioneerプログラム』の詳細を発表した。

Season 1では、同ゲームのガバナンストークンであるMAVIAが、発行上限の3%下記の内訳で配布される。

  1. 土地NFT所有者向け:2%
  2. CEX経由のプロモーション用:1%

CEX=Centralized Exchange:中央集権型取引所

Maviaとは?

Maviaは、Skrice Studios社開発・運営の壮大な資源争奪戦をテーマとした戦略型NFTゲーム。バイナンス投資部門のBinanceLabsを筆頭にWeb3系大手VCが多数参加しているため、知名度は高い。

関連Heroes of Maviaとは?特徴や遊び方、稼ぎ方を解説

デュアルトークン制を採用

Maviaでは、最近主流となりつつあるデュアルトークン制が採用され、下記の2種類が存在する。

MAVIA:ガバナンストークン
RUBY:インセンティブトークン

MAVIAはステーキングにより獲得することができ、RUBYはゲームプレイにより獲得することができる。Season 1でエアドロップされるのは、前者のMAVIAだ。

関連:デュアルトークン制(キャプテン翼 -RIVALS-)

トリプルNFT制を採用

トークンはデュアルだが、NFTはトリプル制が採用されている。

① Land:土地
② Heroes:キャラクター
③ Statue:能率アップの彫像

MaviaにはP2E(Play to Earn)の要素が盛り込まれており、ゲーム内で稼ぐためには「Land」のNFTが必要だ。

戦いはまだ始まったばかり

MAVIAのエアドロップは、

Season 1
Season 2
Season 3
Season 4

までが予定され、TGE(Token Generating Event:監査付きICO)のロードマップに従って実施される。

Season 4までの初期流通量は発行上限の10%で、エアドロップの一部はプロモーション用として「NFT非保有者」にも配布される。具体的なロードマップは近日中にDiscordコミュニティで発表される予定なので、お見逃しなく。戦い(エアドロ)は始まったばかりだ!

公式サイト

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

JinaCoinのニュース担当記者。仮想通貨歴は8年。Liskで大損、BTCで爆益。タイの古都スコータイで、海外進出のための市場調査・戦略立案・翻訳の会社を経営。1973年生。東海中高、慶大商卒、NUCB-MBA修了。主著『マウンティングの経済学』(https://amzn.to/49zjrXG)。来タイ12年。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次