大手マイニング企業「RIOT」、Q2の収益は約11億円

目次

ビットコイン価格の下落が影響

上場最大手ビットコインマイニング企業「RIOT Platforms」は9日、2023年第2四半期(Q2)の決算を発表し、総収益が7,670万ドル(約11億円)になったと発表した。

Q2の収益は、ビットコインマイニングによる4,970万ドル、データセンターホスティングによる770万ドル、エンジニアリングによる1,930万ドルで構成されている。前年同期の7,290万ドルと比較すると、わずかな成長にみられるが、これはビットコイン価格の下落によるもので、ビットコインのマイニング量は27%増加している。

Q2のビットコイン平均価格は28,024ドルで、前年同期のビットコイン平均価格33,083ドルと比較して15%減少している。

Q2のビットコイン産出量は1,775 BTCだった。前年同期は1,395 BTCで、この生産量の増加はマイニングマシンの大幅な増加によってもたらされた。

また、Q2のビットコインのマイニングにかかる平均コストは8,389ドルだったが、前年同期は11,316ドルで、コスト改善も進んでいる。

RIOT CEOのジェイソン・レス氏は、プレスリリースで次のように述べた。

「成長の次の段階の一環として、Riot は MicroBT と長期購入契約を締結し、33,280 台の次世代マイナーを獲得し、同じ価格と条件でさらに 66,560 台のマイナーを購入するオプションも付いています。これらのマイナーは浸漬冷却用にゼロから設計されており、米国で製造され、2024 年半ばまでに Riot 向けにさらに 7.6 EH/s の容量が追加される予定です。また、200 メガワットの液浸冷却システムを購入する Midas Immersion との契約と、追加で 400 メガワットを購入するオプション付きの契約も発表しました。Midas Immersion は業界をリードする液浸冷却システムの設計および製造会社であり、今回の発注により、当社の Corsicana 施設は世界最大かつ最先端のビットコイン マイニング用液浸冷却システムの展開となることが保証されます。」

関連:テザー社、ウルグアイでマイニング事業を開始

関連:マイニングプールが新しいマネーロンダリング手法に

参考

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元一般企業会社員。現在はトレーダー兼ライター。
株式やFX、仮想通貨デリバティブ、草コイン、ノード運用と色々やっています。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次