サッカーGameFi「FootballUniverse」、Zaif INOで詳細発表

FootballUniverse
目次

サッカーGameFi「FootballUniverse」、Zaif INOにてNFTの先行販売詳細発表

国内ゲーム開発会社の株式会社ゲイドは8日 、ブロックチェーンゲーム「FootballUniverse(フットボールユニバース)」のNFTを国内仮想通貨取引所「Zaif INO」にて販売する内容について詳細を発表した。

「FootballUniverse 」NFTの販売はINOプラットフォーム「Zaif INO」にて実施される。販売方式はパブリックセールのみ、販売時期:2023年8月15日(火)12:00〜9月15日(金)12:00である。MATIC (Polygon) 決済で購入が可能だ。

「FootballUniverse(フットボールユニバース)」は、フットボール=サッカーの世界をデフォルメしたブロックチェーンゲームである。クラブオーナーになって選手と契約して強いチームを作り、また選手として成長させてより上位のクラブと契約して楽しめるゲームだ。

PRTIMES公式サイトより

Zaif INOでは、様々なWeb3企業とのコラボレーションを予定であり、NFTを出品するゲーム開発企業など、決定次第、発表していくとのことだ。

関連:ゲーム特化型ブロックチェーンOasys、国内取引所Zaifと提携
関連:Web3×ゴルフ「GOLFIN」、Zaif INOにてNFTの販売決定

クラブNFTの紹介

PRTIMES公式サイトでは、「DORTMUND」と「PARIS」の2種類のクラブNFTが紹介されていた。クラブは総数が決まっているため、他のブロックチェーンゲームの「LAND」と同じ扱いになるとのことだ。

クラブNFT「DORTMUND」は、ドイツにあるノルトライン=ヴェストファーレン州ドルトムントという都市で、香川真司が所属していたことで日本人には馴染みがある。「FootballUniverse」ではクラブNFTを所有することでクラブオーナーになることができる。

クラブNFT「PARIS」は、フランスの首都で、スターが集まっていることで有名である。クラブNFT「PARIS」は60人で共同保有できる。

関連:サッカーNFTゲーム「MetaStrikers」とは?特徴や始め方、稼ぎ方を解説
関連:【2023年最新】おすすめNFTゲームランキング39選|始め方・稼ぎ方も解説

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webライター兼仮想通貨ブロガー。JinaCoinでは主に仮想通貨やNFTゲームに関するニュース記事を執筆。
経歴は新潟県出身。一般社員であったが、インフルエンサーのイケハヤ氏のYouTubeをきっかけに仮想通貨に興味を持ち、2020年1BTC価格125万円で0.01BTCを購入し、仮想通貨投資を始める。同時期に「ゆーたかブログ」を開設、NFTや仮想通貨について発信している。オンラインサロンでSEO勉強の傍ら2022年Webライターとしても活動を始め、個人事業主として開業。FP3級保有。現在はFP2級取得を目指し勉強中。
仮想通貨投資活動:現物保有・NFT保有・DeFi運用・エアドロップ活動。好きな銘柄:ビットコイン・イーサリアム
趣味:投資・読書・バスケ

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次