世界最高額の絵画「Salvator Mundi」、NFTに変換される

サルバトール・ムンディ
目次

世界最高額絵画とされるレオナルド・ダ・ヴィンチの「Salvator Mundi(サルバトール・ムンディ)」、NFTに変換される

海外メディアの The Art Newspaper(アート・ニュースペーパー)は8日、世界で最も高価な絵画とされるレオナルド・ダ・ヴィンチの「Salvator Mundi(サルバトール・ムンディ)」がNFTに変換されると発表した。

レオナルド・ダ・ヴィンチの傑作: サルバトール・ムンディ🔮2017 年に再発見、修復され、史上最高額の 4 億 5,031 万 2,500 ドルでオークションにかけられ、これまでに販売された世界で最も高価な美術品となった📈2 つのデジタル コレクティブルが、8 月 12 日土曜日午前 9 時にhttp://ElmonX.comのみにドロップされます:

レオナルド・ダ・ヴィンチの作品とされる「サルバトール・ムンディ」は、クリスティーズ・ニューヨークで手数料込みで4億5,030万ドル(約647億円)で落札された。キリストが水晶の球体を手にしていることで物議を醸したこの絵画は、国際的な画像ライセンス会社であるブリッジマン・イメージズと共同で、デジタル資産のプラットフォームであるElmonXによってNFTに変換される。8月12日に開始される売却の条件は、今後発表される予定である。

このパートナーシップの下で制作された過去のNFTには、レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」(1503年)、ゴッホの「星降る夜」(1889年)、オーギュスト・ロダンの「考える人」(1904年)、クロード・モネの「ニンファ」(1907年)などがある。

ElmonXのウェブサイトによると、モナリザは330部150ポンド(約25000円)で販売された。先週、ElmonXのアーティスト・プルーフ版モナリザがNFTマーケットプレイスOpenSeaで3.7ETH(6,764ドル:約90万円)で転売された。

ブリッジマン・イメージズは声明の中で、「ファインアート、文化、歴史的メディアの複製ライセンスを提供する世界有数のスペシャリストとして、NFTアート制作の最前線にいる専門家であるElmonXと協力できることを嬉しく思います」と述べている。

4億5000万ドルのサルバトール・ムンディは、2017年11月にクリスティーズ・ニューヨークで、オールドマスターの絵画としては史上最高額の見積もりとなる「1億ドル超」で出品された。台湾の実業家ピエール・チェンと思われる第三者によって保証されていた。2人による入札合戦の末、サウジアラビアの新皇太子ムハンマド・ビン・サルマン(MBS)の代理人である電話入札者に4億ドル(手数料込みで4億5,030万ドル)で落札された。絵画の所在は不明のままだ。

関連:スペイン国立美術館「ティッセン」、ゴッホのNFTコレクションを発表
関連:99歳の画家「Vera Molnar」、NFTコレクションが1時間で完売

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

目次