テザー社、Q2純利益は約1200億円|総資産は12兆円越え

目次

堅実に成長する不透明コイン

ステーブルコインUSDT(テザー)の発行元企業「Tether Holdings Limited」は31日、2023年第2四半期の連結埋蔵量報告書を公表した。第1四半期に15億ドルの純利益を計上し、前期の2倍以上の利益を得たと発表した。今回からゴールド現物、オーバーナイトレポ、社債、ビットコインの項目が追加されている。

関連テザー社、3月期の利益7億ドル|約16億ドルのUSDT超過準備金を保有

関連:テザー社、Q1純利益は約2000億円|総資産は10兆円越え

監査を行なったのは世界トップ5の独立系会計事務所である「BDO Italia」だ。BDOは、2023年6月30日の時点に限定して、Tether Holdings Limitedの連結引当金報告(CRR)について妥当性保証業務を行っており、この日時の前後または報告書に記載された日時以外における財務上、非財務上の手続きは実施しておらず、いかなる保証もしない。

報告書によると、Tether社の総資産は約864億ドル(約12兆2,736億円)で、総負債は約832億ドル(約11兆8,191億円)で、過去最高の約33億ドル(約4600億円)の超過準備金となっている。総負債のうち、約831億ドルは、発行されたデジタルトークンに関連するものだ。

テザー社の営業利益は2023年4月から2023年6月までの期間で10億ドルを超えており、これは前四半期比で30%の大幅な増加に相当する。

Tether連結総資産の内訳(筆者翻訳)
出典:BDOの報告書

総資産の内訳は、米国債、オーバーナイトリバースレポ契約、マネーマーケットファンドの順に多く、それぞれ約550億ドル、約88億ドル、約81億ドルであった。現金は約9億ドルで、総資産の1%ほどしかなく、準備金の大部分を米国債に投資していることがわかる。

Tetherはまた、約34億ドル(約4,800億円)相当の貴金属(ゴールド含む)と、約16億ドル(約2,200億円)相当のビットコインを保有していることも開示した

発表に際し、テザー社のCTOであるPaolo Ardoinoは 、次のように述べている。

「透明性への揺るぎないコミットメントを再確認することができ、直近の埋蔵量証明を大変誇りに思います。」「透明性は私たちにとって単なる流行語ではありません。私たちは、オープンなコミュニケーションと強固な財務が信頼と信用を育むと信じており、これは、特に銀行と暗号業界全体で多くの失敗によって荒廃した年に、グローバル・コミュニティが値するものです。」」

「私たちの長期的な目標は、常にグローバルプレーヤーとして技術革新と想像力の限界を押し広げることです。埋蔵金認証プロセスを継続的に改善することで、業界に新たな基準を設定し、他の企業が追随するよう促すことを目指しています。私たちはこれからも、説明責任を果たし、リスク管理とセキュリティを強化し、模範となるよう努力していきます。透明性に重点を置きながら、グローバルな金融エコシステムに参加するすべての人々が、信頼と革新の上に築かれた領域を自信を持ってナビゲートできるような未来を形作ることを目指しています。今期、テザー社のUSD₮トークンの流通量が過去最高を更新したのはそのためです。」

関連USDTとは?USDC・BUSDとの違いを解説

参考

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元一般企業会社員。現在はトレーダー兼ライター。
株式やFX、仮想通貨デリバティブ、草コイン、ノード運用と色々やっています。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次