キミはハッカー精神を感じたことはあるか? Web3キラーアプリ募集

目次

WaveHack GlobalがWeb3キラーアプリ募集

Web3開発支援プログラム『WaveHack Global』(運営:㈱博報堂キースリー)は21日、その第一弾として、本年4月~8月末にかけて、30プロジェクトに総額50万ドルの開発支援金を提供することを発表した。開発支援金は、2週間ごとに進捗報告と引き換えに支払われる。応募資格は「ハッカー精神」の持ち主であること。

CZとの知恵比べ

Web3界の新事業といえば、一昨日、バイナンス元CEO、ジャオ・チャンポン(以下、CZ)が発表した『Giggle Academy』が記憶に新しい。

該当記事:バイナンスCZがフリーミアム教育事業|13歳文盲の少年少女が対象

CZはたしかにWeb3業界人だが、Giggle Academyはというと、ぜんぜんWeb3ではない。ネイティブトークン(仮想通貨)は発行されないし、分散型でもない。かろうじて学習進度をあらわすNFTバッヂが発行されるくらいのものだ。当のCZ本人も自分は「プラットフォームの磨き上げ」が仕事といっている。これはCZが、Web3の新事業開発に白旗を上げたに等しい。

Web3の新事業はそれほど難しい。実際、既存のWeb3によるニッチなマッチングアプリは数あれど、それがWeb3形式であることの必然性はほとんどない。

来たるべきWeb3キラーアプリには、Web3であることの「必然性」がきびしく求められるだろう。それはある意味、CZとの知恵比べといえる。

3つの部門

現在、WaveHack Globalの公式サイトでは、

  1. AI部門
  2. ソシャゲ部門
  3. ユーティリティ部門

の3つの部門が発表されている。

コミュニティパートナー企業からは、開発資金だけでなく有益なフィードバックも得られるので、とっておきのアイデアがある人は、是非この機会に応募してみて欲しい。

キミはハッカー精神を感じたことはあるか?

公式サイト

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

JinaCoinのニュース担当記者。仮想通貨歴は8年。Liskで大損、BTCで爆益。タイの古都スコータイで、海外進出のための市場調査・戦略立案・翻訳の会社を経営。1973年生。東海中高、慶大商卒、NUCB-MBA修了。主著『マウンティングの経済学』(https://amzn.to/49zjrXG)。来タイ12年。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次