NFTプロジェクト「y00ts」、イーサリアムへの移行を発表

y00ts
目次

人気NFTプロジェクト「y00ts(ユーツ)」、PolygonからEthereumへの移行を発表

海外人気NFTプロジェクトの「y00ts(ユーツ)」は10日、Polygon(ポリゴン)からEthereum(イーサリアム)への移行を発表した。

1. y00ts はイーサリアムに移行します。

Y00ts(ユーツ)は、過去1週間でPolygonで2番目に多く取引されたNFTコレクションであるが、世界最大のブロックチェーンであるEthereumに移行すると発表した。

Y00tsは今年初め、Polygonから300万ドル(約4億3,500万円)の助成金を受けたと報告された後、Solana(ソラナ)からPolygonに移った。

y00tsはツイートで「我々はPolygonから提供された助成金を100%返還する。この資金は、ビルダーとクリエイターに力を与えるためのNFTエコシステムの成長のために再配分されます。我々はまだポリゴンを愛している。DeGodsとy00tsのコミュニティを統合する時が来ただけです」と述べている。

移行日は木曜日の時点では明らかにされていないが、y00tsは「まもなく発表されるだろう」と述べた。

フランク・デゴッズとしても知られるy00tsのクリエイター、ローウン・ヴォラが設立したNFTプロジェクト、DeGodsも木曜日にシーズンIIIコレクションのリリースを発表した。

DeGods シーズン III へようこそ。ここにいくつかのプレビューがあります。

y00tsと同様、DeGodsも元々はSolanaで設立されたが、y00tsがPolygonに移った直後にイーサリアムに移行した。CryptoSlamのデータによると、この1週間でイーサリアム上で2番目に取引されたコレクションにランクされている。

CryptoSlamのデータによると、y00tsは2番目に取引されたPolygonコレクションで、その販売量は54%増の1047,969ドル(約1億5,000万円)に急増した。

関連:Solanaの有名NFT、他チェーン進出を同時発表
関連:【国内&海外】おすすめNFTマーケットプレイス15選!選び方・使う際の注意点などを徹底解説

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webライター兼仮想通貨ブロガー。JinaCoinでは主に仮想通貨やNFTゲームに関するニュース記事を執筆。
経歴は新潟県出身。一般社員であったが、インフルエンサーのイケハヤ氏のYouTubeをきっかけに仮想通貨に興味を持ち、2020年1BTC価格125万円で0.01BTCを購入し、仮想通貨投資を始める。同時期に「ゆーたかブログ」を開設、NFTや仮想通貨について発信している。オンラインサロンでSEO勉強の傍ら2022年Webライターとしても活動を始め、個人事業主として開業。FP3級保有。現在はFP2級取得を目指し勉強中。
仮想通貨投資活動:現物保有・NFT保有・DeFi運用・エアドロップ活動。好きな銘柄:ビットコイン・イーサリアム
趣味:投資・読書・バスケ

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次