Zest Protocolのエアドロップ概要とタスク・戦略まとめ

Zest Protocolエアドロップ
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)は、株式会社jaybeが運営をおこなうWebメディアです。読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


本コンテンツで紹介しているサービスには財務局関東財務局並びに近畿財務局の認可を得て運営されている暗号資産業者が提供するものと認可を受けていない暗号資産業者が含まれています。

【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則り運営をおこなっています】
金融商品取引法
金融商品取引法における広告等規制について
広告等に関するガイドライン

この記事をざっくり言うと…
  • Zest Protocol (ゼストプロトコル)のプロジェクト概要がわかる
  • Zest ProtocolのAirdrop(エアドロップ)概要がわかる
  • Zest Protocolのエアドロップタスクのやり方と戦略がわかる
目次

Zest Protocol(ゼストプロトコル)のエアドロップ概要

名称Zest Protocol(ゼストプロトコル)
サービスリリース2024年4月
TVL(総プール量)2821万ドル ※2024年6月現在
対応チェーンStacks
ガバナンストークンなし
公式サイトhttps://www.zestprotocol.com
公式Twitterhttps://x.com/zestprotocol
公式Discordhttps://discord.gg/HusxgfV5
公式ブログhttps://www.zestprotocol.com/blog

Zest Protocolは2024年4月にリリースされたStacksネットワークを基盤としたレンディングプラットフォームです。ネイティブなビットコインの貸し借りや流動性提供を分散的に展開することを目的としており、最近人気のBTCFi関連であることから注目を集めています。

Binance Labsなど大手VCから5.5億円の資金調達に成功しており、ポイントプログラムも行っているため参加しておきましょう。

Zest Protocolのエアドロップ戦略(やり方)

エアドロップを受け取るためのやり方は大まかに以下の通りです。

  • ウォレット作成
  • STXを入金
  • トークンを預け入れる
  • トークンを借り入れる

以下で詳しく解説します。

STEP
ウォレット作成

タスクを行うにあたって利用するウォレットを作成しますが、例としてXverse Walletを利用します。

Xverse WalletはBTCやOrdinals(BitcoinNFT)、Stacksネットワークに対応して数多くのプロダクトで使用できるのでおすすめです。

Xverse Wallet作成はこちら

Xverseの作成方法や使い方は別の記事で解説しているので、わからない方は参考にしてください。

STEP
STXを入金

ウォレット作成が完了したらウォレット内にエアドロップタスクを行うためのStacksのネイティブトークン「STX」を入金しておきます。

STXが購入できる取引所

Xverse Walletを開くと、左側の画像のようにホーム画面が表示されるので、赤枠部の「Receive」をクリックします。

右側の画像のようにウォレットアドレスが表示されるので、Stacksの右横の赤枠部の「コピーマーク」をクリックして送金します。

また入金については、任意の量のSTXトークンを用意しておきましょう

gazou1-Zest-airdrop-receive
STEP
トークンを預け入れる

ウォレット作成とSTXの入金が完了したらZest Protocolでトークンを預け入れていきます。

【Zest Protocolでのレンディングはこちら】

Zest Protocolの公式サイトを開き、右上の赤枠部の「Connect Wallet」をクリックすると下記のようにウォレット接続画面が表示されます。

赤枠部の「XVerse」をクリックすると、 Walletのポップアップが表示されるので接続します。

gazou2-Zest-airdrop-supply1

ホーム画面が表示されるので、赤枠部の「Supply」をクリックします。今回は例としてstSTXを預け入れます。

stSTXはStackingDAOというSTXのリキッド・ステーキングプロトコルで獲得できるLSTで、こちらもエアドロップの可能性が高いのでおすすめです。

StackingDAOのエアドロップは別の記事で解説しているので、利用を検討している方は参考にしてください。

gazou3-Zest-airdrop-supply2

預け入れ設定画面が表示されるので、赤枠部の上から「Enter Supply Amount」に預け入れたい数量を入力後、「Supply」をクリックします。

Xverse Walletのポップアップが表示されるのでConfirmをクリックすると預け入れができます。

gazou4-Zest-airdrop-supply3
STEP
トークンを借り入れる

次にトークンを借り入れていきます。今回は例としてSTXを借り入れるため、赤枠部の「Borrow」をクリックします。

gazou5-Zest-airdrop-borrow1

借り入れ設定画面が表示されるので、赤枠部の上から「Enter Supply Amount」に預け入れたい数量を入力後、「Supply」をクリックします。

Xverse Walletのポップアップが表示されるのでConfirmをクリックすると借り入れができます。

gazou6-Zest-airdrop-borrow2

ステーキングするとポイントが獲得できます。

上メニューの中から赤枠部の「Points」をクリックすると下記のような画面が表示され、獲得したポイントを確認することができます。

gazou7-Zest-airdrop-borrow3

Zest ProtocolはStacks上のレンディングプラットフォームです。今後発展していくと期待されるBTCFi関連プロジェクトであり、Binanceも投資しています。

ポイントプログラムを行っておりエアドロップされる可能性が高く、Binanceへの上場も期待されることから早急に利用しておくことを推奨します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

JinaCoin編集部です。JinaCoinは、株式会社jaybeが運営する仮想通貨情報専門メディアです。
正確性・信頼性・独立性を担保するため編集ガイドラインに沿って、コンテンツ制作を行なっています。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次