AXIORYの「cTrader」をスマホで使いこなす方法を画像付きで徹底解説!

AXIORY(アキシオリー)のスマホ版cTraderの使い方
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)では、読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


仮想通貨ハードウェアウォレット「Ledger」
ビットコイン半減期キャンペーン

仮想通貨・NFTを安全に管理できるハードウェアウォレット「Ledger」が期間限定でビットコインがもらえるキャンペーンを開催中(4月9日〜16日まで ※在庫無くなり次第終了 )です。

キャンペーン内容

Ledger購入&キャンペーン詳細ページ

Ledger解説記事

この記事をざっくり言うと…
  • AXIORYの主要なプラットホーム「cTrader」のスマホ版アプリの基本的な使い方が分かる
  • インジケーター設定やトレード方法などを画像付きで細かく解説
  • この記事を読めばスマホアプリ版cTraderでトレードをスムーズにできる

▼AXIORYの詳しい情報はこちら▼

これもう見た?AXIORY(アキシオリー)の評判は?9つの長所と4つの短所を徹底解説!

これもう見た?AXIORY(アキシオリー)ボーナスキャンペーン情報総まとめ!

これもう見た?AXIORY(アキシオリー)入金ガイド|手数料や着金時間、注意点を解説

コンテンツの誤りを送信する

目次

AXIORYのcTrader(スマホアプリ版)の特徴

AXIORYのcTrader(スマホアプリ版)の特徴

cTraderの概要

開発元Spotware System
サービス開始2011年
取引方式ECN
約定力リクオート(約定拒否)なし
インジケーター豊富
開発言語C♯
自動売買可能(cBot)
対応デバイスWindouws、Mac、スマホ(iOS、Android)、タブレット

cTraderは海外FX業者のAXIORYが提供している主要なプラットホームです。ECN(Electronic Communications Network)方式を採用しているため透明性の高い取引が可能であり、MT4やMT5と比較して次のようなメリットがあります。

メリット
  • 画面が見やすく直感的に操作できる
  • 板情報が閲覧できる
  • 保有しているポジションの一括決済ができる

cTraderは2018年にFinance Magnates 2018 AwardsのFXトレードプラットフォーム部門において最優秀賞を受賞しており、操作性抜群のプラットホームとして人気を集めています。

cTraderの特徴やメリット、デメリットについては以下の記事で細かくまとめていますので、知りたい方は参考にして下さい。

これもう見た?cTraderの特徴・メリットとデメリットを解説!導入している海外FX業者も紹介!

cTraderはパソコンで使用するデスクトップ版の他にスマートフォンで使用するモバイル版(アプリ)があり、アプリは軽快かつ操作性よく使用できるようになっています。デスクトップ版よりも機能は限られているものの、多彩な機能を有しているため、アプリでも十分にハイクオリティなトレードを行うことが可能です。

本記事ではcTaderのスマホ版アプリの使い方を画像付きで解説しています。cTrader初心者に限らず、FXを始めたばかりの人でも分かるように解説していますので、最後までご一読下さい。

なお、デスクトップ版の使い方を知りたい方は以下の記事にまとめてありますので、そちらをご参照下さい。

これもう見た?AXIORYのcTraderとは?特徴や使い方を画像付きで徹底解説!

本記事ではandroid版アプリの使い方について解説します。記事中のcTraderの画面は、実際にAXIORYに開設しているナノ口座(デモ)を用いたものになります。

それでは解説していきます。

AXIORYのcTrader(スマホアプリ版)のダウンロード

画像1 AXIORYのcTrader スマホ「アプリのダウンロード」

スマホ版アプリはAXIORYのホームページからダウンロード可能です。メニューから「プラットフォーム」→「cTrader」と進み、モバイル版からダウンロードします。アプリはAppStoreとGooglePlayからダウンロード可能になっています。

画像2 AXIORYのcTrader スマホ「アプリへのログイン」

アプリを開くとログイン画面が表示されます。ログイン画面では言語の設定を変更することが可能です(デフォルトは英語)。IDを持っていない場合は作成してログインします。

デスクトップ版とスマホ版アプリは連動しているため、デスクトップ版を使用している方は同じIDでログインできます。
保有ポジションはもちろん、ウォッチリストや注文情報もデスクトップ版とスマホ版アプリで連動していますよ。

AXIORYのcTrader(スマホアプリ版)のおすすめ基本設定

画像3 AXIORYのcTrader スマホ「設定画面への移行」

cTraderをダウンロードしたら【設定】から基本的な設定をしておきます。本記事ではおすすめの設定として以下の設定を紹介します。

おすすめ基本設定
  • 言語、時刻
  • SparkChartsの時間軸
  • アラート(通知)
  • QuickTrade(自動利食い、損切り)

日本語、時刻およびSparkChartsの設定

画像4 AXIORYのcTrader スマホ「日本語、時刻およびSparkChartsの設定」

まずは【設定】タブから言語と時刻を設定しておきます。日本の時間はUTC(Universal Time Coordinated)+9時間となります。また、同じ画面に「SparkChartsの時間軸」という設定があります。こちらはホーム画面のウォッチリストに表示されるチャートの時間軸を設定することができます。

SparkChartsはアプリを開いた時に最初に表示されるチャートで、各通貨ペアのチャートを一覧で確認できるため、非常に便利な機能です。

SparkChartsの時間軸設定例

トレードスタイル時間軸設定
スキャルパー経過時間(m1)
デイトレーダー経過時間(m1)または  前日(m30)
スイングトレーダー前日(m30)または  前週(H3)

SparkChartsの時間軸は上記例を参考に自分のトレードスタイルに合ったものを設定しておくことをおすすめします。

アラート(通知)の設定

画像5 AXIORYのcTrader スマホ「アラート設定」

cTrader スマホ版では【アラート】タブからアラートを設定することができます。

アラートを設定しておけば、アプリを開かなくてもトレードの大まかな状況把握ができます。特に以下の項目は設定をonにしておくことをおすすめします。

  • 利食い、損切り
  • ロスカット(20%)
  • 価格アラート
  • マージンコール

QuickTradeの設定

QuickTradeの設定

【QuickTrade】タブからは次の設定をしておきます。

QuickTradeの設定
  • 注文や決済時のタップ
  • 自動損切りや利食い
  • トレーリングストップロス

cTrader スマホ版を利用してトレードする前に上記の設定をしておくと、スマホ特有のトレードの失敗を未然に防ぎやすくなるのでおすすめです。

以下で各設定の詳細を解説します。

注文や決済時のタップ

画像6 AXIORYのcTrader スマホ「タップの設定」

注文や決済時のタップは以下の設定が可能です。

タップ機能
シングルタップ注文や決済を1回のタップで実行。タップの中で最も素早い操作が可能
シングルタップ
(確認)
注文や決済を実行する際に1回のタップの後に確認のダイアログが表示される。
確認ボタンを押して操作実行となるため、間違って操作することはなくなるものの、瞬時的な決済はできない
ダブルタップ注文や決済を2回のタップで実行。素早い操作が可能かつ押し間違いも少ない

スマホでトレードを行う場合は「指が触れる等のタップにより意図しない注文や決済が生じてしまう」という点に注意しなければなりません。これを防ぎ、かつ素早い操作が可能なタップ設定として「ダブルタップ」がおすすめの設定です。

自動損切りや利食い

スマホならではの注意点に、「チャートを頻繁に確認できる」という点があります。頻繁に確認できた方がいいのでは?と思われるかもしれませんが、チャートを見るタイミングが増えることで次のようなデメリットが生じてしまいます。

スマホならではのデメリット
  • 価格がエントリーとは逆方向へ動いていた場合、損失の拡大を恐れて、予定していない価格で損切りしてしまう
  • 普段ならエントリーしないようなチャートパターンでも、精度を欠いた環境認識で軽い気持ちでエントリーし、負けトレードになってしまう

このようなリスクを回避するためには、利食いと損切りを設定して後は放っておく「ゴール戦略」が非常に有効です。

このゴール戦略のための設定設定は下図のように【QuickTrade】タブから行うことができます。

画像7 AXIORYのcTrader スマホ「QuickTradeの設定」

この中で「トリガーサイド」とは損切りが実行されるタイミングを設定となり、以下の4つの設定が可能です。

トリガーサイド機能
トレード損切り時、買いポジションをBid(売値)、売りポジションをAsk(買値)で決済する。デフォルトの設定。
オポジット損切り時、買いポジションをAsk(買値)、売りポジションをBid(売値)で決済する。
ダブルトレード以下の条件で損切りを実行する。
買いポジション:Bid値が損切り価格を2回下回った時
売りポジション:Ask値が損切り価格を2回上回った時
ダブルオポジット以下の条件で損切りを実行する。
買いポジション:Ask値が損切り価格を2回下回った時
売りポジション:Bid値が損切り価格を2回上回った時

非常に細かい設定が可能なので、自分のトレードスタイルに合わせて設定することができます。

スマホはチャートを頻繁に見られるからこそ感情のコントロールが難しくなる面を考慮し、トレードの際は必ず利食いと損切りを設定することを心がけましょう!

損切りについては以下の記事を参考にして下さい。

これもう見た?【FX初心者】手法を覚える前に損切りを覚えるべき!その理由と簡単な損切り方法を紹介

トレーリングストップロス

画像8 AXIORYのcTrader スマホ「トレーリングストップロスの設定」

「トレーリングストップロス」にチェックを入れると、価格が有利な方へ動いた場合、損切りラインを自動で有利な方向へスライドさせるトレーリングストップロスが設定されます。

利食いラインに到達せずに反転してしまった場合でも小さい利益を得られる、あるいは損失を減らして着地できるため、おすすめの機能です。

トリガーサイドやトレーリングストップロスの設定は以降に解説する他の箇所でも出てくるので、内容を理解しておきましょう。

コンテンツの誤りを送信する

AXIORYのcTrader(スマホアプリ版)のトレードモードについて/各操作タブの説明

画像9 AXIORYのcTrader スマホ「ホーム画面」

図はアプリ版cTraderのホーム画面で、大きく分けて次の4つの情報が表示されています。

アプリ版cTraderのホーム画面の情報
  1. 口座情報
  2. 「三」マークをタップしてメインメニュー
  3. トレード、コピー、情報、入金の操作
  4. アイコンの表示操作タブの表示

本章では③操作アイコンの中の【トレード】モードについて詳しく解説していきます。

画像10 AXIORYのcTrader スマホ「使い方」

【トレード】モードに入ると、上部に「ウォッチリスト」「ポジション」「注文」「価格アラート」「履歴」「トランザクション(取引)」「ボーナス」の7つの操作タブがあります。

「トランザクション(取引)」では資産の入出金情報を、「ボーナス」ではボーナスの入出金情報を閲覧できます。

以降に「ウォッチリスト」「ポジション」「注文」「価格アラート」「履歴」について、操作方法や見方を詳しく解説します。

「ウォッチリスト」の操作について

画像11  AXIORYのcTrader スマホ「ウォッチリスト1」

ウォッチリスト】は、好きな名称で作成したリストに通貨ペアを登録することで、通貨ペアをグルーピングする機能です。通貨ペアのお気に入り登録のようなイメージとなります。

リストに登録すると各通貨ペアのチャートや売値、買値を一覧で見ることができます。

画像12  AXIORYのcTrader スマホ「ウォッチリスト2」

【ウォッチリスト】タブには登録されている通貨ペアは、タップや長押しすることで各通貨ペアの概要やチャート画面へ移行することができます。

ウォッチリストの作成方法

画像13 AXIORYのcTrader スマホ「ウォッチリストの作成方法」

ウォッチリストは以下の手順で作成できます。

  1. 【ウォッチリスト】タブの上部にあるリストをタップ
  2. 表示されたダイアログから「ウォッチリストの作成」をタップ
  3. ウォッチリストの名称を入力
  4. シンボルからリストに追加したい通貨ペアを選択(☆をタップ)
  5. ✔ボタンをタップして、リスト作成完了

ウォッチリストの通貨ペアの追加と削除

画像14 AXIORYのcTrader スマホ「ウォッチリストの通貨ペアの追加」

ウォッチリストには以下の流れで通貨ペアを追加または削除することができます。

「ポジション」を確認する

画像15  AXIORYのcTrader スマホ「ポジション1」

【ポジション】タブでは保有しているポジションの情報を閲覧できます。画面下部では口座残高や証拠金維持率を確認することができます。

AXIORYのロスカット条件は証拠金維持率20%です。証拠金維持率は定期的に確認しておきましょう。

ポジションを編集する

画像16  AXIORYのcTrader スマホ「ポジション2」

各ポジションをタップするとポジション個別の編集画面へ移行し、細かい編集を行うことが可能です。

画像17  AXIORYのcTrader スマホ「ポジション3」

【変更】タブからはナンピンやドテンを、【保護】タブからは利食、損切の設定を行うことができます。

「注文」を確認する

画像18  AXIORYのcTrader スマホ「注文1」

【注文】タブでは指値や逆指値の注文情報を閲覧できます。また、この画面から注文の決済も可能です。

注文を編集する

画像19  AXIORYのcTrader スマホ「注文2」

各注文をタップすると個別の編集画面へ移行し、細かい編集を行うことが可能です。

「価格アラート」の操作について

画像20  AXIORYのcTrader スマホ「価格アラート1」

【価格アラート】タブでは以下の手順で価格アラートを設定することができます。

  1. 「価格アラートを作成する」をタップ
  2. 通貨ペアを選択
  3. BID(売値)とASK(買値)の条件を選択
  4. アラートの設定価格を入力
  5. ポップアップを表示させる場合は✔
  6. コメントを入力(必要な場合)
  7. タップして作成完了
画像21 AXIORYのcTrader スマホ「価格アラート2」

設定したアラートは先頭画面に通貨ペア毎に表示され、「×」をタップすることでキャンセルすることが可能です。チャートには黄色の破線で表示されます。

「履歴」を閲覧する

画像22 AXIORYのcTrader スマホ「履歴1」

【履歴】タブでは任意の期間中におけるトレードの履歴を表示させることができます。

  1. 【履歴】タブの右上のメニューボタンをクリック
  2. ダイアログから「History Filter」をタップ
  3. 「整理順」をタップし、任意の整理順を選択
  4. 「種類」をタップし、任意の並び順を選択
  5. 「期間」をタップし、表示させたい任意の期間を選択
画像23  AXIORYのcTrader スマホ「履歴2」

期間を設定するとトレード履歴が反映され、画面下部では設定した期間の確定損益が表示されます。

「期間」の中の「Custom Range」を選択すると、カレンダーのダイアログが表示され、任意の日付(from~to)で期間を選択することができます。

コンテンツの誤りを送信する

AXIORYのcTrader(スマホ版アプリ)の板情報の閲覧

画像24  AXIORYのcTrader スマホ「板情報1」

ウォッチリストの通貨ペアをタップすると、詳細の情報を表示させることができます。

画像25  AXIORYのcTrader スマホ「板情報2」

下にスワイプしていくと「市場の奥行き(標準)」の箇所に板情報が表示されます。板情報以外にもAutochartistや取引統計等の通貨ペアに関する情報も閲覧することが可能です。

AXIORYのcTrader(スマホ版アプリ)のチャートカスタマイズ

AXIORYのcTrader(スマホ版アプリ)ではチャートは下図のように表示されます。

画像26  AXIORYのcTrader スマホ「チャートツールバー」

ここではこのチャートの使用方法とカスタマイズについて次に内容で解説していきます。

チャートの使用方法とカスタマイズ
  • 時間足の変更
  • インジケーターの追加
  • 描写オブジェクトの追加
  • pips幅の確認
  • チャート設定の変更

FXで勝つためにはチャート分析の精度を高める必要があります。手法に合わせてインジケーターを設定したり、チャートをカスタムしたりするスキルは勝つ上で重要です。

以下で詳細を解説するので、自分に最適なチャート環境を作る参考にしてください。

時間足を変更

画像27  AXIORYのcTrader スマホ「時間足の変更」

ツールバーから時間足を変更します。

  • ツールバー時間足のアイコンをタップ
  • 表示されたダイアログから表示したい時間足をタップ(図では1時間足→15分足に変更)
  • ダイアログに表示する時間足を編集したい場合は「…」③をタップ
  • 期間の選択から、☆をタップして設定する(★の時間足がダイアログに表示されるようになる)

インジケーターを追加

ツールバーからインジケーターを追加します。

例)期間20のSMAを追加

画像28  AXIORYのcTrader スマホ「インジケーター追加1」
  • ツールバーから「f」をタップ
  • ダイアログ右上の「…」をタップ
  • 右下の「インジケーターを追加」をタップ
  • 「トレンド」をタップ
画像29  AXIORYのcTrader スマホ「インジケーター追加2」
  • 表示されたインジケーターから「simple Moving Average」をタップ(デフォルト設定のインジケーターが追加される)
  • 詳細を変更するため、インジケーターをタップ
  • 表示された条件から編集を行う(図ではPeriodsを「20」、配色を「黄色」に変更)
画像30  AXIORYのcTrader スマホ「インジケーター追加3」
  • 左上の「←」をタップ
  • 20SMAの追加完了

描写オブジェクトを追加

画像31  AXIORYのcTrader スマホ「オブジェクト追加1」

ツールバーから描写オブジェクトを追加します。表示されたダイアログから任意のオブジェクトを選択します。

例)トレンドラインを追加

画像32  AXIORYのcTrader スマホ「オブジェクトの追加2」
  • ツールバーからオブジェクトのアイコンをタップ
  • 「水平線タブ」からトレンドラインをタップ
  • 表示された◎を、画面をスワイプしてトレンドラインの始点位置まで移動させる
  • タップして始点位置を固定
画像33  AXIORYのcTrader スマホ「オブジェクトの追加3」
  • ◎を、画面をスワイプして終点位置まで移動させる
  • タップして完了

pips幅を確認

画像34  AXIORYのcTrader スマホ「pips幅確認1」
  • 「十字カーソル」のアイコンをタップ
  • 画面をスワイプし、表示された青カーソルを表示させたいpips幅の始点へ移動する
  • 「△」のアイコンをタップ
画像35  AXIORYのcTrader スマホ「pips幅確認2」
  • ツールバーの十字カーソルのアイコンからpips幅を確認することが可能です。
  • 画面をスワイプし、表示された赤カーソルを表示させたいpips幅の終点へ移動する
  • 画面下部に始点から終点までのpips幅が表示される

チャートの設定を変更する

画像36  AXIORYのcTrader スマホ「チャート設定の変更」

ツールバーの歯車カーソルのアイコンからチャート設定を変更することが可能です。

この設定の②「マグネット機能」とは、オブジェクトを描写する際に始点や終点をロウソク足の始値(終値)や安値(高値)に自動で合わせてくれる機能です。

マグネット機能

Weak設定:
手動描写において、始点や終点がロウソク足の始値(終値)や安値(高値)に近づくと自動で合わせてくれます。

Strong設定:
手動描写において、始点や終点を必ずロウソク足の始値(終値)や安値(高値)に合わせます。空白の箇所に始点や終点を置くことができません。

「マグネット機能」はある程度自由に描写できるWeak設定がおすすめです。

AXIORYのcTrader(スマホ版アプリ)のトレード方法

AXIORYのcTrader(スマホ版アプリ)のトレード方法

トレード方法について解説します。

トレードは通貨ペアのチャートから直接注文する方法と、ホーム画面から注文する方法があります。それぞれについて解説します。

チャートから直接注文する

画像37  AXIORYのcTrader スマホ「チャートのQuick Trade」

数秒~数分間のスキャルピングを行う場合にはチャートからの直接トレードがおすすめです。

ツールバーのQuick Tradeアイコンをタップするとダイアログが表示されます。取引ロット数を入力し、売り又は買いのボタンをタップするだけで注文が実行されます。ダイアログ下部から指値や逆指値の注文を行うことも可能です。

チャート上で利食い、損切りを設定する

画像38 AXIORYのcTrader スマホ「チャートで利食い、損切り」

チャート上に表示されたポジションをタップすると詳細が表示され、ポジションの上下に「利食い」、「損切り」と書かれたラインが表示されます。

このラインを上下にスワイプすれば任意の価格に設定することができます。

チャート上でポジションを編集、決済する

画像39 AXIORYのcTrader スマホ「チャートで編集、決済」

チャート上に表示されたポジションをタップし、画面下部のメニューからポジションを編集、決済することが可能です。

ホーム画面から注文する

画像40  AXIORYのcTrader スマホ「ホームから注文」

ホーム画面からは以下の方法で注文可能です。

  • メニューから「新規注文」のボタンをタップ
  • 通貨ペアの注文ボタンをタップ
  • ホームの「新規注文」ボタンをタップ

【Q&A】AXIORYのcTrader(スマホ版アプリ)に関するよくある質問

AXIORYのcTrader(スマホ版アプリ)に関するよくある質問(Q&A)

最後にAXIORYのcTrader(スマホ版アプリ)に関する質問にQ&A形式で回答していきます。

取引口座の切り替えは可能ですか?

可能です。

画面上部の口座の箇所をタップすると、AXIORYで開設している口座のプルダウンが表示されます。任意の口座をタップすることで切り替えられます。

アプリ版はデスクトップ版よりもインジケーターの種類は少ないですか?

デスクトップ版と同様、豊富に使用できます。

一般的なインジケーターは全て使用できます。ただし画面はデスクトップ版よりも小さいことから、表示させるインジケーターは少ない方が見やすくなるでしょう。

アプリから損益の明細を出力することはできますか

パソコンのように損益明細について期間や種類等をカスタムして出力することはできません。

ただし、【設定】の【アラート】から「Eメール計算書」の通知をonにしておくと、月毎に損益のステートメントを受けることが可能です。

まとめ

FXで勝つためには手法のみに限らず、FX業者の選定やチャートの設定も重要な要素となります。

スマホアプリ版cTraderは画面の見やすさや操作性に定評があり、初心者にとっても非常に使いやすいプラットホームとなっています。

ただし、スマホでトレードを行う場合の注意点は以下です。

スマホでトレードする際の注意点
  • タップの設定を「シングルタップ(確認)」か「ダブルタップ」にしておく(誤操作を防ぐため)
  • 必ず損切りと利食いを設定してトレードする(チャートを頻繁に見られるが故に感情をコントロールするため)

この注意点を守ればデスクトップ版に限らず、スマホ版でも十分にハイクオリティなトレードを行えるため、是非、本記事を参考にスマホでのトレードをマスターして下さい!

これもう見た?cTraderの特徴・メリットとデメリットを解説!導入している海外FX業者も紹介!

これもう見た?AXIORYのcTraderとは?特徴や使い方を画像付きで徹底解説!

参考文献

コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

目次