AXIORY(アキシオリー)入金ガイド|手数料や着金時間、注意点を解説

AXIORY(アキシオリー)入金ガイド|手数料や着金時間、注意点を解説
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)では、読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


この記事をざっくり言うと…
  • AXIORへの入金方法一覧表掲載、おすすめはCurfex入金
  • Curfex入金の特徴・やり方を解説
  • 入金できない時の対処法を状況別に解説

【期間限定】100%入金ボーナス
\お年玉ボーナスキャンペーン開催中/

AXIORY公式サイト:https://www.axiory.com/jp

コンテンツの誤りを送信する

目次

AXIORY(アキシオリー)の入金方法5種類の一覧

AXIORY(アキシオリー)の入金方法5種類の一覧

取引手数料が業界最安級のAxioryは、スキャルパーやデイトレーダーに人気の高いブローカー。

これまで、利益を出金するためには、海外銀行送金による入金に対応しなければならないなど、不便な時期もありました。また、bitwalletが突然使えなくなり、不安を持たれた方も多かったでしょう。

しかし現在は、5種類の入金方法が選択できるよう進化しています。

AXIORYの入金方法

入金方法国内銀行送金国内銀行送金
by Curfex
国際銀行送金クレジット/
デビットカード
STICPAY
着金時間約30分1~24時間設定なし即時設定なし
基本通貨JPYJPY・JPY
・USD
・EUR
・JPY
・USD
・EUR
・JPY
・USD
・EUR
最低入金額1,100JPY1,100JPY設定なし5,000JPY設定なし
最高入金額500,000JPY
(1ヶ月累計)
上限なし上限なし500,000JPY/回上限なし

※国際銀行送金は2023年5月現在利用できません。
※STICPAYによる入金は2023年5月現在利用できません。
※銀行振込の着金時間は銀行営業日・時間に左右されます。

※クレジットカードはVISA・Mastercard・JCB・UnionPayに対応しています。
※入金の場合、AXIORYでは一律手数料が発生します。
・20,000 JPY以上無料
・20,000 JPY未満1,000 JPY/回
※上記手数料のほかに送金サービス会社で発生する手数料があります。

これらの入金方法の中でおすすめは「国内銀行送金by Curfex」です。国内銀行送金も少額取引では使いやすいのですが、50万円以上の入金ができないため、Curfex(カーフェックス)に登録して利用した方が効率が高くなります。

本記事では、Curfex(カーフェックス)の特徴やCurfex(カーフェックス)を使ってAXIORYに入金する方法を中心に、入金できない時の対処法などを解説していきます。

なお、AXIORYに関する詳しい解説はこちらの記事でも解説しているので、併せて読んでみてください。

これもう見た?AXIORY(アキシオリー)の評判は?9つの長所と4つの短所を徹底解説!

これもう見た?AXIORY(アキシオリー)ボーナスキャンペーン情報総まとめ!今だけ入金ボーナスあり!

これもう見た?AXIORYのcTraderを使いこなす!基本的な使い方を画像付きで解説!

AXIORY(アキシオリー) 口座へ入金おすすめはCurfex(カーフェックス)

Curfexの信頼性

Curfexの企業情報

サービス名称Curfex(カーフェックス)
企業名Curfex ( HK ) Ltd
設立年2016年
本店所在地Sheung Wan, Hong Kong
取得許認可香港税関局(許可証番号:20-12-02994)
日本現地法人Curfex Japan株式会社(カーフェックスジャパン)
東京都千代田区大手町1-1-6 大手町ビルヂング4階
日本国内許認可第二種 資金移動業 ( 関東財務局長 第00059号 )

AXIORYの入金で利用するCurfexは、第二種資金移動業の許認可をCurfex Japan株式会社が取得しています。(金融庁のホームページの情報)で、本社のCurfex ( HK ) Ltdも香港税関局の許認可の下運営しており、安全性と信頼性は高くリスクは低いようです。

また、サポートは日本語対応が完璧なので、安心です。

以下でCurfexのメリット・デメリット、登録方法などを解説していきます。

Curfex(国内銀行送金)のメリットを反映時間・出金・手数料の流れでみる

Curfexの送金サービスのシステムは、以下の図の流れです。

Curfex( 国内銀行送金 )のメリットを反映時間・出金・手数料の流れでみる

MyAxioryからログインできて送金手続きがシンプル

MyAxioryからログインできて送金手続きがシンプル
Curfex登録の手続き
  • Curfexのウェブサイトにアクセスしマイアカウントにログインして送金依頼手続きをする
  • 取引銀行からCerfexの銀行口座( 楽天又はジャパンネット銀行 )に送金する

手続きはこれだけで、1営業日以内にAxioryのあなたの取引口座に着金します( CurfexからAxioryへは最短1時間の実績 )。電子ウォレットのように、口座残高の管理をするなどの手間をかける必要は、一切ありません。

Axioryへの送金のみならず、アジア地域への海外出張中・旅行中に仕入れや買い物をする際にも、送金手段として同様に使えます。手数料は、Curfexへの国内銀行送金(無料~330円)とcurfexの送金手数料( 送金額の1%)のみという、格安・最速の海外送金です。

利益部分も出金できる

利益部分も出金できる

Axioryの口座に、クレジットカード/デビットカード、STICPAYで入金した場合、出金できるのは、入金したクレジットカード/デビットカードに、口座入金額同額までが上限です。

これらの入金方法では、利益部分については、出金できません。

しかし、Curfexを利用すれば、海外銀行送金同様に、利益部分も出金できる他、Curfexで入金した金額、利益金額にかかわらず、自由に出金ができます。

これまで、利益部分については、海外銀行送金でしか出金できなかった訳ですから、このメリットは大きいですよね。

AXIORYの出金方法はこちらの記事で解説しているので併せて読んでみてください。

これもう見た?AXIORY(アキシオリー)出金まとめ!出金方法や手数料、着金時間など解説

入金時間が速くAxioryへの入金履歴も確認できる

入金時間が速くAxioryへの入金履歴も確認できる

CurfexのAxiory口座への入金にかかる時間は、海外銀行送金の50倍~100倍速。まるで国内銀行送金をしているように速いときもあります。

Curfex利用時の入金時間と出金時間

【入金】Curfex→Axiory口座反映時間当日~翌営業日(最短1時間前後の実績)
【出金】国内銀行口座反映時間2営業日以内(Curfex経由)

また、Curfexを利用して、送金した履歴が閲覧でき、Axiory口座との照合もしやすいので、確定申告時などには便利です。

世界9カ国で利用することが可能

世界9カ国で利用することが可能

Curfexの送金サービスは、以下のサービス対象国であれば、Axioryの口座に送金するのと同様のサービスを利用できます。

日本韓国中国
香港マレーシアシンガポール
インドネシアフィリピンオーストラリア

アジア地域に出張や旅行される方には、現金を持ち歩かなくてよいので、とても便利ですね。

Curfex(カーフェックス)に登録を行う前に評判その他のデメリットを知っておこう!

Curfex ( カーフェックス ) に登録を行う前に評判その他のデメリット

Axioryの口座から、Curfexを利用して出金する場合、Axioryの出金手数料は無料です。しかし、Curfexには、以下のデメリットもあります。

マイナンバーカードが必須

マイナンバーカードが必須

Curfexのアカウント開設時と送金依頼時に、マイナンバーカードの提示が必須なので面倒です。マイナンバーカードの普及率は30%台、作成してない方もいることでしょう。

海外送金額の1%が手数料

海外送金額の1%が手数料

Axioryで、Curfexを利用して、国内の取引銀行に出金依頼をすると、送金額の1%が手数料として徴収されます。出金額が30万円を超えると、国際銀行送金の方が安くなる可能性があります。

国際銀行送金の場合、金額が100万円などの大きな金額であっても、利用する銀行が同じであれば、一定です( 2,000円~5,500円程度 )。

つまり、Curfexを利用して、Axioryの口座から出金するのは、30万円前後まで。これを超える出金額の場合は、国内の受取手数料やリフティングチャージが安いオンライン銀行を利用した方が、有利ということになります。

ただ、海外FX会社からの海外送金の受取拒否をする国内銀行もありますので、事前に確認するなどして、対策しましょう。Axioryの入金方法の選択画面で国際銀行送金は、メンテナンス中になっています。利用したい方は、サポートに連絡してください。

Curfexを導入している海外FX会社はAxioryだけ

Curfexを導入している海外FX会社はAxioryだけ

2023年4月現在、海外FX会社でCurfexが利用できるのは、Axioryのみです。複数のFX会社に口座をお持ちの方には、残念かもしれません。

ただ、海外銀行送金にしか対応していない海外FX会社の場合、今後サービス向上のため、Curfexを導入する可能性は十分にあります。

Curfexは電子ウォレットのようにお金を預けられると考えてはダメ

Curfexは電子ウォレットのようにお金を預けられると考えてはダメ

これは、デメリットではないのかもしれませんが、電子ウォレットが必要という方を対象にしています。

Curfexのアカウントは、あくまで送金依頼をするためのものであり、biywalletやSTICPAY、PayPalなどのように、電子ウォレットにお金を預けることはできません。

30万円くらいまでの資金を最速で海外送金することと、海外からの送金を受取り国内銀行送金することに特化した業者と認識してください。

Curfex(カーフェックス)のアカウント登録方法と手順を画像付きで丁寧に解説

Curfex( カーフェックス )のアカウント登録方法と手順を画像付きで丁寧に解説

Curfexのアカウント開設方法と利用方法を画像付きで丁寧に解説します。

Curfexのアカウント開設方法

今回はAxioryのサイト経由でCurfexのアカウントを開設する方法について、進めましょう。

用意するもの

  • マイナンバーカード(写真付き)(これをお持ちの場合は、他には何もいりません)
  • マイナンバー通知カード(マイナンバー通知カードの場合は次の2点のうち1点が必要)
  • 運転免許証又はパスポートいずれか1点
画像01:AXIORY 入金「Curfex登録01」

Axioryの「MyAxiory」にログイン、ホーム画面の右上にある、「入金」をクリック。

画像02:AXIORY 入金「Curfex登録02」

口座選択画面が開きますので、「LIVE口座」を選択。

複数に口座をお持ちの場合は、出金する口座を間違わないよう気をつけましょう!

画像03:AXIORY 入金「Curfex登録03」

入金方法選択画面が表示されますので、「国内銀行送金 by Curfex」をクリック。

Curfexアカウント開設方法4

Curfexのサービスの説明と個人情報の取扱いに関する同意文書が書かれていますので、ひととおり目をとおして問題なければ、チェックを入れ、「Curfex申込サイトへ進む」をクリックすましょう。

Curfexアカウント開設方法5

このように、Curfexの公式サイト、会員登録画面に移動しますので、管理上Axioryで登録したメールアドレスとパスワードを記入されることをおすすめします。

「私はロボットではありません」にチェックを入れ、最後に「申込する」をクリックしましょう!

Curfexアカウント開設方法6

上の画像にある画面に切り替わり、認証コードを登録したメールアドレス宛に送付した旨のコメントです。

メールを確認します。

Curfexアカウント開設方法7

登録したメールアドレスに上の画像のメールが、Curfexから送られてきます。「Emailを認証する」をクリックしましょう。( 「Emailを認証する」をクリックするとメール認証は完了しするので、認証コードを入力する必要はありません )

すると下の画像にある必要事項入力画面に切り替わります。

Curfexアカウント開設方法8

上の画像の記入例を参考に、必要事項を記入しましょう。マイナンバーカードの番号は、12ケタのものを記入。電話番号は、携帯電話番号で、局番の頭の0を省いて記入してください。たとえば、「090」⇒「90」です。

利用規約・免責次項・マネーロンダリングに利用しないことをご理解されたら、二か所それぞれにチェックを入れます。

最後に「次に」をクリックしましょう。

そうすると、画面が切り替わり、スマホでQRコードをスキャンするか登録したメールアドレス宛てに届くメール内にあるリンクをクリックをするか、どちらかで手続きを行うよう求めてきます。

今回は、最短で登録を完了するために、スマホのQRコードリーダーでスキャンする方法を選択してください。( とても便利です )

QRコードをスキャンすると以下の画面がスマホ上で表示されます。

Curfexアカウント開設方法9

マイナンバーカード( 写真付き )をお持ちの方は、上の画像の右側の一番上の「マイナンバーカード」をタップしましょう。マイナンバー連携カードの場合は、運転免許証かパスポートが追加で必要になります。

あとは、このアプリがとてもわかりやすく説明してくれますので、その説明どおりに進めば、5分程度で登録は完了します。

Curfexのアカウント開設方法は、以上です。

結論!Curfexの特徴から楽天銀行(楽天カード)との組み合わせが一番

Curfexの特徴から楽天銀行( 楽天カード )との組み合わせが一番

楽天銀行は、楽天銀行で口座をもつ方の間の振込については、手数料が無料です。Curfexの取引銀行は楽天銀行なので、Curfexを利用する際は、楽天銀行に口座をもっている方は、Curfexへの振込手数料が無料になります。

最強の組み合わせは、楽天銀行のクレジットカード/デビットカードを所有し、Axioryのあなたの口座に入金する際は、楽天銀行のクレジットカード/デビットカードを使用することです。

そうすることで、次のメリットが生まれます。

メリット
  • Axiory口座への入金は手数料が無料になり、Axiory口座には即時反映される
  • クレジットカード/デビットカードで入金した額まではクレジットカード/デビットカードに無料で出金できる
  • Axiory口座の残高のうち、利益部分はCurfexを利用して楽天銀行の口座に出金できる。( Curfex手数料送金額の1%)
  • 出金額が30万円を超える場合は、Axioryの海外銀行送金を利用して、楽天銀行に出金する選択肢ができる。( 楽天銀行の海外送金受取手数料は国内最安級の2,450円 )
  • Axioryの口座への入金に、楽天銀行の海外銀行送金が選択肢に入り、55万円以上の入金をする場合は、Curfexより楽天の方が手数料は安くなる。( 55万円をAxioryに入金の場合:Curfex5,500円、楽天銀行5,450円)
  • 万一、Axioryの口座資金がなくなるようなことがあっても、楽天ポイントはGETできる。

以上のとおり、Curfexと楽天銀行( クレジットカード/デビットカード )と組み合わせることで、メリットはあってもデメリットは見当たりません。

ただ、海外銀行送金の受取手数料( 被仕向送金手数料 )は、以下の表のとおり、楽天銀行は、安くはありません。

銀行名被仕向送金手数料リフティングチャージ銀行コードSWIFTコード
ソニー銀行0円0円0035SNYBJPJT
新生銀行2,000円0円0397LTCBJPJT
住信SBIネット銀行2,500円0円0038NTSSJPJT
楽天銀行(法人)2,000円2,500円0036RAKTJPJT
楽天銀行(個人)2,450円3,000円0036RAKTJPJT
三井住友銀行1,500円2,500円~1/20%0009SMBCJPJT
三菱東京UFJ銀行1,500円2,500円~1/20%0005BOTKJPJT
みずほ銀行2,500円2,500円~1/20%0001MHCBJPJT
りそな銀行1,500円2,500円~1/20%0010DIWAJPJT
横浜銀行1,500円2,500円~1/20%0138HAMAJPJT
北海道銀行1,500円2,500円~1/20%0116HKDBJPJT
沖縄銀行3,000円0円0188BOKIJPJT
※中継銀行でリフティングチャージがかかる場合は有料。事前に銀行に確認しましょう。

メガバンクでも、三菱東京UFJとみずほでは、4割もの差。海外銀行送金の受取手数料に関しては、ソニー銀行に軍配があがりますね。

また、上の表にないゆうちょ銀行は、海外からの送金を受取る場合、中継銀行が2クッション入るため、とんでもない手数料になりますので、利用は避けましょう。

以上のとおり、海外送金手数料は安いが、海外送金受取手数料は高いなど、銀行にはそれぞれ特徴があり、一長一短の側面があることを勘案して選んでください。

コンテンツの誤りを送信する

AXIORY(アキシオリー)にクレジットカード/デビットカードで入金は口座反映時間が最速

AXIORY (アキシオリー)にクレジットカード/デビットカードで入金は口座反映時間が最速

クレジットカード/デビットカードを利用したAxiory口座への各入金手数料は、カード会社分は無料です。

Axioryのあなたの口座に、即時反映されるため、入金方法のなかで最速になります。Axioryに入金に使用できるクレジットカード/デビットカードは、VISA・JCB・Mastercard・UnionPay/銀聯です。

ただし、クレジットカード/デビットカードを利用した入金には、以下の制約があります。

クレジットカード/デビットカード使用ルール

クレジットカード/デビットカード使用ルール
クレジットカード/デビットカード使用ルール
  • クレジットカード/デビットカード( 以下、カード )の名義は、Axioryの口座名義と同一でなければならない
  • カードで入金すると、出金はカードで入金した額満額までは、出金先はカードが最優先される
  • カードへ出金する際は、入金時と同一の通貨のみ出金できる
  • カードへの出金が、入金額満額に達したあとの出金( 利益部分 )は、海外銀行送金又はCurfexを利用して出金する
  • 利用できるカードは、VISAとJCBのみで、海外で発行されたもの、海外銀行の日本支店で発行されたものは使用できない
  • カードを利用した入金上限額は50万円( 5000USD/5,000EUR )
  • UnionPay/銀聯はUSD・EUR建て口座のみ利用できる

このなかで、最も注意していただきたいのが、カードで入金すると、出金の際、カードへの出金が優先されるということです。

たとえば、カードで2万円を入金し、その後Curfexで3万円を入金したとします。その後、2万円をCurfexで出金申請したとすると、2万円は優先的にカードに出金され、Curfexには出金されません。
この場合、カードで入金した2万円満額まで、出金していますから、その後はCurfexによる出金は可能で、ご指定の銀行口座に振込まれます。

これらのルールがあるのは、マネーロンダリングを規制するためのものですからやむを得ません。

また、カード会社によって、FX会社や証券会社への入金額に制限が設けられるケースもありますので、限度額など確認しましょう。

以上のことをご理解いただいたうえで、ご利用ください。

クレジットカード/デビットカードを利用した入金方法

クレジットカード/デビットカードを利用した入金方法

クレジットカード/デビットカードを利用した、Axiory口座への入金方法を説明します。

Axiory公式サイトにアクセスし、「MyAxiory」にログインします。

画像04:AXIORY 入金「クレジットカード入金01」

MyAxioryホームのページの右上にある入金ボタンをクリック。

画像05:AXIORY 入金「クレジットカード入金02」

入金口座選択画面で、Live口座のなかで入金したい口座を選択。

クレジットカード/デビットカードを利用した入金方法3

入金方法選択画面でクレジットカード/デビットカードを選択。

クレジットカード/デビットカードを利用した入金方法4

上記の手順で記入しましょう。「カードの保存」にチェックを入れると、どのカードを使用したかを管理するうえで、便利です。なお、2万円未満の入金には、一律1,000円の手数料がかかり、入金後口座から引き落とされますので、注意しましょう。

カードの有効期限は、期限から6ヶ月以上の余裕があるものにしましょう。余裕がないと、出金できるカードが消滅してしまい、Axioryに申請しなければならなくなります。

セキュリティコードは、カード裏面に記載されている3ケタの数字です。カード名義人は、カードに記載されている文字列と同じ文字列で記入してください。

最後に、「支払う」ボタンをクリックすれば、完了です。口座残高に即時反映されていることを、確認しましょう!

AXIORY(アキシオリー)の口座へ入金できないときの対処法

AXIORY (アキシオリー)口座へ入金できない対処法、よくある質問( FAQ )から分りやすく解説
AXIORY の口座へ入金できないときの対処法
  • Axiory口座開設の段階がライトステージであるときに多いトラブル
  • Curfexで入金できないときのトラブル対処法
  • クレジットカードで入金できないときの注意点と対処法
  • STICPAY( スティックペイ )で入金できないときに一番多いケース

上記4つの対処方法について以下で詳しく解説していきます。

Axiory口座開設の段階がライトステージであるときに多いトラブル

Axiory口座開設の段階がライトステージであるときに多いトラブル

Axioryでは、口座開設の段階がライトステージとフルステージにわかれています。ライトステージとフルステージの異なる条件ついては、以下の表を参照ください。

ライトステージフルステージ
入金入金金額12万円まで金額に制限なし
出金・入金金額合計額が上限
・利益部分は出金不可
・金額に制限なし
・利益部分も出金可能
入出金方法クレジットカード/デビッドカードのみ(VISA,JCB)・国内銀行送金/国際銀行送金
・クレジットカード/デビッドカード(VISA,JCB)
・STICPAY・Vload・Neteller・Skrill※・BTCなど仮想通貨
必要書類本人確認書類・本人確認書類
・現住所確認書類
・セルフィ―認証
取引開始までの時間5分1営業日以内
※STICPAYはオンラインウォレット、Vloadクーポン式決済、NetellerとSkrillは現在日本では使えません

ライトステージでは、入金額の上限が12万円まで、入金方法はクレジットカード/デビットカードのみとなっています。フルステージでは、本人確認書類の他に現住所確認書類、セルフィ―認証が必要ですが、これら書類のうち、画像が認識できないなどの理由で再提出を求めている可能性があります。

登録EメールアドレスにAxioryから、「○○書類の再提出のお願い」というメールが届いてないかご確認ください。未提出の場合は、上の表にあるとおり、ライトステージでは何かと制約が多いため、必要書類を提出しフルステージに進みましょう。

Curfexで入金できないときのトラブル対処法

Curfexで入金できないときのトラブル対処法

Curfexを利用してAxioryの口座に入金できない場合は、Curfexへの登録必要書類に何らかの不備があった可能性が高いです。

Curfexへの登録はできたが、身分証などの必要書類が整っていない可能性があります。マイナンバー通知カードと運転免許証又はパスポートのアップロード写真で、文字が認識できないなどの理由から再提出を求めているかもしれません。

Curfexに、ログインしアカウントのステータスを確認してください。

クレジットカードで入金できないときの注意点と対処法

クレジットカードで入金できないときの注意点と対処法

クレジットカードで入金できない場合、次のことが考えられます。

クレジットカードで入金できないときの主な原因
  • VISA、JCB以外のカードを使用した
  • 5,000円未満か、一度に50万円を超える金額を入金しようとした
  • クレジットカードの使用期限が3カ月以下
  • Axioryのサイトで、クレジットカード情報の入力ミス
  • クレジットカード会社が入金拒否をした

上記のいずれかのケースが殆どです。

たとえば、VISAで入金できないときに、別のVISAのカードを使用しても入金できない場合は、VISAが入金拒否している可能性が高いので、VISAに電話で確認しましょう。

STICPAY(スティックペイ)で入金できないときに一番多いケース

STICPAY( スティックペイ )で入金できないときに一番多いケース

STICPAYで入金できない場合、最も多いケースとして、登録の不備が考えられます。まず、STICPAYにログインし、アカウントステータスを確認してください。

次に多いのが、Axiory口座への入金希望額が、STICPAYの残高を上回っているいるケースです。こういう時は、金額を減額して入金してみましょう。

AXIORY(アキシオリー)の基本情報

AXIORYの会社概要

運営会社Axiory Global Limited
設立2011年(2013年サービス開始)
所在地No. 1 Corner of William Fonseca Street, Marine Parade, Belize City, Belize, C.A.
金融ライセンスベリーズ国際金融サービス委員会 FSC
最大レバレッジ400倍
平均スプレッド(USD/JPY)1.1Pips(変動スプレッド)
約定力(99.99%)約定スピード(最速0.188秒の平均0.204秒)
取扱い銘柄数全81銘柄(FX通貨ペア63、金属ペア6、資源CFD3種類、株価指数9種類)
マージンコール/ロスカット50%/20%
追証なし(ゼロカットシステム採用)
取引制限なし
最小入金額5ドル
日本語サポートあり
トレードツールMT4、MT5、cTrader

AXIORY(アキシオリー)は2007年に、金融システムやFXトレードインフラの開発会社としてスタートし、2011年にFX事業を開始しました。

金融ライセンスは「ベリーズ国際金融サービスIFSC」で取得しており、「リクイディティプロバイダー」「取引銀行」「資産管理の仕組み」「約定率」等をしっかりサイトに記載しています。

また、AXIORYでは会社の資産と顧客の資産を分別管理しており、万が一AXIORYが破綻した場合でも、第三者監査機構「PricewaterhouseCoopers(PwC)」が一時的な管財人となり、顧客の個別資金はきちんと返還されるので安心です。いわゆる、国内FX業者と同程度の資産保護体制を持っているため、信頼のおける海外FX業者と言っても良いでしょう。

取引方式もNDD方式を採用しているといわれ、サーバーが強靭なため約定力が高く、尚且つ約定データまでサイトで公開してくれています。何より、cTraderが利用できるため、レバレッジ(最大400%で追証ナシ)を目一杯利かせてスキャルピングするには最適の海外FX業者です。

もちろん、サポートもチャットはもちろん、日本語での電話でも全く問題なし!

このAXIORYのメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。

AXIORYのメリット
  • ベリーズの金融ライセンスを取得
  • 信託保全を採用しており安心して資金を預けられる
  • 様々な情報公開に積極的
  • 取引方法はクリーンなNDD方式でノミ行為なし
  • 最大レバレッジ400倍(追証ナシ)と資金効率良くダイナミックにトレードできる
  • 追証なしで借金するリスクゼロ
  • 不定期だが入金時証拠金が2倍になる100%入金ボーナスキャンペーンを開催している
  • スプレッドが業界随一の狭さ!ドル円1.1pips(平均)
  • cTraderが使えるため、手動でスキャルピングするにはもってこい
  • 約定力が高く(99.99%)約定スピードが速い(最速0.188秒の平均0.204秒)
  • リクオートやスリッページがほぼ起こらない
  • 取引銘柄数81種類と豊富全81銘柄(FX通貨ペア63、金属ペア6、資源CFD3種類、株価指数9種類)
  • 入出金方法が豊富。国内銀行送金での出金にも対応(最短1営業日で着金)
  • 最低入金金額5ドルと初心者でも初めやすい※銀行送金の場合に限り100ドルから
  • 日本人スタッフが30人常駐し、平日は24時間体制でサポートが受けられる
  • プロにトレードを任せられるMAM口座が利用可能
AXIORYのデメリット
  • Bitwalletが使えない(それ以外の入金方法は豊富)
  • 金融ライセンスがマイナー
  • 2万円以上の出金でないと手数料が無料にならない
  • 証拠金残高が多いとレバレッジが引き下げられる

『レバレッジ追証ナシの400%』『業界随一の低スプレッド』『約定率99.99%』『cTraderが使える』『取引はNDD方式』と、まさにハイレバでスキャルピングする人にはもってこいの海外FX業者です。

【期間限定】100%入金ボーナス
\お年玉ボーナスキャンペーン開催中/

AXIORY公式サイト:https://www.axiory.com/jp

▼AXIORYの詳しい情報はこちら▼

これもう見た?AXIORY(アキシオリー)の評判は?9つの長所と4つの短所を徹底解説!

これもう見た?AXIORY(アキシオリー)についてよくある質問(Q&A集)

これもう見た?AXIORY(アキシオリー)の手数料総まとめ|入金・出金手数料、スプレッド、スワップは?

【Q&A】AXIORY(アキシオリー)の入金に関する良くある質問

最後に本サイトへの問い合わせの中から「AXIORYの入金」に関する質問にQ&A方式で回答していきます。

AXIORYでは入金ボーナスを実施していないのですか?

AXIORYは常時開催のボーナスはありませんが、季節ごとの入金ボーナスを実施しています。

入金ボーナスキャンペーンが開催される場合はこちらの記事で詳細を掲載するのでブックマークなどをして、定期的にチェックしてみてください。

これもう見た?AXIORY(アキシオリー)ボーナスキャンペーン情報総まとめ!今だけ入金ボーナスあり!

また、ボーナスのある業者についてはこちらの記事でも紹介しているので参考にしてください。

これもう見た?海外FX口座開設ボーナス(未入金)おすすめ比較102社

これもう見た?海外FX入金ボーナス100%~200%以上のクッションあり比較

AXIORYへの入金でかかる手数料は何がありますか?

AXIORYでは20,000円以下の入金の場合、一律1,000円/回の入金手数料がかかってしまいます。そのため、基本的には20,000円以上を入金したほうがおトクです。

この他に送金サービス会社で発生する手数料があります。入金方法で一番手数料を低く抑えることができるのはクレジットカードですが、出金の手間を考えると本記事で紹介したCurfex入金がおすすめです。

AXIORYの全ての手数料についてはこちらの記事でまとめているので、併せて読んでください。

これもう見た?AXIORY(アキシオリー)の手数料総まとめ|入金・出金手数料、スプレッド、スワップは?

AXIORYは仮想通貨入金を扱っていないのですか?

以前はBTC(ビットコイン)での入金を扱っていましたが、現在は利用できなくなっています。

仮想通貨で入金でき仮想通貨FXのできる業者はこちらの記事で解説しているので参考にしてください。

これもう見た?海外FXで仮想通貨(ビットコイン)取引!おすすめ業者10選【2023年4月】

これもう見た?【初心者向け】ビットコインFXができるおすすめ取引所TOP3!迷ったらココを使え

AXIORYのデモ口座は入金しなくても使えますか?

デモ口座は入金しなくても実際と同じように取引可能です。

デモ口座の利用は無料で口座開設をした後に設定できます。AXIORYの口座開設方法はこちらの記事で解説しています。

これもう見た?AXIORY(アキシオリー)の評判は?9つの長所と4つの短所を徹底解説!

まとめ

Axioryの入金方法は、4種類用意されていますが、手数料、便利さの角度で判断すると、Curfexとクレジットカード/デビットカードの2種類です。

最も手数料を抑え、スピーディーに入金する方法は、クレジットカード/デビットカードです。入金上限額は、1回50万円ですが、数日に分けるか、複数のカードを使えば入金金額は増やせます。

そして、出金の際は、まずカードに入金額同額を出金し、利益部分は30万円まではCurfexを利用し、30万円を超える場合には、国際銀行送金で、ソニー銀行などを利用すれば、手数料は最安になります。

まとめると

  • 入金には、クレジットカード/デビットカードを使う(手数料無料)
    ポイントも稼げる楽天カードがお得
  • クレジットカード/デビットカードは使いたくないという場合には、Curfex一択
  • 30万円以下の出金は、Curfexを利用する( 手数料1% )
  • 30万円以上の出金では、ソニー銀行、新生銀行などを指定して、国際銀行送金を利用する( 手数料は、無料~中継銀行のリフティングチャージが上限)

Axioryでは通貨ペアも充実し、MT4・MT5に加え、最新ツールを備えた取引プラットフォームcTraderが、スタンダード口座でも使えます。

スプレッド最狭クラス、取引手数料最安クラス、レバレッジ400倍のAxioryで利益をあげて、入出金コストは余計な負担をさけて最安の方法を利用し、資産を増やしていきましょう!

【期間限定】100%入金ボーナス
\お年玉ボーナスキャンペーン開催中/

AXIORY公式サイト:https://www.axiory.com/jp

これもう見た?AXIORY(アキシオリー)ボーナスキャンペーン情報総まとめ!今だけ入金ボーナスあり!

これもう見た?AXIORY(アキシオリー)の評判は?9つの長所と4つの短所を徹底解説!

これもう見た?AXIORY(アキシオリー)出金まとめ!出金方法や手数料、着金時間など解説

コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次