ナイジェリア政府、バイナンスに1.5兆円の損害賠償を請求

目次

バイナンスの幹部2人が拘束された

ナイジェリア当局は、世界最大の暗号資産(仮想通貨)取引所「Binance(バイナンス)」に対し、罰金として100億ドル(約1.5兆円)を要求していることが、英国メディア BBC の報道により明らかになった。

これはナイジェリア政府がバイナンスを外貨の為替レートを操作していると非難したことを受けてのことだ。

このニュースは、同国大統領の情報・戦略担当特別顧問であるバヨ・オナヌガ氏がBBCのインタビューに答えたもの。

同氏は、ナイジェリア中央銀行が経済を安定させるためにナイジェリア通貨「ナイラ」の為替レート修正しようとするなか、バイナンスは違法なレートに固定し、実質的に国の費用で利益を得ており、国に巨額の損失を与えていると主張している。

フィナンシャル・タイムズ紙は、この問題に詳しい人物の話を引用して、バイナンスの幹部2人が国家安全保障顧問局に拘束され、パスポートを押収されたと報じた。2人はナイジェリア政府関係者に会うためナイジェリアから招待されていたが、バイナンスが同国で違法に営業しているという理由で、上陸したところを取り押さえられた、とこの問題に詳しい関係者はブルームバーグに語った。

ザカリ・ミジニャワ国家安全保障顧問報道官はブルームバーグに対し、「必ずしも逮捕というわけではありません。会議と話し合いが続いています。これは国家安全保障の問題であり、省庁間のプロセスが進行中です。」と述べた。

関連:バイナンス、ビットコインステーキング「Babylon」に投資
関連:仮想通貨金融商品の運用資産総額が10兆円に到達|2021年12月ぶり

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次