Bitwise、ビットコイン価格が280%上昇し25万ドル超えを予測

bitwise、ビットコイン価格予測
目次

Bitwise CIOのマット・ホーガン氏が2028年にビットコインが280%上昇する5つの根拠について言及

暗号資産(仮想通貨)インデックスファンド「Bitwise」の最高情報責任者(CIO)のマット・ホーガン氏が、2028年に予定されているビットコイン(BTC)の半減期にまつわる5つの興味深い予測について言及した。ホーガン氏は包括的なレポートの中で、世界をリードするビットコインに今後起こり得る大きな波について述べている。

Bitwise マットホーガン氏の予測は以下

  • ボラティリティが50%低下する
  • 多くの投資家のポートフォリオにBTCが5%配分される
  • ビットコインFTFに2,000億ドル以上が流入する
  • ビットコインFTFは初期段階で、リスク調査を始めたばかり
  • 中央銀行がビットコインに資産配分をおこなう

ホーガン氏の重要な予測の1つめは、ビットコインのボラティリティが50%大幅に低下するというものだ。同氏は、スポットビットコイン投資信託(ETF)市場を通じた新規投資家の参入がボラティリティ低下を促進すると主張している。

機関投資家のビットコイン市場参入により、両建てや利益の再投資など、それぞれの異なる投資行動が逆循環的なフローをもたらし、最終的にビットコインのボラティリティを弱める可能性があると述べた。

2つ目の予測は、2028年までに多くの投資家のポートフォリオにBTCが平均5%配分されるというものだ。BTCのボラティリティが低下し、機関投資家にとって魅力的な投資対象となるにつれて、投資家のポートフォリオに対するBTCの配分が増加すると予想している。

3つめの予測として、ビットコインETFには2,000億ドルを超える資金が流入すると言及している。同氏はBTCのETFを、史上最も急成長している投資商品と位置づけている。

4つ目の予測として、ビットコインETF市場がまだ初期段階にあり、各国の通信社や機関がリスク調査を始めたばかりであると示唆している。資金流入が年々増加した金ETFの台頭と比較して、ビットコインETFについても同様の傾向が見られると予想している。

最後の予測として、次の半減期イベントの前に中央銀行がビットコインに資金を割り当てるだろうと示唆している。中央銀行が歴史的に金に対する重要な投資家であり、相当量の金属を蓄積してきたと指摘する。

ホーガンはこの件についてさらに次のように述べた。

ここにはゲーム理論の要素もあります。主要中央銀行がビットコインを準備資産として採用することは、ビットコインにとって状況を一変させるものとなり、価格の劇的な上昇に寄与すると私は信じています。一つの中央銀行がビットコインを採用すれば、他の中央銀行も後に続くのではないでしょうか??

ビットコインが持つ負債のない貨幣としての特徴と、支払いや決済に関して金に比べて機能的に優れていることから、中央銀行はますますビットコインに惹かれるだろうとホーガン氏は考えている。

以上の予測からホーガン氏は、ビットコインが2028年までに現在の水準から280%近く上昇し、25万ドルを超えるだろうと予測している。

関連GoogleのAIを用いたビットコイン価格予測、63%の確率で10万ドル超え
関連香港、ビットコインとイーサリアムのETFを承認か

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

仮想通貨をテーマにしたYoutube台本やメディア記事などをメインに執筆するウェブライター。
これまでに執筆した案件は700以上。
仮想通貨のローンチ・プロモーションにも携わっている。
投資にも関心が高く、現在は仮想通貨で400万円程度を運用している。
主要アルトコインはもちろん、革新的なプロジェクトであれば草コインでもすぐに飛びつく。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次