BNB開発者、ビーコンチェーン開発終了に伴う資産消失を注意喚起

目次

長く続いた2重構造に終止符

BNBチェーン・コミュニティは8日、「BNB Beacon Chain(ビーコンチェーン)」が「BNB Smart Chain(BSC)」に統合されることに伴い、BEP2やBEP8規格のトークンをチェーン外に移転するよう注意喚起した。

関連:バイナンススマートチェーン(BSC)とは?特徴を解説

BEP2/BEP8 アセットのサンセット発表
BNB チェーン フュージョンは、セキュリティ対策と資産利用率の向上を目的として、BNB ビーコン チェーンを廃止することを目指しています。 アセットをシームレスに移行するには、チュートリアルをお読みください。

ビーコンチェーンは当初、ステーキングとガバナンスのレイヤーとして設計され、セキュリティを強化し、オーダーブックベースの分散型取引所(DEX)をサポートすることで、BSCを保管する役割を果たしてきた。

しかし、BSCの進化と、オーダーブックベースのDEXの廃止を含むブロックチェーンの状況の変化に伴い、ビーコンチェーンはむしろエコシステムの成長を遅らせ、セキュリティに脆弱性をもたらしかねない重荷となった。そのため、BNBチェーン・コミュニティは現在、ビーコンチェーンをBSCに統合する準備を進めており、順調にいけば今年4月頃に統合が完了する予定だ。

8日の発表によると、ユーザーは今年4月までにビーコンチェーン上の資産(BEP-2とBEP-8規格のトークン)をBSCに移転するよう「強く推奨」した。移転は、中央集権型取引所や分散型取引所、あるいは自己保管型ウォレットを通じて行うことができる。

期限までに資産の移転を行わなかったユーザーは、バックアップ機能を使って移転できる。とはいえ、クロスチェーン機能を有効にした資産だけが可能であることや、リカバリーまでに最大7日間かかること、コマンドライン・プロンプトでのみ提供されることを考えれば、すぐに行ったほうが良い。

関連:メタマスクをBSCに接続する方法|スマホアプリ&PCで解説

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元一般企業会社員。現在はトレーダー兼ライター。
株式やFX、仮想通貨デリバティブ、草コイン、ノード運用と色々やっています。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次