NFTコレクション「咲耶ジェネ」、早押し30秒で完売

CNSAM
目次

NFTコレクション「咲耶ジェネ」、早押し30秒で完売│売上8400万円に

世界初のNFT発TVアニメシリーズ「忍ばない!クリプトニンジャ咲耶」の原案者でクリプトニンジャのファウンダーであるイケハヤ氏は30日、同アニメのNFTである「咲耶ジェネ」が同日に早押し30秒で完売したと発表した。総売上は160ETHで円建てで8400万円ほどになる。

「咲耶ジェネ」は、現在放送中のアニメ「忍ばない!クリプトニンジャ咲耶」のキャラクターを使ったジェネラティブNFTだ。同アニメは3月で放送を終えたが、続編の第3期を検討するにあたり、投資・クラウドファンディングのような目的で販売する。

発行数は2,222点で、うち2,000点が1つ0.08ETH(42,000円)で販売された。一定の条件を満たすことで、確定AL(アローリスト)のほか、早押しAL対象となることで購入が可能であった。早押しでは開始30秒で完売となり、アニメの続編の制作に向け、大きく前進した結果となった。現在はMagic Edenでの購入が可能である。

本日のXでも咲耶ジェネがトレンド入りを果たしており、注目が集まった。

クリプトニンジャについて

原作の「CryptoNinja NFT」はインフルエンサー・イケハヤ氏プロデュースの元、人気イラストレーターのRii2氏によって描かれたNFT作品。「誰もが自由に使えるキャラクター」として、商用利用は原則的に自由となっている。イラスト、ゲーム、絵本、マンガ、小説、グッズ、演劇など、様々なクリエイター、企業が作品を継続的に発表している。

現在、発表された作品のNFT流通総額は15000ETH(日本円で37億円以上)にのぼり、作品コミュニティ(DAO)に既に5万人以上のファンとクリエイターが集い日々二次創作が行われている、国内でもっとも活発なNFTプロジェクトである。

関連:クリプトニンジャ咲耶のNFT、申込総額2億円を突破
関連:TVアニメ「クリプトニンジャ咲耶」、10月3日より放送

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

目次