利上げ予想を受けビットコインETFへの資金流入が加速=Coinshares

目次

ビットコイン価格が金利予想に再び連動し始めている模様

資産運用会社「Coinshares(コインシェアーズ)」によると、先週(5月13~19日)は全世界の主要な暗号資産(仮想通貨)投資商品は9.3億米ドル(約1,451億円)の純資金流入となった。15日に発表された米消費者物価指数(CPI)の結果を受け、投資家の間で米中央銀行が利上げを行うとの見方が強まったためのようだ。

欧州の仮想通貨運用会社コインシェアーズの週報によると、ブラックロックやフィデリティ、グレースケール、プロシェアース、21シェアーズなどの資産運用会社の仮想通貨投資商品(ETF含む)は、9.3億米ドル(約1,451億円)の純資金流入となった。

資金流入はCPIの結果に即座に反応したもので、週の後半3取引日の流入が全体の89%を占めた。

国・地域別の資金フロー
出典:coinshares
プロバイダー別の資金フロー
出典:coinshares

米国が優勢で、先週は10億米ドル(約1,560億円)の資金流入があった。珍しいことに1月のETFローンチ以来166億米ドル(約2.5兆円)の資金流出に見舞われていたグレイスケールにも、初めて総額1800万米ドル(約28億円)の小口の資金流入があった。

スイスとドイツにもそれぞれ2,700万米ドル(約42億円)と420万米ドル(約6.5億円)の小口の資金流入があったが、香港とカナダにはそれぞれ8,300万米ドル(約129億円)と1700万米ドル(約26億円)の資金流出があった。

銘柄別のフロー
出典:coinshares

ビットコインは1.4億米ドル(約219億円)の資金流入を記録し、1ヶ月ぶりにネットキャッシュフローがプラスとなった。

ビットコインは9.4億米ドル(約146億円)の資金流入があり、ビットコインをショートする商品への流入はなく、投資家のが向きな見通しを持っていることが推察できる。イーサリアムは米国証券取引委員会(SEC)が現物ETFを却下する見通しであることから流出が続いている。

ブロックチェーン株式は引き続き資金流出に苦しんでおり、今年20週のうち流入したのはわずか6週のみだ。これまで累計5.1億米ドル(約796億円)が流出している。

関連:4月のWeb3ゲームへの投資額、約10億ドルに到達|単月では史上最高額
関連:アービトラムDAO、400億円規模のM&Aファンド設立を検討する提案を可決

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元一般企業会社員。現在はトレーダー兼ライター。
株式やFX、仮想通貨デリバティブ、草コイン、ノード運用と色々やっています。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次