ビットコインETP、年初来の累計流入額が過去最高に=Coinshares

目次

ビットコインの上場取引型金融商品の年初来の累計流入額は、過去最高の149億米ドル(約2.3兆円)に達する

資産運用会社「Coinshares(コインシェアーズ)」によると、先週(5月20~26日)は全世界の主要な暗号資産(仮想通貨)投資商品は10.1億米ドル(約1,583億円)の純資金流入となった。これにより、これまでの累計流入額は年初来最高の149億米ドル(約2.3兆円)となった。

欧州の仮想通貨運用会社コインシェアーズの週報によると、ブラックロックやフィデリティ、グレースケール、プロシェアース、21シェアーズなどの資産運用会社の仮想通貨投資商品(ETF含む)は、10.1億米ドル(約1,583億円)の純資金流入となった。

最近の価格上昇により、仮想通貨の上場取引型金融商品(ETPやETFのこと)全体の運用資産総額(AUM)は985億米ドル(約15兆円)に達した。

国・地域別の資金フロー
出典:coinshares
プロバイダー別の資金フロー
出典:coinshares

地域別では、主に米国に資金が集中し10.3億米ドル(約1,614億円)の資金流入があった。ドイツとスイスにもそれぞれ4,800万米ドル(約75億円)と3,000万米ドル(約47億円)の資金が流入した。残念なことに、4月30日に香港で鳴り物入りで上場したビットコイン現物ETFは、先週さらに2,900万米ドル(約45億円)の資金流出があった。

銘柄別のフロー
出典:coinshares

銘柄別では、ビットコインのETPへの資金流入が大半を占め、先週は10.1億米ドル(約1,580億円)の資金流入があった一方、ビットコインをショートする金融商品は先週も資金流出に見舞われ、最近の価格上昇にもかかわらずセンチメントが幅広くポジティブになっていることが推察できる。

コインシェアーズのリサーチ部門責任者ジェームズ・バターフィル氏によると、これは投資家がFOMC議事録や最近のマクロデータを、緩和的にハト派的(景気刺激に前向きで金融緩和的な政策を支持する傾向がある)と解釈したためと考えられる。

イーサリアムは3月以来の高水準となる3,600万米ドル(約56億円)の資金流入を記録した。

関連:マウントゴックス、1.1兆円相当のビットコインを移動|売却間近か
関連:米国ビットコイン現物ETFは85万BTCを保有し、過去最高を更新

(2024年6月3日 第4パラグラフの誤字・脱字を訂正しました)

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元一般企業会社員。現在はトレーダー兼ライター。
株式やFX、仮想通貨デリバティブ、草コイン、ノード運用と色々やっています。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次