Ledger、新ハードウェア・ウォレット「Ledger Stax」発送開始

目次

「iPodの父」がデザインした、タッチパネル搭載のハードウェア・ウォレットが発送開始

暗号資産(仮想通貨)ウォレットを開発するLedger(レッジャー)社は28日、新しいハードウェア・ウォレット「Ledger Stax(レッジャー・スタックス)」の発送を開始した。同製品は2022年12月に発表され、2023年3月に発売される予定だったが、度重なる遅延の末、約14ヶ月ぶりに予約注文者への出荷が開始された。

関連:Ledger社、新型ハードウォレット「Ledger Stax」発表

いよいよ、世界初の安全なタッチスクリーンを搭載した当社の最新デバイス、Ledger Stax の出荷が本日開始されます。 Ledger Stax の出荷までになぜこれほど時間がかかったのでしょうか? このドキュメンタリーでは、この初めての製品のストーリーを詳しく掘り下げます。・・・

Ledger Staxは、仮想通貨とNFTを明瞭かつ快適に毎日使用するために作られたハードウェア・ウォレットだ。iPodの発明者で「iPodの父」と呼ばれるトニー・ファデル氏がデザインした。

Ledger stax
出典:公式

世界初の手のひらサイズの曲面E Inkタッチスクリーンを採用したことで、安心して取引内容を確認、理解し、署名することができる。またクレジットカードを5枚重ねたほどのサイズの中に、セキュア・エレメント・チップとLedger独自のOSを搭載しており、妥協のないセキュリティとなっている。

ワイヤレス充電に対応しており、充電ケーブルを持ち歩く必要はない。またBluetoothに対応しており、Ledger Liveアプリを使っていつでも資産を安全に管理できる。

14ヶ月もの遅延の理由について、本製品の特徴である世界初の曲面タッチスクリーンの大量生産に予想以上に時間がかかったためだという。

関連:Ledgerとは?Nano S PlusとNano X、Staxを徹底比較
関連:Ledger nano Xの使い方ガイド|初期設定から注意点まで完全解説

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元一般企業会社員。現在はトレーダー兼ライター。
株式やFX、仮想通貨デリバティブ、草コイン、ノード運用と色々やっています。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次