仮想通貨ファンドから約80億円が流出|ETF承認の遅さに失望か

目次

現物ビットコインETFの承認がカギか

資産運用会社「Coinshares」によると、先週は世界中の主要なデジタル資産投資商品から、総額約5500万ドル(約80億円)が流出した。暗号資産(仮想通貨)の暴落とSECの現物ビットコインETF承認を巡る地合いの悪さの影響を受けたとみられる。

欧州のデジタル資産運用会社コインシェアーズの週報によると、GrayscaleやBitwise、ProSharesなどの資産運用会社の仮想通貨投資商品は、先々週の2,850万ドル(約41億円)の資金流入から反転し、先週は5500万ドル(約80億円)の資金流出となった。

世界中のデジタル資産を扱うETP(Exchange Traded Products:上場取引型金融商品)の運用資産総額(AuM)と累積流入額(Cumulative flows)
出典:Coinshares

これは、米国証券取引委員会(SEC)によるアメリカの現物ビットコインETFの認可決定が差し迫ったものではないことを、先週メディアが強調したことによると考えられる。また、先週の仮想通貨の下落により、資産運用総額(AuM)は10%減少した。

関連:ビットコインETFの申請増でビットコイン価格が3万ドルまで上昇

関連:米裁判所、XRPの市場売買を投資契約と認めず|XRPが60%急騰|

先週はビットコイン商品から総額4,200万ドル(約61億円)の流出が見られ、先々週の流入額を上回った一方、ビットコインをショートする商品は17週連続で資金流出となった。

イーサリアムやポリゴンなどのアルトコインも総額1100万ドル(約16億円)資金流出している。

たった一つ、XRPのみこの傾向に逆行し、17週連続流入が続き、その額は1200万ドル(約17億円)に達した。

地域別では、主にカナダとドイツから資金流出しており、それぞれ、3600万ドル(約52億円)と1100万ドル(約16億円)の流出が見られた。ただし、スイスのみこの傾向に逆行し、総額350万ドル(約5.1億円)の流入となった。

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元一般企業会社員。現在はトレーダー兼ライター。
株式やFX、仮想通貨デリバティブ、草コイン、ノード運用と色々やっています。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次