De.Fi 2.0、1700応募から選ばれたプロジェクトのローンチパッド開催

defi2.0ローンチパッド開催
目次

De.Fi 2.0、1700の応募から選出されたプロジェクトのローンチパッドを開催

暗号資産(仮想通貨)のステーキングやスワップ、トークンの監査など、あらゆる仮想通貨取引に対応したスーパーDappsを開発するプロジェクト「De.Fi.2.0」は22日、初のローンチパッドを開催すると発表した。

ローンチパッドとは、新しい暗号資産が公式に上場される前に低価格で購入できるイベントのこと

De.Fiホルダーの皆さん。DeFi Acceleratorで初めて行われる歴史的なローンチパッドに参加する準備はできましたか?私たちは1,700もの応募の中から、最高のプロジェクトを選びました。$DEFIトークンをステーキングし、早期アクセスの権利を手に入れてください。

De.Fi.2.0によるローンチパッドの1stステージ(4月29日開始予定)で割り当てられているトークンは20万ドル相当。有力なプロジェクトには1,000万ドル以上の資金が集まることも珍しくないという点を考えると、20万ドルという割り当ては少ない部類と言える。

1700ものプロジェクトから選ばれた最高の銘柄だということを考えると、競争率が高くなるのは間違いないだろう。

De.Fi.2.0の発表を受けてDIFIトークンの価格も強く反応し、一時は100%以上もの上昇を記録。今回のローンチパッドに対する投資家達からの期待の高さが伺える。DIFIトークンはすでに6つの大手取引所に上場されており、今後は世界最大手「Binance(バイナンス)」への上場も視野に入れている。

De.Fi.2.0ローンチパッドの参加方法

ローンチパッドに参加するにはDIFIトークンをDe.fi.2.0のプラットフォームでステーキングする必要がある。

DIFIトークンをステーキングする手順について簡単に解説しよう。

  • De.fi.2.0にアクセスし、左側メニューの「SWAP」で任意のトークンと$DEFIを交換する
  • 左側メニューの「Defi Token」をクリックし、プラットフォームに表示されている「Stake」を選択する
  • ステーキングの期間(最大4年)、ステーキングする$DEFIの数量を指定する
  • 下部にある「Stake」をクリックし、ガス代を支払ったら取引成立

ステーキング期間中はトークンの引き出しが一切できない点には注意が必要だ。売買差益も得たいと考えるならばステーキング期間は短い方がいいかもしれない。一方、ステーキング数量が多く、期間が長いほどローンチパッドの割り当ても多くなると考えられる。

予算と目的に合わせてステーキング期間・数量を調整することが重要だ。

関連Bitgetのローンチパッドとは?特徴や参加方法を解説
関連Bybitのローンチパッドとは?参加方法や注意点を徹底解説

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

JinaCoin編集部です。JinaCoinは、株式会社jaybeが運営する仮想通貨情報専門メディアです。
正確性・信頼性・独立性を担保するため編集ガイドラインに沿って、コンテンツ制作を行なっています。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次