Poloniexハッキング被害|約190億円相当の資産が盗まれる

目次

仮想通貨長者の取引所、今年2度目のハッキング被害

暗号資産(仮想通貨)取引所「Poloniex(ポロニエックス)」が10日、ハッキングを受け現在までに推定1.25億ドル(約190億円)相当の仮想通貨が盗まれた。

@Poloniexハッキングによる推定損失額は約 1 億 2,500 万ドルで、主に 3 つのチェーン: 5,600 万ドル (ETH)、4,800 万ドル (TRX)、1,800 万ドル (BTC) で発生します。

ブロックチェーンセキュリティ企業のペックシールドによると、ハッキングされたのは同取引所のホットウォレットで、主にビットコインやイーサリアム、トロンなどの合計1.25億ドル(約190億円)相当の仮想通貨が盗まれた。

ハッカーは、現在も資金洗浄(マネーロンダリング)を続けている。

関連:マイニングプールが新しいマネーロンダリング手法に

同取引所の実質的所有者とされる仮想通貨長者でレイヤー1ブロックチェーン「トロン」の創設者であるジャスティン・サン氏は、事件を受けX上でハッカーに対し、「5%のバグバウンティをあげるから、資金を返還してくれ。7日以内に返してくれなければ法的措置をとる」と呼びかけた。

Poloniex ハッカーに 5% のホワイト ハット報奨金を提供します。以下のETH/TRX/BTCウォレットに資金を返金してください。法執行機関に介入する前に、この提案を検討するために 7 日間の猶予を与えます。

また「Poloniexチームはハッカーのアドレスに関連する資産の一部を特定し、凍結することに成功した。現時点で損失は管理可能な範囲内にあり、Poloniexの営業収益でこれらの損失をカバーできる」と同氏は述べた。

サン氏が運営するもう一つの仮想通貨取引所「HTX(旧Huobi)」もまた、今年9月にハッキングを受け資産が流出しており、現在までに資金回収はできていない。

関連:HTX(旧Huobi)ハッキング|約1.1億円が盗まれる

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元一般企業会社員。現在はトレーダー兼ライター。
株式やFX、仮想通貨デリバティブ、草コイン、ノード運用と色々やっています。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次