Taiko、ガバナンストークン発行とエアドロップの詳細を発表

目次

イーサリアムのレイヤー2「Taiko」、ついに独自トークンを発行し、エアドロップを発表

イーサリアムのレイヤー2「Taiko(タイコ)」は23日、ガバナンストークン「TKO」の発行とエアドロップの詳細を発表した。エアドロップの対象者は、ブロック提案、ブロック証明、テストネットとのやり取り、Galxeキャンペーンへの参加、特定のGithubへの貢献、およびイーサリアムとTaikoの両方で取引を行ったイーサリアムICO参加者だ。

親愛なるコミュニティの皆様、
待ちに待った瞬間がやってきました: Taiko トークンのエアドロップがここにあります! 🪂
エアドロップの資格を確認してください: https://claim.taiko.xyz 。
1/

発表されたガバナンストークンのティッカーシンボルは「TKO」で、総供給量は10億TKOとなっている。このうちエアドロップ・シーズンのフェーズ1への割当は5%となっている。「フェーズ1」との記載があるため、今後フェーズ2や3が開催される可能性がある。

エアドロップはTaikoのL2メインネットローンチ後、間もなく開始される。エアドロップを請求できるのは1ヶ月間だけなので注意が必要だ。

10億TKOの配分
出典:公式ページ

Taikoは、複数回の資金調達ラウンドで合計3,700万ドル(約55億円)を調達しており、多くの投資家から期待されているプロジェクトだ。

関連:イーサリアムレイヤー2「Taiko」、総額55億円の資金調達に成功

Taikoはイーサリアムのレイヤ-2の中でも数少ない「タイプ1」と呼ばれるZK-EVMを開発している。タイプ1は、イーサリアムと完全な互換性を持つため、イーサリアム上の開発者はコントラクトの変更や、それに伴う監査費用などのコストをかけずにTaikoへコントラクトを移行することができ、手数料の削減やトランザクションの高速化を実現することができる。

関連:【2024年最新】仮想通貨エアドロップ一覧|やり方や受け取り方も解説

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元一般企業会社員。現在はトレーダー兼ライター。
株式やFX、仮想通貨デリバティブ、草コイン、ノード運用と色々やっています。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次