IDOL3.0 PROJECT、合格者11人で「WHITE SCORPION」結成

WHITE SCORPION
目次

秋元康氏プロデュース「IDOL3.0 PROJECT(アイドル3.0プロジェクト)」合格者11人で「WHITE SCORPION(ホワイトスコーピオン)」を結成

秋元康氏が総合プロデュースを務める新アイドルグループプロジェクト「IDOL3.0 PROJECT(アイドル3.0プロジェクト)」は7日、最終合格者発表イベントを都内で行い、11人からなる「WHITE SCORPION(ホワイトスコーピオン)」が誕生したと発表した。

IDOL3.0 PROJECTは、Web3時代に合わせたアイドル活動を目指してスタートしたプロジェクトである。

リアルでのアイドル活動にメタバースやNFTなどを活用していくことが特徴的なプロジェクトであり、NIDTと呼ばれる仮想通貨を使って、ファンは投げ銭や投票などを行える。

今回のデビューメンバーの最終選考はNIDTを持っているファンの投票で決まった。また、NIDTの保有数によっては、投票権やプロデュース参加権などを得られる。ライブに行ったり、SNSで宣伝したりすると推し活ポイントが貯まっていき、ランクが上がっていくシステムである。

今春から行われてきた複数段階のオーディションを経て応募総数約1万人から、29名の候補者が残り、7日のイベントではデビューするグループの名前や最終合格者11名が明らかになった。またデビュー日は、12月7日に決定した。

このプロジェクトのコンセプトは、「アイドルをアップデートする」であり、新しい技術の活用や海外進出なども視野に入れている。

また、退職金制度や進路サポートなど、アイドルに対するサポートが手厚いのも特徴である。

これから人気になるにつれて、NIDTの価格が上がっていき、メンバーやファンに還元されていく予定とのことだ。

「IDOL3.0 PROJECT」とは

「IDOL3.0 PROJECT」はエンタテインメントコンテンツの企画、制作および開発を担う株式会社オーバースによるプロジェクトである。運営はキングレコード株式会社をはじめ、AKB48、乃木坂46、日向坂46、櫻坂46、IZ*ONE、=LOVEといった人気アイドルグループの育成に携わったスタッフが担当する。

このプロジェクトからデビューする新アイドルグループは、コンサートや握手会などのリアルな場と、メタバース空間やそのほかオンライン上などのバーチャルな場の両軸で活動を展開する。

株式会社オーバースが発行する暗号資産「Nippon Idol Token(NIDT)」による資金調達でプロジェクトが進行する。NIDTの保有者にはグループの一部プロデュースや限定イベントへの参加、NFTの獲得などさまざまな権利が付与されるほか、保有状況に応じて「ファンレベル」が上昇する。

従来のアイドルグループと比べ、運営やメンバーと近い距離でグループを応援することができる。また、衣食住や語学スキル、グループ卒業後の進路など、多方面のメンバーサポートが用意されるのもこのプロジェクトの特徴だ。

関連:秋元 康氏プロデュースの仮想通貨「NIDT」、購入者の追加特典を発表
関連:秋元康氏プロデュース、仮想通貨「NIDT」購入申込者の権利を発表

参考文献

IDOL3.0 PROJECT公式X(旧Twitter)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webライター兼仮想通貨ブロガー。JinaCoinでは主に仮想通貨やNFTゲームに関するニュース記事を執筆。
経歴は新潟県出身。一般社員であったが、インフルエンサーのイケハヤ氏のYouTubeをきっかけに仮想通貨に興味を持ち、2020年1BTC価格125万円で0.01BTCを購入し、仮想通貨投資を始める。同時期に「ゆーたかブログ」を開設、NFTや仮想通貨について発信している。オンラインサロンでSEO勉強の傍ら2022年Webライターとしても活動を始め、個人事業主として開業。FP3級保有。現在はFP2級取得を目指し勉強中。
仮想通貨投資活動:現物保有・NFT保有・DeFi運用・エアドロップ活動。好きな銘柄:ビットコイン・イーサリアム
趣味:投資・読書・バスケ

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次