CoinExの先物(レバレッジ)取引の特徴や使い方を解説【スマホ版】

CoinExの先物(レバレッジ)取引
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)は、株式会社jaybeが運営をおこなうWebメディアです。読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


本コンテンツで紹介しているサービスには財務局関東財務局並びに近畿財務局の認可を得て運営されている暗号資産業者が提供するものと認可を受けていない暗号資産業者が含まれています。

【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則り運営をおこなっています】
金融商品取引法
金融商品取引法における広告等規制について
広告等に関するガイドライン

【期間限定】CoinEx × JinaCoinタイアップキャンペーン

当サイト経由でCoinExに新規口座開設を行うと毎日3名に抽選で1,555円相当のバウチャー(ボーナス)に当たるキャンペーンを期間限定で開催しています。さらに、当サイト経由で口座開設を行うと、取引手数料が半永久的に30%OFFになるキャンペーンも同時開催しています。

当サイト限定キャンペーン内容
・毎日3名に抽選で1,555円相当のバウチャー(ボーナス)プレゼント
・取引手数料30%OFF

※毎日の抽選結果は下記CoinEx公式テレグラムで発表されます。
>CoinEx公式テレグラム
※バウチャーは当選してから、約1週間後にCoinEx公式サイトのバウチャーセンターに付与されます。

\ 【当サイト限定】取引手数料30%OFF+毎日抽選で1,555円が当たる/

https://www.coinex.com/register

コンテンツの誤りを送信する

目次

CoinExとは

coinex
名称CoinEx(コインエックス)
設立2017年
取扱銘柄数約670種類以上
レバレッジ最大100倍
取引手数料(現物取引)0.2%
取引手数料(先物取引)メイカー手数料:0.03%
テイカー手数料:0.05%
入金手数料無料
出金手数料銘柄によって異なる
アプリiOS/Android
公式サイトCoinEx
公式Twitter英語版アカウント:CoinEx Global
日本語アカウント:CoinEx Japan

CoinExは2017年に巨大マイニング企業ViaBTCが設立した海外仮想通貨取引所です。設立時は香港を拠点に置いていましたが、現在ではイギリスに拠点を移しています。

ViaBTCは「BTC・BCH・LTC」における、世界の演算能力でトップ3に入る程のマイニング大企業です。

「ブロックチェーンを通して、世界をより良い場所にする」と言うスローガンを掲げており、世界デリバティブ取引ランキング26位にランクインしています。

CoinMarketCap CoinExランキング
引用:CoinMarketCap

この記事では、そんなCoinExの先物取引の特徴から、取引のやり方まで詳しく解説していきます。海外取引所で先物取引を始めたい方は、是非最後まで読み進めてください。

コンテンツの誤りを送信する

CoinExの先物取引(レバレッジ取引)の特徴

CoinExの先物取引(レバレッジ取引)の特徴

CoinExの先物取引の特徴は、以下の3つが挙げられます。

それぞれ解説していきます。

レバレッジは最大100倍まで

レバレッジは最大100倍まで

CoinExの先物取引は、銘柄によって最大100倍までのレバレッジをかけて取引することができます。具体的には、3倍からスタートし、以下の9段階に分かれています。

  • 3倍
  • 5倍
  • 8倍
  • 10倍
  • 15倍
  • 20倍
  • 30倍
  • 50倍
  • 100倍

海外の仮想通貨取引所でも、バイナンスをはじめとしてレバレッジを抑え始める動きが出てきています。そんな中、100倍までのレバレッジをかけられるのは大きな特徴でしょう。ただ、レバレッジ取引は少しの値動きで大きな損害を出す可能性をもった「リスクのある取引」です。

その為、レバレッジ取引を行う際は、しっかりとリスクを把握した上で行うようにしましょう。とはいえ、レバレッジ取引が「資金効率を飛躍的に高めてくれるツールであること」は事実です。トレードに慣れてきた方は低いレバレッジからスタートし、うまくレバレッジ取引を活用していきましょう。

アプリがシンプルで使いやすい

CoinExのアプリは、シンプルなデザインで使いやすいです。実際にCoinExのアプリ画面を見てみると、無駄な要素が少なく見やすいことがわかるはずです。

CoinEx アプリ画面

ただ、IOSアプリ版に関してはまだ日本語対応していません。しかし、androidとPC版では既に日本語対応しているので、今後IOSアプリでも対応することが予想できます。

CETトークンの保有量によって手数料が安くなる

CETトークンの保有量によって手数料が安くなる
名称CoinEx Token
ティッカーシンボルCET
価格約3.7円 ※記事執筆時点
時価総額ランキング631位 ※記事執筆時点
トークン規格CSC

CoinExは独自トークンである「CETトークン」を発行しており、CETの保有量が多ければ多いほど、取引手数料が安くなる仕様です。CETの保有量によってVIPレベルが上がっていき、VIPレベルが一番高くなると「メイカー手数料:0.02%、テイカー手数料:0.04%」まで安くなります。その為、CoinExでの取引機会が多くなってきたら、ある程度CETを保有しておくといいでしょう。

コンテンツの誤りを送信する

CoinExの先物取引手数料

CoinExの先物取引手数料

CoinExの先物取引にかかる手数料は、以下の2種類が挙げられます。

CoinExの先物取引手数料

それぞれ解説していきます。

取引手数料

取引手数料

CoinExの先物取引にかかる手数料は、以下の通りです。

メイカー手数料0.03%
テイカー手数料0.05%

ただ、CoinExでは先程解説した通り、CETの保有量が多いほど手数料が安くなります。CET保有量毎における手数料は、以下の通りです。

スクロールできます
VIPレベルCET保有量メイカー手数料テイカー手数料
VIP 0 (通常)0 〜 1万CET未満0.03%0.05%
VIP 11万CET以上0.028%0.048%
VIP 25万CET以上0.026%0.046%
VIP 320万CET以上0.024%0.044%
VIP 450万CET以上0,022%0.042%
VIP 5100万CET以上0.02%0.04%

ファンディングレート(資金調達率)

ファンディングレート(資金調達率)

ファンディングレート(資金調達率)とは、ポジションを保有している間にかかる手数料のことです。CoinExの場合、世界標準時間で0:00と8:00、16:00(日本時間だと9:00と17:00、01:00)にポジションを保有していると、手数料が発生する仕組みです。ファンディングレートは、以下のようにプラスかマイナスの%で表示され、ポジションによっては支払うだけでなく受け取ることもできます。

上記のファンディングレートがプラスの場合、「ロングポジション」を保有している人から、ショートポジションを保有している人に手数料が支払われます。逆にレートがマイナスの場合は「ショートポジション」を保有している人から、ロングポジションを保有している人に手数料が支払われます。

プラスマイナス
ロング(買い)支払う受け取る
ショート(売り)受け取る支払う

この仕組みがある理由は、先物取引価格と現物価格の乖離を防ぐためです。以下で具体的に解説します。

例)これは仮想通貨に限った話ではありませんが、相場は『買い』注文が増えると価格が上がり、『売り』の注文が増えると価格が下がります。現在のように仮想通貨が右肩上がりの相場では『買い』注文が『売り』注文を大幅に上回っているため価格が上がり続けています。そうなってしまうと、市場のバランスが崩れて現物の価格とFXでの価格に大きな差が出てしまい、市場が決して健康的とは言えない状態になっているのです。

この需要と供給のバランスを整えるために、買い注文(ロング)が多い時はロングを減らすために、ロングのポジションを持っている人から手数料を徴収し、逆に売り注文(ショート)を増やすためにショートのポジションを持っている人に利息を払うようにしてバランスをとろうとします。

その為、現物とは違い保有しているだけで手数料が発生してしまうことがあるので、取引を行う際はしっかりチェックしておきましょう。

コンテンツの誤りを送信する

CoinExで先物取引をする為の前準備

CoinExで先物取引をする為の前準備

CoinExで先物取引をする為には、以下の4つの前準備が必要になります。

順番に解説していきます。

STEP
国内取引所の口座開設&仮想通貨の購入

まずは、CoinExに入金する為に必要な「国内仮想通貨取引所」と「入金用の仮想通貨」を用意していきます。入金用の仮想通貨は、送金手数料が安いXRP(リップル)を活用するといいでしょう。

取引所については、コインチェックかGMOコインをオススメしています。いずれかの取引所で口座開設をし、XRPの購入まで進めて下さい。

おすすめ国内仮想通貨取引所
  • GMOコイン
    GMOコインは手数料の安さ、取扱銘柄の多さなどで定評のある国内取引所です。特に仮想通貨の送金手数料が無料のため、海外仮想通貨取引所やメタマスクなどへの送金におすすめです。
  • コインチェック
    コインチェックは国内最大手の仮想通貨取引所です。手数料無料で仮想通貨売買ができ、仮想通貨の積み立てやレンディングなど豊富なサービスを提供しています。特に扱いやすいスマホアプリの評価が高く、仮想通貨初心者におすすめの国内取引所です。
  • SBI VCトレード
    SBI VCトレードはネット証券大手のSBIグループが運営する国内取引所のため信頼性の高い国内取引所です。入出金、送金手数料などが無料なので海外取引所への送金にもおすすめ。手軽にレンディングなどの投資サービスを利用できるので、預けたまま資産運用も可能です。
  • DMM Bitcoin
    DMM BitcoinはDMMグループが運営する国内取引所。レバレッジ取引に対応する通貨数が豊富な点が特徴です。送金に利用できる通貨数は少ないのですが、送金手数料が無料なので海外取引所への送金でも利用できます。
  • bitFlyer
    bitFlyerは国内最大級のビットコイン取引量を誇る国内取引所です。買い物でビットコインが貯まるクレジットカードや、Tポイントをビットコインに交換できるサービスが豊富な点が特徴です。また、小額から仮想通貨を手数料無料で購入できる点も魅力です。

国内取引所はトラベルルールにより海外業者との送金やり取りができない場合があります
その場合は、メタマスクなどのプライベートウォレットを経由して送金すれば問題ないので、焦らず対応してみてください。

STEP
CoinExの口座開設

次に、CoinExの口座開設です。メールアドレスさえ持っていれば無料で開設できるので、以下から進めてください。

\ 【当サイト限定】取引手数料30%OFF+毎日抽選で1,555円が当たる/

https://www.coinex.com/register

口座開設の手順は以下記事で解説しているので、合わせてどうぞ。

これもう見た?CoinExの安全性と評判は?登録方法や入金・出金方法も解説!

STEP
国内取引所からCoinExに送金

続いて、国内取引所からCoinExにXRPを送金していきます。

まず、CoinExのアプリを開いて「Assets」→「Deposit」→「矢印マーク」の順に、タップしてください。

【CoinEx先物取引前準備】 コインチェックから送金する方法1
STEP

次に、検索欄にXRPと入力してタップします。すると、ウォレットアドレスと宛先タグが表示されるので、コピーしてコインチェックを開きましょう。

【CoinEx先物取引前準備】 コインチェックから送金する方法2
STEP

コインチェックを開いたら「ウォレット」→「XRP」→「送金」の順に進めます。

【CoinEx先物取引前準備】 コインチェックから送金する方法3
STEP

送金画面が表示されるので「追加/編集」→「新規追加」の順にタップ。すると、宛先登録画面が表示されるので、それぞれ以下の通りに入力してください。

通貨:Ripple
宛名:CoinEx
アドレス:CoinExからコピーしたアドレス
宛先タグ:CoinExからコピーした宛先タグ
サービス名:その他
具体的なサービス名:CoinEx
受取人種別:本人への送金
SNS認証コード:認証コード

【CoinEx先物取引前準備】 コインチェックから送金する方法4
STEP

入力が終わったら「追加する」→「×マーク」の順にタップ。元の送金画面に戻るので、それぞれ以下の通りに入力を進めましょう。

送金先:先程追加したCoinExのアドレス
宛先タグ:追加したアドレスを選択すると自動入力されます
送金目的:暗号資産販売所・取引所サービスの利用
送金金額:送金したいXRPの量

【CoinEx先物取引前準備】 コインチェックから送金する方法5
STEP

それぞれの入力が終わったら「次へ」をタップしてください。すると、送金確認画面が表示されるので「2段階認証コード」を入力→「チェックボックス」にチェック→「申込みを確定する」の順に進めれば、送金手続き完了です。

【CoinEx先物取引前準備】 コインチェックから送金する方法6
STEP
現物アカウントから先物アカウントに資金を移動

XRPが着金したら、現物アカウントから先物アカウントに資金を移動していきます。ただ、先物アカウントに移動できるのは「USDT・BTC・ETH」の3種類のみなので、XRPを3種類の内のどれかに交換しましょう。今回はUSDTに交換します。

まず、CoinExのアプリを開いて「Exchange」→Swap欄の「矢印マーク」をタップ→交換元に「XRP」を選択の順に進めて下さい。

【CoinEx先物取引前準備】 CoinExで資金を先物アカウントに移動する手順1
STEP

次に、To欄の「矢印マーク」をタップ→交換先に「USDT」を選択→交換するXRPの量を入力の順に進めます。

【CoinEx先物取引前準備】 CoinExで資金を先物アカウントに移動する手順2
STEP

続いて「Swap」→「Confirm」の順にタップ。これでスワップが完了したので、次にUSDTを先物アカウントに移動させます。先物アカウントへの移動は、まず「Assets」をタップします。

【CoinEx先物取引前準備】 CoinExで資金を先物アカウントに移動する手順3
STEP

Assetsページが開いたら「USDT」をタップ→「Transfer」→「矢印マーク」の順に進めて下さい。

【CoinEx先物取引前準備】 CoinExで資金を先物アカウントに移動する手順4
STEP

次に「Futures Account」をタップ→Amount欄に「移動させるUSDTの金額」を入力→「Transfer」の順に進めれば、USDTの移動完了です。

【CoinEx先物取引前準備】 CoinExで資金を先物アカウントに移動する手順5

コンテンツの誤りを送信する

CoinExの先物取引のやり方

CoinExの先物取引のやり方

では、実際に先物取引のやり方を見ていきましょう。「取引画面」と「取引のやり方」の2つに分けて解説していきます。

取引画面の概要・見方

まずは「取引画面の概要・見方」から。CoinExの先物取引画面は、以下のように表示されます。

【CoinEx先物取引】 取引画面の概要1

上記画像に振った番号毎の機能は、以下の通りです。

  • 取引種類の選択
  • 取引銘柄の選択
  • ロング・ショートの選択
  • レバレッジの選択
  • 注文形式の選択
  • 取引金額の入力欄
  • 現在保有中のポジション
  • ローソク足チャート画面
  • 資金調達率

「①・④・⑤・⑦」については、以下で詳細を解説します。

①取引種類の選択

【CoinEx先物取引】 取引画面の概要2

CoinExの先物取引は「リニア取引」と「インバース取引」の2つが用意されています。それぞれの違いは、以下の通りです。

リニア取引 (Linear Contract)
リニア取引は「USDT」を証拠金として取引を行う方法。100種類以上の銘柄で取引可能。ただ、USDT以外には対応しておらず、USDCなどのステーブルコインは利用できないので覚えておきましょう。

インバース取引 (Inverse)
インバース取引は「BTC」か「ETH」を証拠金として取引する方法のこと。現状、リニア取引に比べて対応ペアは少ないです。

また、CoinExでは有効期限/決済期限がありませんので、つまりは「無期限リニア取引」「無期限インバース取引」ということになります。

④レバレッジの選択

④をタップすると「レバレッジ」と「レバレッジの管理方法」が選択できます。

【CoinEx先物取引】 取引画面の概要3

クロスマージン (Cross)
クロスマージンとは、口座残高全てを使って取引する方法のことです。口座残高をすべて使うので、大きな利益を狙うことができる反面、その分損失も大きくなってしまいます。取引経験が少ない方は、まずは分離マージンから始めてみましょう。

分離マージン (Isolated)
分離マージンは、口座残高の一部を使って取引を行う方法のことです。例えば「口座残高が1,000円あり、その内の500円分だけで取引をしたい」というような場合は、分離マージンで取引を行います。

分離マージンを活用すれば、口座残高の500円にだけレバレッジをかけられるので、仮に損失を出してしまったとしても残りの500円は残ります。その為、クロスマージンに比べて、分離マージンはリスク管理がしやすいと言えるでしょう。

⑤注文形式の選択

【CoinEx先物取引】 取引画面の概要4
  • Limt:指し値注文
  • Market:成行注文
  • Stop-Limt:
    ストップ・リミット注文とは「トリガー価格以上になったらロング」「トリガー価格以下になったらショート」という条件付きの指し値注文のこと。
  • Stop-Market:
    ストップ・マーケット注文とは、トリガー価格に到達すると成行注文が行われる注文方法のことです。

⑧ローソク足チャート画面

【CoinEx先物取引】 取引画面の概要5

⑧をタップすると、ローソク足チャート画面が表示されます。チャート分析を行いたい時は、こちらから確認しましょう。

先物取引のやり方

STEP
先物取引のやり方

CoinExの先物取引のやり方は、まず「Futures」をタップして「レバレッジ・レバレッジの管理方法」を選択→「Confirm」の順に進めてください。

【CoinEx先物取引】 取引のやり方1
STEP

次に「注文形式」を選択。形式選択が終わったら、取引する金額を入力します。

【CoinEx先物取引】 取引のやり方2
STEP

取引金額の入力ができたら「Buy/Long」(もしくはSell/Short)をタップ→「Confirm」の順に進めれば、ポジションを建てられます。ポジションを持つと「Current Position」に表示されるので、確認してみましょう。

【CoinEx先物取引】 取引のやり方3

ポジション終了のやり方

STEP
ポジション終了のやり方

ポジションを終了させる場合は、まず「Current Position」から「Close Position」をタップ→「注文形式」を選択→「決済する数量」の順に進めます。

【CoinEx先物取引】 ポジション終了のやり方1
STEP

次に「Confirm」→「Confirm」の順に進めれば、ポジションの決済完了です。

【CoinEx先物取引】 ポジション終了のやり方2

コンテンツの誤りを送信する

CoinExの先物取引に関するよくある質問

CoinExの先物取引に関するよくある質問

CoinExは日本人が利用しても違法になりませんか?

違法にはなりません。2017年に設立されて以降、利用したことで罰則を受けた人はいませんし、CoinExは世界の中でもトップクラスのマイニング企業が運営しているので、安心・信頼できる取引所と言えます。

iPhone版のアプリはインストールできなかったと思うんですが、改善されたのでしょうか?

記事執筆時点では、既に改善されており、iPhone版のアプリもインストールできるようになっています。

CoinExを使うことのメリット・デメリットを教えてください

CoinExのメリット・デメリットは、以下の通りです。

CoinExを使うメリット
  • 取引所の運営元が巨大マイニングプールViaBTC
  • デザインが見やすく、スマホアプリが使いやすい
  • 日本語対応、日本円でレートも見ることができる
  • KYC無しで取引できる
  • 独自トークンCETが貰える
  • レバレッジ100倍
  • レンディング関係が充実している
  • エアドロップを積極的に実施している
  • 取り扱い銘柄が豊富
  • 手数料が安い
  • BCH建てでトレードできる
CoinExを使うデメリット
  • 日本円の入金ができない
  • サーバーが不安定

「CoinExの安全性と評判は?」の記事で詳しく解説しているので、合わせてご覧ください。

これもう見た?CoinExの安全性と評判は?登録方法や入金・出金方法も解説!

コンテンツの誤りを送信する

まとめ

「CoinExの先物取引の特徴・やり方」について解説しました。レバレッジをかけた先物取引は、大きな利益を上げられる可能性がある分、損失が大きくなる可能性もあります。その為、十分にリスク管理をした上で取引を行うようにしてください。また、CoinExの最新情報は公式Twitterでキャッチアップできるので、フォローして今後の動向を追っておきましょう。

\ 【当サイト限定】取引手数料30%OFF+毎日抽選で1,555円が当たる/

https://www.coinex.com/register

参考文献

コンテンツの誤りを送信する

#CoinEx
#CoinEx先物取引
#コインエックス先物取引

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

JinaCoin編集部です。JinaCoinは、株式会社jaybeが運営する仮想通貨情報専門メディアです。
正確性・信頼性・独立性を担保するため編集ガイドラインに沿って、コンテンツ制作を行なっています。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次