大学におけるメタバースの研究事例と活用事例まとめ

大学におけるメタバースの研究事例と活用事例まとめ
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)では、読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


この記事をざっくり言うと…
  • メタバースの基本概念を理解でき、最新テクノロジーのトレンドが把握できる
  • 各大学の研究事例や活用事例を学ぶことで、教育やビジネス分野における新たな可能性を広げられる
  • 世界中の大学がどのようにメタバースという新しい技術を探求しているのかを知ることで、技術開発の最前線について学べる

メタバースは現代のデジタル技術の最前線であり、世界中の大学で活発に研究されています。この記事では、東京大学をはじめ、マサチューセッツ工科大学やオックスフォード大学など、国内外の大学におけるメタバースの研究事例と活用事例を紹介します。VR、ARなどを組み合わせた革新的な取り組みから、教育や医療、地域活性化まで、これらの大学がどのようにメタバース技術を探求し活用しているかを探ります。

【賞金総額25,000STRK】
Gate.io×Jinacoin限定キャンペーン(~2月25日)
Gate×Jinacoin限定キャンペーン2024/02/22-01

キャンペーン1:【先着300名】新規登録者限定50STRKエアドロップ

  • ボーナス:50STRKエアドロップ(100USDT相当)
         ※先着300名
  • 参加対象:JinaCoin専用リンクから新規登録したユーザー
  • 獲得方法:
    1. JinaCoin専用リンクから新規登録
    2. 100USDT以上の取引を完了
    3. 専用フォームから申し込み
  • 期間:2024年2月22日~2024年2月25日

キャンペーン2:取引量10万USDT達成で取引手数料50%リベート(最大50STRK)

  • ボーナス:取引手数料の50%相当のリベート(最大50STRK)
       ※10,000STRKの報酬プールがなくなり次第終了
  • 参加対象:JinaCoin専用リンクから新規登録または過去に新規登録している既存ユーザー
  • 獲得方法:
    • 期間内に取引量100,000USDTを達成
    • 専用フォームから申し込み
  • 期間:2024年2月22日~2024年2月25日

Gate.io×Jinacoin限定企画として「賞金総額25,000STRKの賞金プールからボーナスを獲得する」キャンペーンを開催しています。

ボーナス獲得方法は2つ。期間は2024年2月22日から2024年2月25日まで!

これからGate.ioに登録する新規ユーザーも既存ユーザーにもチャンスがあるのでぜひ参加してください。

【賞金総額25,000STRK】
Gate.io×Jinacoin限定キャンペーン(~2月25日)

公式サイト:https://www.gate.io

ボーナス獲得方法(右のマークをクリックすると確認できます)
STEP
キャンペーン1:JinaCoin専用リンクから新規登録

キャンペーン1へ参加する新規ユーザーは下記専用リンクから口座開設をしてください。

【賞金総額25,000STRK】
Gate.io×Jinacoin限定キャンペーン(~2月25日)

公式サイト:https://www.gate.io

口座開設方法はこちらの記事で解説しています。

これもう見た?Gate.ioの登録方法|口座開設方法・2段階認証・本人確認まで解説!

STEP
キャンペーン1・キャンペーン2共通:入金し規定取引量をクリア

入金しキャンペーン期間内(2月22日~2月25日)に規定量の取引を完了(決済)します。

規定取引量
  • キャンペーン1:100USDT相当
  • キャンペーン2:100,000USDT相当

Gate.ioへの入金方法、使い方はこちらの記事を参照してください。

これもう見た?Gate.io(ゲート)入金ガイド|やり方や反映時間、トラブル解決法なども徹底解説!

これもう見た?Gate.io(ゲート)クレジットカードでの入金・購入方法を徹底解説!

これもう見た?Gate.ioの使い方・取引方法完全ガイド【スマホアプリ版】

STEP
キャンペーン1・キャンペーン2共通:専用フォームから申し込み

条件を達成後下記リンクから専用フォームにUID(ユーザー番号を)入力し「確認」をクリックすれば申し込みが完了します。

【キャンペーン専用フォームはこちら】

報酬はイベント終了後14営業日以内に当選者のアカウントに入金されます。

UID確認方法

UID(ユーザー番号)はGate.io公式サイトにアクセスし、右上のマークをクリックすると画像のように確認できます。

Gate×Jinacoin限定キャンペーン2024/02/22-02
注意・確認事項(右のマークをクリックすると確認できます)
  • このイベントに参加するには、本人確認を完了する必要があります。
  • メインアカウントのみを使用することができ、サブアカウントでの参加は失格となります。
  • 不正行為または自己取引に従事していることが判明した場合はイベントへの参加および報酬を受け取る資格を失います。
  • 本イベントと他のイベントで同時に報酬を獲得した場合、最高額のもののみを享受することができます。
  • Gate.ioは、本キャンペーンの規約を最終的に解釈する権利を有します。

コンテンツの誤りを送信する

目次

メタバースとは?

メタバースとは?

メタバースは仮想空間での相互作用を指し、現実世界と密接に連携しています。ここでは、メタバースの基本的な定義と特徴を解説します。

メタバースの基本概念

メタバースの基本概念

「メタバース(Metaverse)」とは、インターネット上の仮想空間やデジタル世界を指します。バーチャルリアリティ(VR)や拡張現実(AR)を使ったリアルタイムのエンターテインメントやマーケティングなどをよく目にしますが、VRやARはメタバースのごく一部の活用事例でしかありません。メタバースでは、インターネット上に構築された現実の世界とは異なる3次元のデジタル空間で、他人とのコミュニケーションや経済活動などのさまざまなコンテンツを体験できます。

これもう見た?メタバース(Metaverse/仮想空間)について

メタバースの特徴

メタバースの特徴

デジタル空間において、以下のような特徴をもつメタバースはそれぞれの要素が組み合わさることでユーザーに革新的な体験を提供します。

メタバースの5つの特徴
  • VRやAR技術を活用し、仮想世界に没入する体験ができる
  • ユーザーはアバターを通じて互いに交流できる
  • 常に存在し、リアルタイムで変化し続ける世界
  • 仮想通貨やデジタル商品の取引が可能で、独自の経済システムを持っている
  • エンターテインメント、教育、ビジネスなど、多様な分野での応用が可能

ここ数十年でインターネットは無線を含めて高速化し、10ギガや20ギガといった速度のインタネットサービスを提供する企業も多くなりました。メタバースはインターネットの高速化によって、リアルタイムで世界中の人々がつながることで実現するデジタル空間です。ネット環境さえ整備すれば、一般ユーザーであってもスマホやゴーグルなどの端末を使って簡単にメタバースを体験できます。また、ビットコインをはじめとした仮想通貨(暗号通貨)とも相性が良く、ブロックチェーン技術と組み合わさったことでメタバース内の経済システムが構築されています。

これもう見た?【初心者向け】メタバースの始め方・やり方を図解でわかりやすく解説!

コンテンツの誤りを送信する

日本の大学におけるメタバースの研究事例

日本の大学におけるメタバースの研究事例

以下では、メタバースの特徴と可能性を生かした日本の大学の研究事例を3つ紹介します。

順天堂大学

順天堂大学

順天堂大学は、メタバースを用いた医療サービスを日本IBM(株)と共同で構築・研究しています。2022年4月に「メディカル・メタバース共同研究講座」を設置し、産学連携の取り組みを開始しました。同年11月には、順天堂医院を模した「順天堂バーチャルホスピタル」がWebブラウザ上で誕生しました。順天堂バーチャルホスピタルは、メタバース技術を導入して時間と距離を超えた新たな医療サービスの研究と開発を目的に立ち上がったプロジェクトです。次のような取り組みを予定しています

取り組み内容
  • 臨床現場でのオンライン診断
  • VRやARを活用して来院前に患者や家族が病院を体験できる環境づくり
  • 外出困難な入院患者が仮想空間で家族や友人とコミュニケーションを取れる広場
  • 治療の擬似体験を通して、治療に関する理解や不安の軽減など

また、スマートフォンのメタバース面会アプリ「Medical Meetup」は、患者さんと病院外の方が制限や制約などを乗り越え、実際に対面で会わなくても「ぬくもりのある面会」が実現できるコミュニケーションアプリとして提供されています。

熊本大学

熊本大学

熊本大学院生命科学研究部健康科学講座の大河内彩子教授らの研究グループが、学童年齢の発達障害児の特性を評価するVR教室評価システムを開発しました。VR教室評価システムでは、VR教室が発達障害児の視線やインテロセプション(内受容感覚)、理解の特性を評価するための手段となり得るのかについて、実現可能性を探求するために実施されています。研究の結果として、以下の特性があることが示されました。

研究で判明した特性
  • 発達障害児は教師への注視時間が長いこと
  • クイズや心拍知覚テストで定型発達児より低いスコアを示したこと
  • MAIA(自身の身体感覚への気づきの多次元的アセスメント)の8つの尺度のうち、6つで低いスコアを示したこと

今後は、発達障害児の視線パターンの特性や弱い中枢性統合に配慮した教育やインテロセプションへのアプローチの必要があることを示唆しています。また、VR教室が発達障害児の感覚や認知の特徴を評価し、介入に応用できる可能性が示されました。この研究成果は2023年2月に「Children」という国際学術誌に掲載されています。

また、熊本大学でもユーザーがアバターを操作してオープンキャンパスなどを体験できるインターネット上の仮想空間「バーチャル熊本学園大学」や「メタバース敬愛幼稚園」などを学生が授業の一環として制作し提供しています。

岐阜女子大学

岐阜女子大学

岐阜女子大学は下呂市と提携して、地域のさまざまな分野においてメタバースの利活用の可能性を探る「メタバースに学びの世界を」プロジェクトを2022年7月より3年計画で展開しています。学内には学生主体でメタバースクラブが発足され、「楽しく学べる、学びが広がる、一人ひとりの課題が解決できる」をコンセプトに文系学生がメタバースの利活用について研究しています。2023年1月時点で50人が参加し、企画・制作・検証の3つのグループに分かれ活動しており、大学や下呂温泉旅館などのメタバース化が進められています。

2023年12月2日には下呂交流会館で開催したCNNデジギッズフェスタにて、子供たちにメタバースの下呂温泉の体験会が行われました。他にも、海外の学生とメタバースを利用した交流や関連する研究会へも参加しています。

コンテンツの誤りを送信する

海外の大学におけるメタバースの研究事例

海外の大学におけるメタバースの研究事例

次に、海外の大学の研究事例を2つ紹介します。

スタンフォード大学

スタンフォード大学

スタンフォード大学のVirtual Human Interaction Lab(VHIL)は、VRとARの環境が人間の心理と行動に及ぼす影響を研究しています。研究内容には、Meta社が開発したVRヘッドセット「Oculus Quest 2」を利用した「Virtual People course」(VR講義)やアバターの属性差異と身体感覚の関係などがあります。

また、スタンフォード医学の研究者らはVRを利用して集積症(物を捨てられない障害)の治療を研究しています。この研究では、新しいアプローチとしてVR環境を使って患者が自分の家を仮想的に整理する体験をし、物を捨てる決断を促すことで実際の環境で整理行動に移しやすくなることが期待されており、実際に有効である可能性が示唆されています。

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのImmersive Virtual Environments Laboratoryは、VRやAR、MR(混合現実)に関する最先端の研究をしています。この研究所では、没入型ディスプレイ、ヘッドマウントディスプレイ、タッチ技術など、最先端のバーチャルリアリティ技術を使用しています。研究テーマには下記のようなものがあり、教育や医療、エンターテインメントへの応用可能性の拡大を目指しています。

研究テーマ
  • 没入型学習体験の開発:AR/VR技術を使用して、学生が3Dや360度コンテンツ環境で複雑な概念を探求し理解できるよう支援する方法の研究。
  • 仮想教室:物理的にキャンパスに来れない学生にも教育を提供するための、アクセスしやすく魅力的な仮想教室の開発。
  • メタバース技術とAIの統合:各学生のニーズに合わせたカスタマイズされた授業計画や学習経験の提供を目指し、メタバース技術とAIを統合する研究。
  • スキル転移の促進:リソースの制約により物理的な相互作用が限られる分野において、AIとロボティクスを活用した緊急看護訓練や外科手術手順などのスキル転移を促進する研究。

コンテンツの誤りを送信する

日本の大学におけるメタバースの活用事例

日本の大学におけるメタバースの活用事例

メタバースを活用した日本の大学の事例を4つ紹介します。

東京大学

東京大学

東京大学では、メタバースを利用して新入生オリエンテーションを実施しました。「高校生のための東京大学オープンキャンパス2020」にて「バーチャル東大」が体験できるようになり、新入生はバーチャル空間でキャンパスの雰囲気を体験でき、地理的な制約なく参加が可能になります。バーチャル東大は、東大VRサークル「UT-virtual」の有志メンバーにより制作された東京大学本郷キャンパスのバーチャルワールドです。正門や安田講堂などのエリアがバーチャル化され、誰でもウェブ上で東大を散策できます。

さらに、2022年7月には中高生や社会人向けに「メタバース工学部」というオンライン講座を提供し、メタバース技術に関する教育を推進しています。メタバース工学部は、工学分野におけるダイバーシティ&インクルージョンを基本コンセプトとする新しい学びの舎ならびに工学キャリアに関する情報を提供することを目指しており、年齢やジェンダー、地理に関係なくすべての人が工学や情報を学べる教育システムを産学と連携して構築、活動しています。

羽衣国際大学

羽衣国際大学

羽衣国際大学では、オンライン教育事業を運営するClassmate株式会社と共同でメタバースを活用した国際交流プログラムを実施しています。Classmate株式会社は大阪府に本社を持ち、だれもが留学や海外経験を体験できる世界を独自のメタバース・リアルのサービスで実現する企業です。

国際交流プログラムでは、メタバース空間を利用して学生たちが国際的なコミュニケーションや文化交流の機会を得ています。特に、新型コロナウイルスの影響で2020年以降予定していた海外留学が困難になった学生たちにとっては異文化理解を深めるための貴重な代替手段です。学生たちは、Meta社のバーチャル会議アプリ「Horizon Workrooms」とVRヘッドセット「Meta Quest 2」を使っての語学レッスンや現地の街並みのツアー、現地の大学生とのオンライン交流などを経験しています。

大正大学

大正大学

大正大学では、2021年7月31日にメタバース・プラットフォーム「cluster(クラスター)」内にて「大正大学バーチャルキャンパス(8号館)」を開設し、開設当日はすでに2022年2月に無期限の活動中止をしたバーチャルタレントのキズナアイ(Kizuna AI)がひと夏だけのバーチャル学長として就任しました。大正大学バーチャルキャンパスでは、全国の高校生と大学がコミュニケーションできる場として定期的な交流イベントが開催されています。2023年3月には、大学の授業やプライベートまで在学生が本音を公開するイベントを開催し、「クイズde大正大学」や「キャンパス散歩」などが実施されました。

多摩大学

多摩大学

多摩大学は、2010年6年から経営情報学部のオープンキャンパスに参加が難しい関東圏以外に在住の受験生のためにVRを使った企画「バーチャル多摩大学」を実施しています。参加者はアバターに扮してバーチャル空間に作られたキャンパスを自由に歩き回ったり、受験に関する質問をサポーターにリアルタイムで投げかけたりでき、経営情報学部らしいオープンキャンパスの新しい形を築きました。

ほかにも、「cluster(クラスター)」上で、2022年11月に「昭島市産業まつり」の一企画として「AKISHIMA Water World」を経営情報学部の彩藤ゼミの濱大貴氏(当時4年生)が昭島市産業振興係と共同制作し、昭島市の特色をアピールしました。2023年1月には「バーチャル高尾山からリアル高尾山へ」イベントを同ゼミが開催し、400名の参加者のもとVRと現実の高尾山を結ぶ実証実験が行われました。

コンテンツの誤りを送信する

海外の大学におけるメタバースの活用事例

海外の大学におけるメタバースの活用事例

海外のメタバースの活用事例を4つ紹介します。

マサチューセッツ工科大学

マサチューセッツ工科大学

マサチューセッツ工科大学(MIT)のMIT.nano Immersion Labは、教育、医療、都市計画におけるVR・AR技術とデータとの相互作用に特化した施設です。MIT.nano Immersion Labでは、物理的なものをデジタルに接続する環境をMITの教授や学生、外部のMIT.nanoコンソーシアムメンバーなどに提供しており、没入型環境の創出や人間の動作のキャプチャ、デジタル資産のための3Dスキャニング、空間の360度モデリング、インタラクティブな計算と視覚化など、多様な研究と教育アプリケーションのサポートが可能です。たとえば、機器に関しては研究室外に持ち出しが可能なものもあり、1日あたり5ドルから数十ドルでレンタルできます。

カーネギーメロン大学

カーネギーメロン大学

カーネギーメロン大学では、ロボティクスとAIをメタバースプラットフォームに統合するための先進的な研究をしています。この研究の目的は、ロボティクスの技術と人工知能(AI)の能力を活用して、メタバース内でよりリアルでインタラクティブな体験を実現することです。この研究は、仮想世界での動きや反応を現実に近づけることを目指しており、教育や医療、エンターテインメントなどさまざまな分野に応用できます。

同大学のFuture Interfaces Groupは、2022年にMouth Haptics(口腔触覚:マウス・ハプティクス)と呼ばれるVRヘッドセットに超音波振動子(ultrasonic transducers)を取り付けた技術を公開しています。この技術は、ヘッドセットから唇や歯、舌に向けて超音波を照射し振動を用いて実際に触れているような感覚を生み出せるものです。感覚のデモとして、雨滴や泥の飛び散り、蜘蛛の巣の突き抜け、虫が這う感覚などが作成され、キスへの応用が期待されています。

オックスフォード大学

オックスフォード大学

オックスフォード大学では、医学や教育、歴史分野でARやVR技術を活用した研究が行われています。同大学は2021年12月に英国を代表するヘルスケアカンパニーであるGlaxoSmithKline(GKS)と共同研究所「Oxford-GSK 分子コンピューター医学研究所」を設立し、アルツハイマー病やパーキンソン病などの精神疾患を初期の研究対象として、最先端技術を用いて分子や細胞の構造、機能を可視化し、新たな治療標的や薬剤候補を発見することを目指しています。

シンガポール国立大学

シンガポール国立大学

シンガポール国立大学(NUS)は、医学教育においてAR技術を活用して生の学習効果やモチベーションを向上させることを目的に、以下のような取り組みを行っています。

取り組み内容
  • AR Anatomy:人体解剖学の教育にARを導入したプロジェクトです。学生はスマートフォンやタブレットを使って、実物大の3Dモデルを操作したり、解剖学的な構造や機能を視覚的に学習したりできます。
  • AR CPR:心肺蘇生法(CPR)の教育にARを導入したプロジェクトです。学生はスマートフォンやタブレットを使って、仮想の患者にCPRを実践したり、フィードバックを受けたりできます。
  • AR HMD:頭部装着型ディスプレイ(HMD)を使って、医学的なシミュレーションや臨床的なシナリオを体験できるプロジェクトです。学生はHMDを通して、患者との対話や診断、治療などを疑似的に行ったり、専門家からの指導を受けたりできます。

コンテンツの誤りを送信する

大学におけるメタバースの研究事例と活用事例に関するよくある質問(Q&A)

大学におけるメタバースの研究事例と活用事例に関するよくある質問(Q&A)

最後に、大学におけるメタバースの研究事例と活用事例に関するよくある質問に回答します。

各大学がメタバースの研究に力を入れる理由は何ですか?

大学がメタバースの研究に注力する主な理由は、この技術が教育や医学などの研究に革新をもたらす可能性を持っているからです。メタバースは、大学同士の学術的協力や知識共有を促進し、学生に現実の世界に近い体験を提供することで、より効果的な学習環境を創出します。さらに、メタバースを利用した研究・開発は、新しい技術やアイデアの試験場となり、学術的な発見や革新の加速に寄与しています。このように、メタバースは教育だけでなく、研究開発の分野においても大きな可能性を秘めており、多くの大学がこの分野に力を入れているのです。

メタバースは大学の教育にどのような影響を与えますか?

メタバースを利用した講義は、実際の教室にいるような感覚で授業に参加する機会を提供します。学生は自分のアバターを通じて、世界中の学生と一緒に講義を受けたり、共同でプロジェクトに取り組んだりできます。学生は、学習体験が拡張され、より実践的かつ体験的な学びが可能になります。

学生はメタバースをどのように利用していますか?

学生は、グループディスカッションやプレゼンテーションなどにメタバースを利用しています。また、仮想空間内で行われる国際会議やワークショップに参加し、学術的な知識を深めるとともに、異文化間の交流を経験しています。

コンテンツの誤りを送信する

まとめ

今回は、メタバースについて国内外の大学における主な研究と活用事例を紹介しました。

ポイントをまとめると…
  • メタバースは学生の地理的・金銭的制約を克服し、グローバルなコミュニケーションと学習環境を提供する
  • バーチャル空間で実践的シミュレーションを構築でき、医学や科学などの分野で現実と同じようにスキルを身につけられる
  • 大学と産業をメタバースが結びつけることで、即戦力となる人材の育成や新たなサービスを生み出す

メタバースは教育や医療、エンターテインメント、さらには地域活性化という広い分野で革新的な可能性を示しています。大学と企業が連携することで各分野の知識や人材と組み合わさり、メタバースの開発スピードはさらに加速していくでしょう。メタバースの進化は大学における研究と活用をさらに活発化させ、学問や産業の未来を切り開いていくことが期待されます。

参考文献

コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次