Exness(エクスネス)の口座開設方法完全ガイド|23枚の図解で解説

Exness(エクスネス)の口座開設方法完全ガイド|23枚の図解で解説
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)は、株式会社jaybeが運営をおこなうWebメディアです。読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


本コンテンツで紹介しているサービスには財務局関東財務局並びに近畿財務局の認可を得て運営されている暗号資産業者が提供するものと認可を受けていない暗号資産業者が含まれています。

【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則り運営をおこなっています】
金融商品取引法
金融商品取引法における広告等規制について
広告等に関するガイドライン

この記事をざっくり言うと…
  • 海外FX業者「Exness(エクスネス)」の口座開設は確実でスピーディ!
  • Exnessの口座開設手順を解説
  • Exnessのデモ口座・追加口座開設方法を解説
  • MT4・MT5の準備方法を解説
  • 口座開設に関するQ&A

無制限レバレッジを体験しよう!

Exness公式サイト:https://www.exness.com/ja/

これもう見た?Exnessの安全性と評判は?14の長所と3の短所で海外FX業者エクスネスを丸裸

これもう見た?Exness(エクスネス)のボーナス情報総まとめ!口座開設や入金キャンペーンはある?

これもう見た?ExnessはスキャルピングOK!注意事項や向いている口座、メリデメも解説

コンテンツの誤りを送信する

目次

Exness(エクスネス)の口座開設は4工程で完了!

Exness(エクスネス)の口座開設は4工程で完了!

Exnessは2008年にサービスを開始し、一時期日本にもサービスを提供していました。しかし、諸般の事情より撤退し、2020年に再び日本に向けてサービスを開始した海外FX業者です。

Exnessの特徴は「トレーダーにとって最高の取引環境を提供している」とまとめることができます。

Exnessの特徴
  • セイシェル共和国金融ライセンスを取得
  • レバレッジ2,000倍!条件がそろえばレバレッジ無制限の取引が可能
  • 業界屈指のスプレッドの狭さ
  • ロスカット水準0%、もちろんゼロカットシステム完備
  • スキャルピング・両建てなど一切制限がない
  • 数ドルから入金可能
  • 127種類の通貨ペアを準備
  • ボーナスキャンペーンは一切行わず、取引環境を重視している

このような魅力のあるExnessの口座開設は、次の4工程で進めることができます。

  1. 必要書類の準備
  2. 新規会員登録
  3. 連絡先の認証/個人情報の入力
  4. プロフィールの登録/確認書類の提出・承認

Exnessは上記の口座開設の工程の途中でも取引を始められるのですが、下記のような制限があります

口座開設の進捗状況による取引制限

進捗状況取引制限
「新規口座開設」が完了・マイページへのログインが可能
・デモトレードが可能
「連絡先の認証/個人情報の登録」まで完了入金額は2,000ドルまでに制限
・リアルトレードを始められる
・出金申請は不可
「プロフィールの登録/確認書類の提出・承認」まで完了・すべての制限が無くなる
・出金申請も可能となる

このような制限がありますが、確認書類の準備さえできていればExnessの口座開設は10分程度でできてしまうので、一気に進めた方が後からの面倒は少ないでしょう。

それでは、以下で各工程の詳細を画像を交えながら解説していきます。

①:必要書類の準備

必要書類の準備

Exnessの口座登録で必要な書類は「本人確認書類」「住所確認書類」の2点。

それぞれの確認書類として認められるものは、次のようなものがあります。

本人確認書類

国が発行した顔写真と氏名がはっきり記載されている書類。

パスポート以外は裏表両面の写真が必要。

以下の書類から1点を提出。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • 障害者手帳
  • 外国人登録証
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

住所確認書類

信頼のおける機関が発行した書類。

6か月以内に発行され、住所と有効期限がはっきりと確認できるもの。

以下の書類から1点を提出。

  • クレジットカードの請求書や領収書
  • 銀行の請求書や利用明細書
  • 携帯電話や固定電話の請求書または領収書
  • 住民票の写し
  • 印鑑証明書
  • 納税通知書・納税証明書
  • 住所が印字された健康保険証(有効期限内のもの)

「本人確認書類」と「住所確認書類」はスマホやスキャナで撮影し画像データとしてExnessに提出するのですが、その際次の点に注意して撮影しましょう。

注意点
  • 四隅が画像内にすべて収まっていること
  • 顔写真が鮮明で住所等の文字が鮮明に見えること
  • 光の反射や影が入っていないもの

Exnessの書類確認は他社と比べて厳しく「他社では大丈夫だったのにExnessでは撮り直しだった」は良くあります。

そのため、条件の良い場所でしっかり撮影しておくと良いでしょう。

②:新規会員登録

Exnessの新規会員登録はExnessの公式ホームページから行えます。

Exness公式ホームページトップ

Exnessの公式ホームページにアクセスするとすぐに新規口座開設の入力部分があるので、ここから口座開設を開始します。

入力項目は「居住地」「メールアドレス」「パスワード」の3つ。

居住地:選択項目の中から「Japan(日本)」を選びます。

メールアドレス:メールアドレスは常に使っているアドレスを入力します。メールアドレスは携帯会社のキャリアメールではなくGoogleやYahooのフリーメールが理想です。

パスワード:パスワードは今後Exnessへログインするために常に使うものなので、自分が使いやすいパスワードを記入します。また後から確認できないので必ずメモを取るようにしてください

パスワード作成の際は次のルールがあるので、ルールに従ってパスワードを入力します。

パスワード作成のルール

  • 8~15文字で作成
  • 数字とアルファベット両方を使う
  • アルファベットは大文字と小文字を使う
  • 特殊文字(!@#$%^&*. など) は使えない

最後に「私は納税義務のある米国市民・・・・」にチェックが入っているか確認して「続行」をクリックします。

口座選択画面

次に口座選択画面がポップアップするので「本取引」を選択。

そうすればマイページへ自動で切り替わるので、新規口座登録は完了となります。

ちなみに、この時点で登録したメールアドレスに登録のメールが来ているので、今後ログアウトしてもExness公式ホームページからログインが可能です。

新規口座登録完了メール

③:連絡先の認証・個人情報の入力

新規登録が完了した時点ではまだリアルトレードはできないので、続けて連絡先の認証/個人情報の登録に入ります。

マイページから手続き

連絡先の認証/個人情報の登録はマイページの右上にある「実際に取引する」から開始します。

ここでしなければいけない作業は次の3つになります。

  • メールアドレスの認証
  • 電話番号の認証
  • 個人情報の登録

以下でそれぞれの手順を解説していきます。

メールアドレス認証

メールアドレス認証

「実際に取引する」をクリックすると、この画面に切り替わるので「コードを受信する」をクリック。

認証コード入力

そうするとすぐに、先ほど登録したメールアドレスに6桁の確認コードが送られてくるので、その数字を「メールからの認証コード」部分に入力し「続行」をクリックします。

電話番号の認証

次に携帯電話を手元におき、電話番号の認証に入ります。

電話番号の認証

電話番号の認証では携帯電話の番号を国際電話方式で入力します。

携帯電話番号の国際電話番号形式での入力方法

国際電話方式での入力方法は日本国の番号である「+81」の後に携帯電話番号の最初の「0」を抜いた番号を入力すればOKです。

例えば携帯電話番号が「090-8888-7777」でしたら、最初の0を抜いて「9088887777」と入力するわけです。

確認コードの送信方法については、「SMS」でテキスト形式で受け取っても、「通話」で音声で受け取ってもどちらでも構いません。

入力と選択が終わり「コードを受信する」をクリックと携帯電話に「+1267602555」から確認コードが送られてきます。

電話番号の認証コード

6桁の認証コードを入力すれば電話番号認証は完了となります。

個人情報の登録

個人情報の入力

個人情報の入力は、すべて英語表記で入力しなければいけません。

個人情報の英語表記記入例

項目日本名英語表記
花子Hanako
山田Yamada
生年月日2000年12月1日01日、12月、2001年
住所大阪府郡上市宮前5-8-20 5-8-20 Miyamati,Gunnjyo-shi,Oosaka-fu,Japan

また、登録する名前と住所はこの後提出する確認書類と一致する必要があります

氏名の英語表記はローマ字で入力すれば問題ないですが、海外FXに慣れていない方は住所の英語表記は難しいはずです。

その場合はこちらの無料の住所を英語表記に変換するサイトを使ってみてください。

住所を英語表記に変換するサイト:君に届け!

すべての入力が終わったら「続行」をクリック。

認証完了

この画面に切り替われば個人情報の入力は完了し、2,000ドルまでの入金額制限がありますがリアルトレードを開始できます

④:プロフィールの登録/確認書類の提出・承認

マイページ口座開設手続き続行

プロフィール登録/確認書類の提出・承認は先ほどの個人情報登録が完了した画面で「認証を完了させる」を選ぶか、マイページの「認証を完了させる」から始めることができます。

プロフィール入力

プロフィール入力

プロフィール入力となっていますが、ここでは職業や投資関係のアンケートに選択式で答えていくだけです。

項目は「職業/業種」「FXの取引経験」「口座開設の理由」「年収」「財務総額」「収入・財産の出所」の6つ。

ここで答えたことは口座開設に影響がないので、現状をそのまま入力して問題ありません

各項目すべてを選択したら「続行」を押し、確認書類の提出へ移ります。

確認書類の提出

登録した名前を確認

確認書類の提出では、最初に「登録した名前の確認」画面が表示されるので、英語表記の名前が間違っていないか確認し、「書類をアップロード」をクリックします。

そうすると最初は本人確認書類の提出から開始となります。

本人確認書類の提出:

本人確認書類の選択

本人確認書類の提出では最初に「身分証の種類」を選択します。

種類の選択では先ほど紹介した「本人確認書類となるもの」を次のように分類して選択します。

身分証の種類身分証として認められる書類
パスポートパスポート
運転免許証運転免許証
国民IDカードマイナンバーカード
住民基本台帳カード
障害者手帳
永住許可外国人登録証
在留カード
特別永住者証明書
本人確認書類のアップロード

「身分証の種類」を選択すると画像のように写真のアップロードが表示されるので、「ドキュメントをアップロードします」をクリックし、準備した写真を選択してアップロード。「書類を送信」をクリックします。

住所確認書類の提出:

住所確認書類の提出

住所確認書類は特に選択項目がないので、準備した書類をアップロードし「書類を送信」をクリックすればOKです。

書類の承認

書類認証完了

書類の承認の可否は24時間以内にメールで送られてきます。

書類の承認が完了すれば、画像と同じ内容のメールが送られてくるので、以後、制限なく取引を開始することができます。

口座開設ができたら次は入金作業を行いましょう。

入金方法や出金方法は下記記事で詳しく解説しています。

これもう見た?Exness(エクスネス)入金ガイド|各種入金方法や手数料、着金時間などを徹底解説

これもう見た?Exness(エクスネス)出金ガイド|各種出金方法や手数料、着金時間など徹底解説

コンテンツの誤りを送信する

Exness(エクスネス)のデモ口座・追加口座開設方法

Exness(エクスネス)のデモ口座・追加口座開設方法

Exnessは新規口座開設の際は口座タイプを選べず、自動的にMT5のスタンダード口座が作られるため、マイページで自分の使いたい口座を作る必要があります。

そこで、この章では各口座タイプを紹介するとともに、デモ口座・追加口座の開設方法を解説していきます。

Exnessの口座タイプ

Exnessの口座タイプ

Exnessは4種類の口座タイプを準備しており、各口座の特徴は次のようになっています。

口座名スタンダード口座ロースプレッド口座ゼロ口座プロ口座
最大レバレッジ2,000倍(条件クリアで無制限)
スプレッド(USD/JPY)1.1Pips0.0Pips0.0~0.1Pips0.7Pips
取引手数料無料片道3.5ドル片道3.5ドル~無料
最低入金額100円10万円
最大取引量7:00~20:59:200Lot

21:00~6:59:20Lot

最大ポジション数無制限

Exnessの口座は10万円の最低入金額をクリアできるのならば、「スタンダード口座」以外を使ったほうが取引条件が良いのですが、スタンダード口座でも十分狭いスプレッドで取引できる環境をそろえています。

また、各口座ごとにデモトレードを準備しているので、デモトレードで口座ごとの特徴が自分の取引にあっているのか確かめても良いでしょう。

デモ口座・追加口座の開設方法

マイページ新規口座開設

デモ口座・追加口座はマイページの「新規口座開設」から作ることができます。

口座タイプ選択

「新規口座開設」をクリックすると各口座タイプの選択画面になるので、「新しく作りたい口座タイプ」と「本取引口座」「デモ口座」どちらかを選択します。

口座詳細を設定

次に口座の詳細を設定します。

  • 口座タイプ:ここでも「デモ口座」か「本取引口座」なのかを選べます。
  • 取引プラットフォーム:MT4・MT5の選択
  • 最大レバレッジ:2倍、50倍、100倍、200倍、600倍、1,000倍、2,000倍から選択(無制限は条件がそろえば選択可能)
  • 通貨:取引通貨を選択(特にこだわりがなければJPY(日本円)を選択)
  • 口座パスワード:MT4・MT5にログインするときに使うパスワード

(このほかにデモ口座の場合は初期残高を設定)

パスワードについては、設定後の確認方法が無いので必ずメモを取っておきましょう。(パスワードを忘れた場合は再設定が可能です)

上記事項を設定後「口座開設」をクリックすれば即時新しい口座が開設されます。

ちなみに、Exnessは追加口座を100口座まで開設できるので、色々試して自分に合った口座タイプを探しても良いかもしれません。

Exness(エクスネス)の口座開設後の取引準備(MT4・MT5の準備)

Exness(エクスネス)の口座開設後の取引準備(MT4・MT5の準備)

Exnessは口座ごとに取引プラットフォームを選ぶ方式なので、MT4とMT5のどちらを使うか迷ってしまうのではないでしょうか。

基本的にMT5はMT4の上位機種となるため下記の表のように基本性能はMT5の方が上です。

MT4・MT5の比較表

プラットフォームMT4MT5
時間軸の種類9種類21種類
標準インジケーターの種類30種類38種類
動作・約定スピード遅め早い
EA・カスタムインジケーターの種類多い少ない

しかし、MT4の愛好家が多く、EAやカスタムインジケーターを製作する有志もMT4が圧倒的に多いため、中々MT5が復旧しないのが現状と言えます。

動作スピードなどはMT5が優れているので、裁量トレード中心ならばMT5を選び、EAなどを中心ならばMT4と言う選択肢も1つでしょう

ExnessのMT4・MT5は公式ホームページから入手します。

MT4・MT5ダウンロード

Exness公式ホームページの上部分にある「ツール&サービス」にカーソルを持っていき、MT5もしくはMT4を選択するとダウンロードできます。

ダウンロード後はダウンロードしたアイコンをクリックすれば自動的にインストールが始まるので、後は画面の指示に従えば、MT4・MT5が自動で立ち上がります。

MT4・MT5の口座情報の確認方法

MT4・MT5が起動後、ログイン情報を入力しなければいけないわけですが、ログイン情報はマイページで確認しておく必要があります

MT4・MT5ログイン情報

マイページのログインしたい口座の「歯車マーク(設定)」から「口座情報」を選択。

口座情報

そうすると画像のように「口座情報」がポップアップするので、「サーバー」と「MT4(MT5)ログイン」の情報をMT4(MT5)のログイン画面に入力します。

パスワードについては、ログインしたい口座を開設したときのパスワードになり、セキュリティの関係から確認することができません。

もし、パスワードを忘れてしまった場合は、口座の「歯車マーク」から「取引パスワードの変更」を選び、パスワードを再設定する必要があります。

Excess(エクスネス)の口座開設に関するQ&A

Excess(エクスネス)の口座開設に関するQ&A

新規口座開設ではレバレッジ無制限は選べないのですか?

Exnessの特徴の1つであるレバレッジ無制限は新規口座開設直後は選べません。

レバレッジ無制限を選択できるようになるのは次の条件をクリアする必要があります。

レバレッジ無制限の選択可能条件

  • 口座残高が1,000ドル以下(約10万円以下)
  • 本取引口座の合計通り引き量が5lot以上
  • 本取引口座で10ポジション以上を決済

レバレッジ無制限は大きなチャンスでもありますが、同時に大きなリスクのある取引です。

無理のない計画的な使用をおすすめします。

これもう見た?Exness(エクスネス)レバレッジ無制限とは?制限や設定方法、注意点を徹底解説

スマホでも口座開設は可能ですか?

可能です。

スマホでの新規口座開設は、この記事で紹介した手順と一緒なので参考にしてください。

Exnessは口座開設ボーナスはありますか?

Exnessはボーンスキャンペーンを一切行っていないので口座開設ボーナスはありません。

その代わり、トレードしやすい環境を提供している海外FX業者となります。

これもう見た?Exness(エクスネス)のボーナス情報総まとめ!口座開設や入金キャンペーンはある?

これもう見た?海外FXの口座開設ボーナスがあるおすすめ業者9選!キャンペーン比較

学生でも口座開設できますか?

Exnessは18歳以上であれば、職業に関わらず口座開設可能です。

20歳以下でも保護者の同意などは必要ありません。

口座開設費用はかかりますか?

口座は無料で開設可能です。

また、口座維持費なども一切かからないので追加口座を作っても安心です。

Exness(エクスネス)口座開設まとめ

Exnessの口座開設は認証作業など少し手間はかかりますが、わかりやすくスピーディーにおこなうことができます。

ですが、確認書類の承認は他社より厳しいので鮮明な画像を準備してください。

「狭いスプレッド」「レバレッジ無制限」「ロスカット水準0%」「少ない取引制限」など、取引しやすい環境をExnessは提供しています。

ボーナスはないですが、長い目で見ればExnessの仕様はトレーダーにとってプラスといっていいでしょう。

是非、この記事を参考にExnessの口座を開設して、素晴らしい取引環境を堪能してみてください。

無制限レバレッジを体験しよう!

Exness公式サイト:https://www.exness.com/ja/

これもう見た?Exnessの安全性と評判は?14の長所と3の短所で海外FX業者エクスネスを丸裸

これもう見た?Exness(エクスネス)のボーナス情報総まとめ!口座開設や入金キャンペーンはある?

これもう見た?Exness(エクスネス)入金ガイド|各種入金方法や手数料、着金時間などを徹底解説

コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

JinaCoin編集部です。JinaCoinは、株式会社jaybeが運営する仮想通貨情報専門メディアです。
正確性・信頼性・独立性を担保するため編集ガイドラインに沿って、コンテンツ制作を行なっています。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次