ファントークン『ARG』、アルゼンチン敗北で30%下落

目次

ファントークンARG、アルゼンチン敗北で30%近く下落

ブロックチェーン上の取引分析を専門としているLookonchain(ルックオンチェーン)によると11月22日、カタール・ワールドカップ(W杯)でアルゼンチンがサウジアラビアに敗北したことで、アルゼンチン サッカー協会のファントークン『ARG』が7.47ドルから5.26ドルに下落し、30%近くダウンしたことが分かった。

この下落によりW杯での勝敗が、関連するファントークンの価格に影響すると言える。

執筆時点ではW杯に参加している国に関連付けられる15のファントークンがあり、またブラジル、ポルトガル、フランス、アルゼンチン、スペイン、イギリスの6ヵ国のファントークンが存在する。

これらのファントークンは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所Biannce(バイナンス)やChiliz(チリーズ)で売買することが可能となっている。

関連Binance(バイナンス)の評判は?メリット・デメリットから評価
関連仮想通貨Chiliz(チリーズ)とは?特徴と仕組み、将来性を解説!ファントークン(CHZ)の可能性と懸念材料を語る

参考

Lookonchain公式ツイッター

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

水澤 誉往のアバター 水澤 誉往 代表取締役/仮想通貨投資家

株式会社jaybe 代表取締役。香川県三豊市出身。2010年4月、株式会社一誠社入社。2011年よりFX取引を開始。2016年3月30日、bitFlyer代表取締役社長・加納裕三氏が出演する動画で仮想通貨に興味を持ち、 1BTC価格47,180円で0.02BTCを購入したことが仮想通貨投資の始まり。2017年11月、仮想通貨投資で身に付けた知識・経験を活かし、自身初のブログ「次男坊の仮想通貨な日」を立ち上げ。2018年4月、JinaCoinの前身である「ジナキャッシュ」開設。2019年10月、収益の安定化に成功し、株式会社一誠社を退職、個人事業主として独立。2020年6月、事業拡大に伴い、株式会社jaybe(法人番号:7470001018079)を創業。
2023年、メディアの名称を「JinaCoin」に変更。月間15万PVを超える仮想通貨情報メディアに成長させる。現在は仮想通貨投資を行う傍ら、仮想通貨の普及活動やマーケットリサーチ等を行なっている。仮想通貨投資活動:現物保有・デリバティブ取引・DeFi運用・エアドロップ活動。好きな銘柄:ビットコイン。著書:海外FXのはじめ方完全ガイド。WEB取材:凄腕FXトレーダーへインタビュ ー!vol.8=TitanFX。趣味:投資全般・SEO・読書

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

ファントークン『ARG』、アルゼンチン敗北で30%下落

ファントークンARG、アルゼンチン敗北で30%近く下落

ブロックチェーン上の取引分析を専門としているLookonchain(ルックオンチェーン)によると11月22日、カタール・ワールドカップ(W杯)でアルゼンチンがサウジアラビアに敗北したことで、アルゼンチン サッカー協会のファントークン『ARG』が7.47ドルから5.26ドルに下落し、30%近くダウンしたことが分かった。

この下落によりW杯での勝敗が、関連するファントークンの価格に影響すると言える。

執筆時点ではW杯に参加している国に関連付けられる15のファントークンがあり、またブラジル、ポルトガル、フランス、アルゼンチン、スペイン、イギリスの6ヵ国のファントークンが存在する。

これらのファントークンは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所Biannce(バイナンス)やChiliz(チリーズ)で売買することが可能となっている。

関連Binance(バイナンス)の評判は?メリット・デメリットから評価
関連仮想通貨Chiliz(チリーズ)とは?特徴と仕組み、将来性を解説!ファントークン(CHZ)の可能性と懸念材料を語る

参考

Lookonchain公式ツイッター

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

水澤 誉往のアバター 水澤 誉往 代表取締役/仮想通貨投資家

株式会社jaybe 代表取締役。香川県三豊市出身。2010年4月、株式会社一誠社入社。2011年よりFX取引を開始。2016年3月30日、bitFlyer代表取締役社長・加納裕三氏が出演する動画で仮想通貨に興味を持ち、 1BTC価格47,180円で0.02BTCを購入したことが仮想通貨投資の始まり。2017年11月、仮想通貨投資で身に付けた知識・経験を活かし、自身初のブログ「次男坊の仮想通貨な日」を立ち上げ。2018年4月、JinaCoinの前身である「ジナキャッシュ」開設。2019年10月、収益の安定化に成功し、株式会社一誠社を退職、個人事業主として独立。2020年6月、事業拡大に伴い、株式会社jaybe(法人番号:7470001018079)を創業。
2023年、メディアの名称を「JinaCoin」に変更。月間15万PVを超える仮想通貨情報メディアに成長させる。現在は仮想通貨投資を行う傍ら、仮想通貨の普及活動やマーケットリサーチ等を行なっている。仮想通貨投資活動:現物保有・デリバティブ取引・DeFi運用・エアドロップ活動。好きな銘柄:ビットコイン。著書:海外FXのはじめ方完全ガイド。WEB取材:凄腕FXトレーダーへインタビュ ー!vol.8=TitanFX。趣味:投資全般・SEO・読書

目次