高級NFTコレクション「BAYC」、約100万ドルで取引される

目次

世界有数の高級NFTコレクション「BAYC」が約100万ドルで取引される

世界有数の高級NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」#232が11月23日、800ETH(927,000ドル相当)で取引された。

これを販売したのはDeepak Thapliya氏であり、購入したのは有名NFTコレクターのKeung氏である。

Deepak Thapliya氏はWeb3.0クラウドソフトウェア企業「Chain」でCEOを務める人物であり、 NFTコレクターとしても有名だ。今年初めに高級NFTコレクション「CryptoPunks」を過去最高額の8,000ETH (当時レートで2,370万ドル相当)で購入し、話題となった。

大手仮想通貨取引所FTXの破産スキャンダルにより現在、仮想通貨市場は冷え込んでいる。同じくNFT市場も下落相場に入り、BAYC NFTに関してもフロアプライスが落ち込んでいた。

その最中で突如として成立した、Bored Ape Yacht Club NFT #232のビッグディールはNFT業界に衝撃を与えた。

BAYC NFTの多くは、ここ数か月でかなりの含み損を抱え、現在のフロアプライスは60ETH(約70,000ドル)となっていた。

しかし今回取引が行われたGolden FurのBAYCはコレクションの中でも希少価値が高いアバターとみなされており、NFTランキングツール「Rarity Tools」によると、10,000体あるBAYC NFTのうち324位にランクされている。

関連:【完全初心者向け】NFTの始め方・買い方を徹底解説【注意点・投資判断の解説あり】
関連:【国内&海外】おすすめNFTマーケットプレイス15選!選び方・使う際の注意点などを徹底解説
関連:ApeCoin(エイプコイン/APE)とは?特徴と将来性、購入できる取引所を解説

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次