Bitget、第1四半期に大幅に成長|先物出来高は210兆円

目次

バイナンスなどを抑え、第1四半期に最も市場シェアを拡大した取引所に

暗号資産(仮想通貨)取引所「Bitget(ビットゲット)」は11日、「2024年第1四半期透明性レポート」を公開し、第1四半期の先物取引高は1.4兆米ドル(約210兆円)、現物取引高は1,600億米ドル(約24兆円)を突破し、それぞれ前年同期比146%増、113%増と大幅な増加となった。

2024年第1四半期の透明性レポートを発表しました。
🚀素晴らしい成長の四半期となり、 $BGBは最高値に達し、スポット取引と先物取引の両方で取引量が 100% 増加しました。🩵皆様のご支援に感謝いたします。
完全なレポートをご覧ください👇

仮想通貨データ分析企業「CCdata」によると、3月、ビットゲットはデリバティブ市場シェアにおいて「Binance(バイナンス)」や「OKX(オーケーエックス)」などの大手取引所を抑え、2.4%と最も成長した取引所となった。これにより2022年12月以来初めて取引高で3番目に大きなデリバティブ取引所となった。

CCdataによると、ビットゲットとバイナンスが市場シェアを伸ばした一方、OKXとBybit(バイビット)は市場シェアを落とした。

ビットゲットはまた、第1四半期だけで186件の仮想通貨を上場し、取り扱い銘柄は750以上、現物取引のペアは820以上に増加した。なかでも「dowihat(WIF)」と「Alitas(ALT)」は1,000%以上という傑出したパフォーマンスをあげ、トレーダーを魅了した。

ビットゲットのプラットフォーム・トークンである「BGB」は第1四半期に80%以上上昇し、2月17日には史上最高値(ATH)を更新した。

データ分析企業「Token Insight」によると、BGBは2023年以降最も432.7%上昇し、最も価格が上昇した取引所トークンとなった。この上昇率はビットコインを上回っている。時価総額の増加率も最大で434%の増加となっている。

関連:Bitgetの評判と安全性は?11個の長所と2つの短所を解説【2024年4月】
関連:Bitget、リオネル・メッシとの提携を発表

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次