イーサリアムL2「Blast」がメインネット立ち上げ|エアドロップはまだ

目次

運用に特化したレイヤー2が本格運用開始、期待のエアドロップはまだ

イーサリアムのレイヤー2「Blast(ブラスト)」は1日、メインネットの立ち上げに成功したと発表した。

関連:【2024年最新】仮想通貨エアドロップ一覧|やり方や受け取り方も解説(ブラスト編あり)

Blast メインネットが稼働中
早期アクセス ユーザーはメインネットにブリッジして、他には存在しない Blast ネイティブ Dapps を使用できます

NFTマーケットプレイス「Blur(ブラー)」の創設者であるティエシュン・ロケール氏によって創設されたブラストは、ユーザーが預けたイーサリアムやステーブルコインを「Lido」や「MakerDAO」で運用し、4~5%の利回りを提供する。

関連:Lido Financeとは?特徴や使い方を解説|イーサリアムのリキッドステーキング

DeFiLlamaのデータによると、2023年11月下旬に始まったアーリーアクセス以降、TVLは2月29日に22.7億ドル(約3,413億円)の高値を付けたが、メインネット立ち上げ後4億ドル(約600億円)の資金が引き出され、現在17.5%減の18.7億ドル(約2,811億円)付近を推移している。

ブラストのTVL
出典:defillama

ブラストはエアドロップを行うことを明言しており、エアドロップの50%は「Blast Points」を貯めたユーザーに、残りの50%は「Blast Gold」としてエコシステム開発者に割り当てられる。ブラストによると、いくつかの開発者は「Blast Gold」をユーザーに全て提供すると約束しているという。

ブラストは2023年11月、大手ベンチャーキャピタル「パラダイム」「スタンダードクリプト」から2,000万ドル(約30億円)の資金調達に成功している。

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次