「Coincheck INO」第1号案件、AL申込み倍率が113.8倍を記録

Coincheck INO
目次

「Coincheck INO(コインチェック)」第1号案件、AL(アローリスト)申込み倍率が113.8倍を記録

国内大手仮想通貨(暗号資産)取引所のコインチェック株式会社は5日、「Coincheck INO」において、ブロックチェーンゲーム「Eternal Crypt – Wizardry BC -(エターナル・クリプト・ウィザードリィ)」初のNFTコレクション「Adventurer Genesis Collection(アドベンチャー・ジェネシス・コレクション)」のAL(アローリスト )の申込みが、販売個数100個に対して申込み総数11,385個と申込み倍率113.8倍を記録したと発表した。

「Adventurer Genesis Collection」の販売は、9月6日20時開始、9月8日20時終了で、AL当選者に先着順で販売予定である。販売価格は1個当たり0.24 ETH(約6万円)である。

ALとは、Allow List(アローリスト)の略であり、NFTを優先的に購入できる権利のことである。事前にALに登録されていると一般販売よりも早いプレセール(事前販売)に参加できたり、一般販売よりも安価でNFTを購入できたりする。

今回Coincheck INOで採用したALは、販売期間中にCoincheck NFT内で先着順でNFTを購入できる権利を有するものになる。

NFTコレクション「Adventurer Genesis Collection」について

「Eternal Crypt – Wizardry BC -」は、ドリコムが保有するIP「Wizardry(ウィザードリィ)」を用いて開発中のブロックチェーンゲームである。シンプルで手軽に遊べるクリッカーゲームとRPGの戦略的なプレイスタイルを掛け合わせたゲームシステムが特徴。ブロックチェーン・NFTといったWeb3領域のテクノロジーを活用し世界中で楽しめるブロックチェーンゲームの提供を目指している。

関連:【2023年最新】おすすめNFTゲームランキング39選|始め方・稼ぎ方も解説

「Coincheck INO」について

INOとは、Initial NFT Offering(イニシャル・エヌエフティ・オファリング)の略称である。「Coincheck INO」は、初めて販売されるNFTコレクションを、当該NFT保有者がプラットフォーム「Coincheck NFT」において販売するものである。

「Coincheck INO」により、アプリダウンロード数で国内暗号資産交換業者No.1であるCoincheckの顧客基盤へのアクセス機会を提供することで、プロジェクト初期から熱量高いコミュニティー形成を支援することを目指している。

関連:コインチェック、法人向けサービス「Coincheck for Business」提供開始

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webライター兼仮想通貨ブロガー。JinaCoinでは主に仮想通貨やNFTゲームに関するニュース記事を執筆。
経歴は新潟県出身。一般社員であったが、インフルエンサーのイケハヤ氏のYouTubeをきっかけに仮想通貨に興味を持ち、2020年1BTC価格125万円で0.01BTCを購入し、仮想通貨投資を始める。同時期に「ゆーたかブログ」を開設、NFTや仮想通貨について発信している。オンラインサロンでSEO勉強の傍ら2022年Webライターとしても活動を始め、個人事業主として開業。FP3級保有。現在はFP2級取得を目指し勉強中。
仮想通貨投資活動:現物保有・NFT保有・DeFi運用・エアドロップ活動。好きな銘柄:ビットコイン・イーサリアム
趣味:投資・読書・バスケ

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次