CFTC、違法なデリバティブを提供したとしてDeFiを一斉摘発

目次

違法なデリバティブをアメリカ人に提供した罪

米商品先物取引委員会(CFTC)は8日、違法なデリバティブ取引を提供したとしてDeFiプラットフォーム「Opyn」「ZeroEx」「Deridex」の運営会社を告発し、罰金及び和解命令を出した。

関連:仮想通貨の分散型取引所DEXとは?初心者にもわかりやすく解説!

本日@CFTCは、違法なデジタル資産デリバティブ取引を提供したとして、3つのDeFiプロトコルの運営者に対して命令を出しました。

Opyn社は、「oSQTH」と呼ばれる仮想通貨デリバティブトークンの取引を提供するイーサリアムベースの分散型取引所(DEX)を開発・提供していた。

Deridex社は、ブロックチェーンベースの仮想通貨取引プロトコル「Deridex Protocol」とウェブサイトを開発・展開し、「永久先物」を提供していた。

ZeroEx社は、ブロックチェーンベースの仮想通貨プロトコル「0x プロトコル」と「Matcha」と呼ばれるフロントエンドアプリケーションを開発、展開し、ビットコインやイーサリアムなどのレバレッジ取引を提供した。

プレスリリースによると、DeridexとOpynは、スワップ執行機関(SEF)または指定契約市場(DCM)としての登録、および先物取引業者(FCM)としての登録を怠り、加えて、FCMに義務付けられている銀行秘密法コンプライアンス・プログラムの一環として顧客識別プログラムを採用しなかった罪で起訴されている。

また、ZeroEx、Opyn、Deridexは、仮想通貨のレバレッジ取引と証拠金付きのリテール商品を違法に提供した罪でも起訴されている。

CFTCは、Opyn、ZeroEx、Deridexに対し、これらの違反行為の停止と、それぞれ25万ドル、20万ドル、10万ドルを罰金の支払いを命じている。いずれもこれらの条件に合意して和解した。

CFTCのイアン・マッギンレー執行部長は、次のように述べた。

「DeFiの運営者たちは、スマートコントラクトによって非合法な取引が合法になるという考えを持っているが、そうではありません」

「DeFiの領域は斬新で、複雑で、進化しているかもしれないが、執行部はそれとともに進化し続け、米国人がデジタル資産デリバティブを取引できるようにする無登録のプラットフォームを運営する者を積極的に追及していく」

関連:デリバティブ特化レイヤー1「Vega Protocol」取引開始

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次