ソラナ基盤のNFT市場「Tensor」トークン、OKXに上場

目次

ソラナ上で最大のNFTマーケットプレイスのネイティブトークン

世界有数の暗号資産(仮想通貨)取引所「OKX(オーケーエックス)」は8日、ソラナベースのNFTマーケットプレイス「Tensor(テンソル)」のネイティブトークン「TNSR」を現物市場への上場を発表した。上場時間は日本時間9日0時15分となっている。

関連:NFT関連の仮想通貨銘柄一覧

新しいスポットリスト📢
$TNSR@tensor_hq#OKXにリストされます。
▶入金: オープン🟢
📈スポット取引: 4月午後3時15分8 ( UTC)

テンソルは、レイヤー1ブロックチェーン「Solana(ソラナ)」上に構築されたプロのNFTトレーダー向けのNFTマーケットプレイスだ。優れたユーザーインターフェイスや深い流動性、リアルタイムのデータ更新、NFT取引用に特別に設計された自動マーケットメイク(AMM)機能などを導入している。

また、ユーザーが最小限の費用でNFTをロングまたはショートできる「プライス・ロック」と呼ばれる独自の機能を提供している。

かつてソラナ上のNFTマーケットプレイスといえば「Magic Eden(マジックエデン)」だったが、テンソルは登場以降その優れたUI・UXによりソラナ上で最大のNFTマーケットプレイスとなった。その勢いから「Solana上のBlur(イーサリアム上の主要NFTマーケットプレイス)」とも称されている。

テンソルはソラナ上で最大のNFTマーケットプレイスだ
出典:flipssidecrypto

ガバナンストークンである「TNSR」は、今年3月13日に発表されたばかりで詳細は明らかになっていない。

テンソル財団の3月13日のツイート

関連:仮想通貨Solana(ソラナ)・SOL(ソル)とは?特徴と将来性を徹底解説

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次