SWIFT、Chainlinkや大手銀行と協力し資産をトークン化

目次

SWIFTとChainlink、BNPパリパなどの大手銀行と実験

国際的な銀行間取引ネットワーク「SWIFT(スイフト)」は31日、ロイズやBNYメロン、BNPパリパなど複数の大手銀行と協力して、レイヤー1ブロックチェーン「Chainlink(チェーンリンク)」を使い、複数のパブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーン間でトークン化された資産の移転する実験に成功したと発表した。

エキサイティングなニュースです!:十数の大手金融機関と協力して、私たちは#Swiftネットワークが複数のパブリックおよびプライベート#blockchains間でトークン化された資産の転送を容易にする方法を示すことに成功しました。

プレスリリースによれば、機関投資家の97%がトークン化は資産運用に革命をもたらし、業界にとってプラスになると考えているが、トークン化された資産が複数のブロックチェーン上で管理されているため、機関投資家や金融機関は複数のブロックチェーンに対応せねばならず運用上の大きな課題とコストが発生すると指摘した。

そこでSWIFTは、シティやBNPパリパ、BNYメロン、ロイズといった大手金融機関と協力し、複数のブロックチェーンを接続する安全でスケーラブルな方法を比較検討し、今回ChainlinkのCCIP(Cross-Chain Interoperability Protocol)を活用した実験を行った。

実験では、同じパブリックブロックチェーン上の2つのウォレット間、異なるパブリックブロックチェーン上の2つのウォレット間、パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーン間で、テスト用のトークン化された資産の移転が行われた。

実験は成功し、複数のブロックチェーンへの単一アクセスポイントを実証し、トークン化された資産を扱う金融機関の課題や投資を大幅に削減することに成功した。

SWIFTのチーフ・イノベーション・オフィサーであるトム・スシャッハ氏は、次のように述べた。

「相互運用性は、断片化が進む中、世界中で価値のシームレスな流れを促進するためにSWIFTで行っている全てのことの中核です。トークン化がその潜在能力を発揮するためには、金融機関は金融エコシステム全体とシームレスに接続できる必要があります。私たちの実験は、既存の安全で信頼できるSWIFTのインフラが、トークン化の発展における大きなハードルを取り除き、その可能性を解き放つ、接続性の中心点を提供できることを明確に証明しました。」

現実世界の資産をトークン化する試みは、莫大な金額の伝統的な金融資産をブロックチェーンに取り込めることもあって、複数のプロジェクトはこの領域に投資を始めている。7月には、Avalanche(アバランチ)が、トークン化された資産の購入に70億円の資金を割り当てると発表した。

関連:アバランチ財団、70億円相当のトークン化資産の購入を発表|普及促進なるか
関連:BOCI、イーサリアム上で香港初のトークン化証券を発行

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次