仮想通貨ファンドへの資金流入が加速|先週の機関投資家の動き

目次

先週は約98億円の資金流入、SOLは今年最も人気

資産運用会社「Coinshares」によると、世界中の主要な暗号資産(仮想通貨)投資商品は4週連続で純流入を記録し、現在運用資産残高は約5兆円にまで成長した。アルトコインのうちSOLの資金流入額は圧倒的で、今年機関投資家に最も人気のあるアルトコインだ。

欧州のデジタル資産運用会社コインシェアーズの週報によると、グレースケールやビットワイズ、21シェアーズなどの資産運用会社の仮想通貨投資商品は、先週6,600万ドル(約98億円)の資金流入となり、直近4週間の流入額は1億7900万ドル(約268億円)に達した。

直近の資金流入は、米国における現物ビットコインETFの承認への期待と関連していると考えられるが、6月のブラックロックの発表の後の最初の資金流入(4週連続で合計8億700万ドル)と比較すると相対的に少なく、今回の投資家の慎重さを示唆している。

仮想通貨別に見てみると、ビットコインが流入の大半を占めており、年初来の流入額を3億1500万ドル(約470億円)に押し上げた。先週初め、価格上昇によりビットコインのショートへの資金流入は2300万ドルに達したが、これらのポジションは大幅に縮小され、週明けの純流入額はわずか170万ドルとなり、空売り筋が自身を失っていることを示唆している。

アルトコインでは、Solana(ソラナ)は依然として強い。先週さらに1550万ドル(約23億円)今年累計の資金流入額は7400万ドル(約11億円、運用資産残高の47%)に達し、これまでのところ今年最も人気のあるアルトコインとなっている。

関連:仮想通貨Solana(ソラナ)・SOL(ソル)とは?特徴と将来性を徹底解説

地域別では、資金流入の90%が欧州からのものであるのに対し、米国とカナダはわずか940万ドルの資金流入にとどまっており、センチメントの乖離が続いていることを示唆している。

関連:7月以来最大の資金流入、SOLは特に強い|先週の機関投資家の動き

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元一般企業会社員。現在はトレーダー兼ライター。
株式やFX、仮想通貨デリバティブ、草コイン、ノード運用と色々やっています。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次