Martian Wallet(マーシャン)とは?特徴や使い方を解説!

Martian Wallet(マーシャン)とは?機能や設定方法、使い方を徹底解説!
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)は、株式会社jaybeが運営をおこなうWebメディアです。読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


この記事をざっくり言うと…
  • AptosのMartian WalletとはAptos専用のWalletのことです。
  • Matianの機能や設定方法について徹底解説!
  • この記事を読むことでMartianへの理解を深め設定ができるようにな

コンテンツの誤りを送信する

目次

Martian Wallet(マーシャン)とは?Aptos専用のWallet(ウォレット)

Martian Wallet(マーシャン)とは?Aptos専用のWallet(ウォレット)

Martianは、Aptosの分散型アプリケーション(DApps)の一つでAptosで利用可能なオンチェーンウォレットを開発しているプロジェクトのことです。

その中の、「Martian Aptos Wallet」はAptosブロックチェーン上に構築されたAptos専用のWalletのことです。Aptos上には様々なWalletのプロジェクトが展開されていますが、MartianはAptos Labsに支援され14万人以上のユーザーを持つ最も有名なWalletです。

Martian(マーシャン)とは火星人という意味で、Walletのコミュニティはみんな火星人という設定のようです。

MartianはAptosにおけるメタマスクのような位置づけになり、現在Google Chrome互換ブラウザの拡張機能として提供されています。

そもそも、Aptosとは何なのかを以下で説明していきます。

Aptosの基本情報

プロジェクト・ブロックチェーン名Aptos(アプトス)
ティッカーシンボルAPT
開発元Aptos Labs
発行上限枚数130,000,000,00APT
時価総額ランキング(2024年1月時点)26位
公式サイトAptos Labs

Aptos(アプトス/APT)とは、Metaの元社員よって共同設立されたAptos Labs(アプトスラボ)と呼ばれるチームが開発している新しいL1(レイヤー1)ブロックチェーンとそれに関するプロジェクトの総称のことです。

レイヤー1ブロックチェーンとは、ビットコインやイーサリアムなどのエコシステムの基盤となるブロックチェーンのことを指しています。

Metaが開発を断念したグローバルステーブルコインプロジェクトLibra(リブラ)の流れを汲むAptosは、350人以上の世界中の開発者によって3年間にもわたる開発期間を経て2022年10月18日にAptosブロックチェーンのメインネットとしてローンチされました。

「元Metaの開発者が作った暗号通貨・ブロックチェーン」として現在、注目を集めており、実際に約500億円もの資金調達を成功させるなど期待値の高いプロジェクトと言えます。

そんなAptosについての詳しい情報はこちらの記事で解説しています。

これもう見た? Aptos(アプトス/APT)とは?|新しいレイヤ1ブロックチェーンの特徴や将来性を徹底解説!

では、具体的にどういった機能や将来性があるのか以下で解説していきます。

Martian(マーシャン)の機能・将来性

Martian(マーシャン)の機能・将来性

Martian(マーシャン)の機能として以下があります。

Martianの機能
  • メタマスクの様に、Aptosに関連する資産の管理やdApp接続時に利用
  • Aptosで基本的なdAppsを構築する
  • Aptosでのトランザクションを簡単に調べることができる
  • ウォレットの作成とインポート
  • テストコインを入金して転送する
  • ウォレットでNFTを表示・ミントできる
  • Web3に関する情報を通知で受け取れる

今のところ挙げられる機能としては上記ですが、まだ開発途中のものもあり、非常に将来性のあるWalletです。

将来性がある理由としては以下が挙げられます。

Martianの将来性
  • 大規模な資金調達に成功
  • 様々なAptosベースのプロトコルとパートナーシップを形成
  • 対応可能なOSを今後更にリリースし拡大予定

2022年10月末にRace Capital主導でFTX VenturesSuperscryptjump CapitalAptos Labsが参加し計300万ドル(約4.3億円)の資金調達に成功しています。

Martian@martian_wallet
1/4 We are excited to announce our $3M pre-seed round led by @RaceCapital with participation from @FTX_Official, @jump_, @superscrypt & @AptosLabs to empower our long term vision of building a safe, futuristic, and friendly wallet to onboard the next billion users onto web3!
(和訳)1/4 @RaceCapitalが主導し、 @FTX_Official@jump_@superscryptおよび@AptosLabsが参加する 300 万ドルのプレシード ラウンドを発表できることを嬉しく思います。 、そしてフレンドリーなウォレットで、次の 10 億人のユーザーを web3 に乗せることができます!
Twitterより

また、マルチチェーン・リキッドステーキングプロトコルStaderなど、様々なAptosベースのプロトコルとパートナーシップを形成しており、今後更に多くの将来性のある機能が実装されていく可能性があります。

Martian Aptos Walletは現在、Google Chromeブラウザの拡張機能として提供されていますが今後、iOS版もリリース予定であり、更なるユーザー数の獲得に繋がる可能性があり、Aptosのメインウォレットとして更に発展をしていく将来性の高いWalletです。

ChromeベースのWeb3.0ブラウザである「Brave」でも同じようにWalletのインストールが可能です。

Braveについて詳しく知りたい方はこちらからを参照してください。

これもう見た仮想通貨BATとは?特徴と将来性、購入できる取引所を仮想通貨歴6年が徹底解説

Martian(マーシャン)で受け取れるエアドロップやNFT

Martian(マーシャン)で受け取れるエアドロップやNFT

現状、Martianで受け取ることのできるエアドロップやNFTは以下の通りです。

受け取れるエアドロップ・NFT
  • Claim the Martian NFT(テストネットNFT)を入手できる

Claim the Martian NFTを入手したい方は、Martian Aptos Walletの導入とWalletアカウント作成済みであることが前提条件ですのでMartianを設定しておきましょう。

NFTはおそらく期間限定であるため早めに受け取っておきましょう。また、エアドロップは100%保証される訳ではないので注意してください。

Walletの設定方法とNFTの受け取り方については次章で解説していきます。

Martian(マーシャン)の使い方【設定方法】

Martian(マーシャン)の設定方法

Martianは今後Aptosのメインウォレットとして使われることが期待されているため、設定しておいて損はありません。

以下でMartian Aptos Wallet設定方法について解説していきます。

Martian Aptos Wallet設定方法

Martian Aptos Wallet設定方法
STEP

Martian Aptos Wallet公式サイトにアクセスし「ブラウザに追加」をクリックします。

STEP

自動的にChrome ウェブストアに移動するので「Chromeに追加」をクリックします。

STEP

「Martian Aptos Wallet」を追加しますか?と表示されるためアクセス権限を確認し問題なければ「拡張機能を追加」をクリックします。

STEP

以下のページになるため「Create a New Wallet(新しいウォレットを作る)」をクリックします。

STEP

パスワード作成画面へと移行するため、任意のパスワードを2回入力します。「Terms of Service(利用規約)」と「Privacy Policy(プライバシーポリシー)」を確認しチェック欄にチェックを入れ、「CONTINUE」をクリックします。

STEP

Recovery Phrase(リカバリーフレーズ)という12個の英単語が表示されるので、スクリーンショットや紙などにメモし忘れないようにしましょう。「CONTINUE」をクリックします。

Recovery Phrase(リカバリーフレーズ)は、ウォレットを完全に復元できるとても重要なフレーズです。Recovery Phrase(リカバリーフレーズ)は運営側もわからないため一回失うと大変です。紛失したり他人に知られないように厳重に管理しましょう。

STEP

設定通知画面へと移行します。気になるサービスの通知を受け取りたい場合は設定しておきましょう。設定後、「CONTINUE」をクリックします。

STEP

最後に一つだけと言う画面に移行します。ここではキーボードのショートカットキーでウォレットを呼び出せることを教えてくれます。確認したら「CONTIUNE」をクリックします。

STEP

以下の画面が表示されたらウォレットの作成完了です。「FINISH」をクリックします。

STEP

URLバー横にあるパズルのピースをクリックしMartian Aptos WalletのピンをオンにするとURLバー横に固定表示されるため、頻回に使う場合は便利です。

これでWalletの作成は完了です。

コンテンツの誤りを送信する

Claim the Martian NFT(テストネットNFT)の入手方法

Claim the Martian NFT(テストネットNFT)の入手方法

Claim the Martian NFTの獲得には、ブラウザ拡張機能Martian Aptos Walletの導入とWallet アカウントの作成が済んでいることが前提なのでまだ設定が済んでいない方は必ず上記説明を参考に設定しておきましょう。

STEP
テスト用のAPT入手

Claim the Martian NFTの獲得の前段階としてテストネットのAPTをFAUCETからウォレットに入金する必要があります。

FAUCETとはテストネットのトークンを無料でもらえるシステムのことです。

既にMartian Aptos Wallet内にTestnetのAPTを保有している方は以下の手順は不要です。

Martian Aptos Walletを起動し、設定したパスワードを入力して「UNLOCK」をクリックします。

STEP

ウォレットのネットワークが「Testnet」になっているかを確認します。

左上の部分が「Aptos Testnet」になっていればOKです。

「Aptos Testnet」になっていなければ左上をクリックをします。

「Aptos Testnet」に切り替えます。

STEP

「AIRDROP」をクリックします。

STEP

APTOS Labsサイトに自動的に移行します。「SIGN IN」をクリックします。

STEP

外部サービス(Discord、Google、GITHUB)のアカウント経由でのサインインとなるため、アカウントをお持ちのいずれかの外部サービスをクリックします。今回は「Google」を選択します。

どのサービスも利用してない方は、いずれかの外部サービスでアカウントを作成する必要があります。

STEP

Googleのアカウント情報へのアクセス要求が表示されるので利用するアカウントを選択しクリックします。

STEP

SING INできたらウォレット接続を行っていきます。「CONNECT WALLET」をクリックします。

STEP

Aptosに対応した以下のウォレットが表示されるため「MARTIAN WALLET」をクリックします。

STEP

自動的にMartian Aptos Walletに移行します。承認要求として以下の画面となるため要求内容を確認し、問題なければ「APPROVE」をクリックします。

STEP

「ACTIVATE FAUCET」をクリックします。

STEP

「Tesenet APT token have been minted and are now available in your wallet」と表示されたらFAUCET完了です。

STEP

Martian Aptos Wallet内にAPTが付与されているかを確認しましょう。

20APTが付与されているはずです。

STEP
Martian Wallet NFTミントサイトに接続

NFT Martian walletよりMartian Wallet NFTミントサイトにアクセスします。

サイトとウォレットを接続するため「CONECT MARTIAN」をクリックします。

STEP

Martian Aptos Walletが自動的に起動するのでパスワードを入力し「UNLOCK」をクリックします。

一度ロック解除を行うと一定時間はパスワード不要のため以下の画面にならない場合もあります。

STEP

承認要求されるため、要求内容を確認し問題なければ「APPROVE(承認)」をクリックします。

STEP
NFTをミントする

「Claim the Martian NFT(火星人NFTを請求する)」と表示されるため「 MINT MARTIAN NFT」をクリックします。

STEP

承認要求の画面になるため、手数料を確認し問題なければ「APPROVE」をクリックします。

STEP

Martian Aptos Wallet内の下部メニュー左側から2つ目(四角が四分割されているアイコン)をクリックし「Martian NFT」が確認できればNFTの獲得完了です。NFTは即時発行されるためすぐに確認できます。

 Martian(マーシャン)に関するよくある質問(Q&A)

 Martian(マーシャン)に関するよくある質問(Q&A)

Martian以外にも利用可能なWalletはありますか?

AptosのウォレットはMartian以外にも複数あります。

  • Fletch Aptos Wallet
  • Feivecha Wallet
  • Pontem Aptos Wallet
  • Spika Wallet
  • Safepal
  • Blocto Wallet
  • ONTO Wallet
  • Petra Wallet

など複数のウォレットが存在し利用可能です。

ただし、AptosはEVM(Ethereum Vietual Machine)と互換性がないためメタマスクに追加できないので注意が必要です。

Martian Aptos WalletのiOS版はありますか?

現在はありませんが今後リリース予定です。

現状はGooge Chromeブラウザの拡張機能を利用して使用します。

MartainのエアドロップやNFTはどれくらい稼げますか?

過去に行われたAptoseチェーンのネイティブトークンAPTのエアドロップは100万円を超える給付金となった様です。

対象者は「Aptosの初期ネットワークに参加した人」「Testnet NFTをミントした人」だったため、エアドロップやNFTで利益を上げたい人は前述で紹介したClaim the Martian NFTなどに参加を検討してみてはどうでしょうか。

まとめ

Aptos専用のWallet、Martian(マーシャン)について解説しました。

実際にエアドロップ(給付金)は必ず価値がつくかどうかは分かりませんが、実際にネイティブトークンAPTのエアドロップが100万円を超える給付金となったように価値をあげる可能性も十分にあります。

まずは無料で始められるMartian Aptos Walletを開設しておき、エアドロップやNFT配布などに備えてみてはいかがでしょうか。

参考文献

コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次