仮想通貨BATとは?特徴と将来性、購入できる取引所を仮想通貨歴6年が徹底解説

仮想通貨BATとは?特徴と将来性、購入できる取引所を仮想通貨歴6年が徹底解説 Web3.0
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)では、読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


仮想通貨ハードウェアウォレット「Ledger」
ビットコイン半減期キャンペーン

仮想通貨・NFTを安全に管理できるハードウェアウォレット「Ledger」が期間限定でビットコインがもらえるキャンペーンを開催中(4月9日〜16日まで ※在庫無くなり次第終了 )です。

キャンペーン内容

Ledger購入&キャンペーン詳細ページ

Ledger解説記事

この記事をざっくり言うと…
  • 仮想通貨BAT(ベーシックアテンショントークン)は「Brave」(ブレイブ)というブラウザで広告閲覧時に報酬として付与される
  • 「Brave」は広告を出稿する企業にもメリットが大きい
  • 「Brave」はユーザーのプライバシーに大きく配慮しており、個人情報などが特定の企業に送信されることが無く、安心・安全にインターネットが利用できる

コンテンツの誤りを送信する

目次

仮想通貨BAT(Basic Attention Token/ベーシックアテンショントークン)とは?

仮想通貨BAT(Basic Attention Token/ベーシックアテンショントークン)とは?
プラットフォーム名称Basic Attention Token(ベーシックアテンショントークン)
トークン名称BATトークン
仮想通貨シンボルBAT
最大発行枚数1,500,000,000BAT
2024年1月時点の単価約32円
BAT(Brave)公式サイトhttps://basicattentiontoken.org/ja/
BATを購入できる主な取引所コインチェックGMOコイン

Basic Attention Token(ベーシックアテンショントークン)とは、「Brave Shields」という仕組みで余分な広告をブロックできるWebブラウザ「Brave」(ブレイブ)のネイティブトークンです。

2017年にJavaScriptの産みの親である、Brendan Eich(ブレンダン・アイク)氏によって創設されました。

ちなみに、創設者のBrendan Eich氏は、皆さんも一度は使ったことがあるかもしれないWebブラウザ、「Mozilla」と「Firefox」の共同創設者でもあります。

仮想通貨シンボルはBATで、一般的に仮想通貨BATと呼ばれています。

仮想通貨BATが使われるWebブラウザ、「Brave」は、従来の広告主やユーザーが感じていた煩わしさや、課題を解決するために生まれたWebブラウザと言っても過言ではありません。

広告をブロックするWebブラウザ、Brave(ブレイブ)の特徴

広告をブロックするWebブラウザ、Brave(ブレイブ)の特徴

仮想通貨BATについて説明する前に、BATを手に入れることができるブラウザ、「Brave」について解説します。

「Brave」は、デフォルトで広告がブロックされ、ユーザーは見たくもない広告を視界に入れることなく、快適にWebブラウジングができます。

「Brave」はセキュリティに非常に優れたブラウザで、オープンソースのプラットフォームです。通常の広告とトラッカーをブロックし、「Brave」が承認したクライアントのみ広告を表示することができ、それを閲覧したユーザーは仮想通貨BATが付与される、という仕組みです。

もちろん、ユーザーは一切広告を見ずに、Webブラウジングだけを楽しむという選択肢もあります。

また、ただ広告をブロックするだけでなく、「Brave」が提供する広告を閲覧することで、仮想通貨BATが付与されるため、「Brave」を使っていつも見ているサイトをいつものように見るだけで、仮想通貨BATが手に入るという夢のようなWebブラウザです。

この仕組みは、「従来のクライアント→Googleなどの仲介者→ユーザー」という図式ではなく、「クライアント→Brave→ユーザー」という図式となるため、クライアントは従来の広告費より安く、またそれを閲覧したユーザーにも報酬があるというWinWinの関係とも言えます。

このような「広告を閲覧するだけで仮想通貨が手に入る」というアイデアは非常に画期的で、今後更にユーザー数の拡大が見込めます。

じなんぼー
じなんぼー

2022年1月時点でユーザー数は全世界で5,000万人を超えたよ!

Brave(ブレイブ)が望まれる背景

Brave(ブレイブ)が望まれる背景

皆さんはいつもWebブラウザは何を使っていますか?

Google chrome(グーグルクローム)やSafari(サファリ)、Microsoft Edge(マイクロソフトエッジ)などが有名ですが、これらのブラウザは広告などを標準機能でブロックしてくれません。

もちろん、ブラウザの設定である程度は防ぐことができますが、それでも十分とは言えません。

例えば、とあるサイトを見ている時に、画面全面に広告が出てきて、隅のほうにある非常に小さな×印を押さないとサイトが見れないなどの煩わしい思いをしたことありませんか。

しかもパソコンならまだしも、スマホでサイトを見ている時に、勝手に動画広告が流れ出すと、バッテリーの消耗が早くなるのはもちろん、大量のパケットを消費してしまいます。

これは非常に困った問題ですよね。

しかも大抵のブラウザは、一度検索した言葉に関連した広告が延々と表示されたりします。

これはトラッキングと言い、ユーザーがどのサイトでどんな記事を見たのか、ユーザーが今興味ある事柄は何なのか、というプライバシーともいえる情報を、勝手に収集しているからなのです。

このトラッキング機能によって集められた個人情報は、特定の企業に大量にストックされ、多くのユーザーのプライバシーが侵害されているとも言える状況になってしまっています。

近年、Webにおけるプライバシーの問題は特に欧米で問題となっており、多くの批判を生む要素となります。

そこで望まれたのが、「プライバシーに配慮したWebブラウザ」であり、それが「Brave」だったのです。

「Brave」では、ユーザーの利用履歴などのプライバシーな情報は、使用したデバイスのみに保存され、どこにも送信されることはありません。Googleなどの特定の企業に、個人情報を収集される恐れは全く無いのです。

ユーザーは全く広告を見ないという選択もできますし、少し広告を見て仮想通貨BATを稼ぐ、という選択もできます。

これはひょっとしたら近い将来、皆さんが使う標準的なWebブラウザが「Brave」になっているかもしれませんね。またそうあって欲しいと筆者は願います。

Brave(ブレイブ)の特徴

Brave(ブレイブ)の特徴

ユーザーがBrave(ブレイブ)を使うメリットはたくさんあります。

メリット
  • 広告を最初からブロックしてくれる
  • 広告を閲覧した場合、仮想通貨BATが貰える
  • 投げ銭機能がある
  • 検索エンジンは多くの種類の中から選べる
  • 高速読み込みが得意
  • プライバシーに配慮している

広告を最初からブロックしてくれる

Braveを使う最大のメリット、それは「無駄な広告が表示されない」という点に尽きます。

一般的に有名なブラウザを使っていろいろなサイトを閲覧した時、ほぼ100%ぐらいの確率で広告が表示されます。

Braveを使ってサイトを閲覧すると、「Brave Shields」(ブレイブシールド)という機能が発動し、無駄な広告が表示されません。広告を閲覧するかどうかはユーザーが決定します。

全く広告を表示せずに快適にサイトを閲覧しても良いし、広告を閲覧して仮想通貨BATを貰ってもOKです。

じなんぼー
じなんぼー

これは本当に便利だよね!

広告を閲覧した場合、仮想通貨BATが貰える

「Brave」のもう一つの大きなメリット、それは広告を閲覧すれば仮想通貨BATが貰える、ということです。

広告をブロックして快適にWebサイトを閲覧するのも良いですが、あえて「Brave」が提供する広告を閲覧してサイト閲覧ついでに仮想通貨BATを稼ぐということもできます。

獲得した仮想通貨BATは、売買するのも自由ですし、後述する「投げ銭」として使うこともできます。

投げ銭機能がある

通常、広告をブロックするとなると、ユーザーにはメリットかもしれませんが、従来の広告主にはデメリットとなります。

それを解決するのが「投げ銭」機能です。

仮想通貨BATは、「Brave」上で投げ銭として、サイトの制作者などに付与したり、課金の原資としても使用することができます。

また、従来のインフルエンサーのようにコンテンツを提供するパブリッシャーとして「Brave」に登録すれば、Youtubeやツイッターなどで活動し、投げ銭を受け取る側に回ることもできます。

検索エンジンは多くの種類の中から選べる

「Brave」を使用する場合、既定の検索エンジンは「Brave」になっています。このBrave検索エンジンは、非追跡型検索エンジンと呼ばれ、ユーザーが検索した内容やクエリを一切追跡しません。

大手検索エンジンのGoogleが行っている、「ユーザーが何を望んでいるか」等のプライバシーな情報を広告主へ販売したりする手法ですが、「Brave」は一切そういったことを行いません。

しかし、使い慣れた検索エンジンの方が良い、という場合は、「Brave」内の検索エンジンをいろいろな検索エンジンに変更することも可能です。「Google」はもちろん、「DuckDuckGo」や「Bing」、「Qwant」など、大抵の検索エンジンに変更が可能です。

高速読み込みが得意

広告が表示されない、それはサイトの高速表示に直結します。そもそも「Brave」は高速の読み込みを得意としており、そこに無駄な広告がブロックされると更に高速表示が可能です。

一般的なWebブラウザと比べ、パソコン版の「Brave」で約2倍程度、スマホ版の「Brave」で最大8倍となる表示速度を実現できます。

既存のブラウザでも、拡張機能を使って広告を非表示などの設定ができますが、「Brave」のようにそもそもの広告をブロックし、それが高速表示の一因となるようなことがありません。

プライバシーに配慮している

「Brave」はプライバシー保護に優れたブラウザです。

ユーザーが検索した内容やクエリを、他人に送信することがなく、利用履歴はユーザーのデバイスのみにしか保存されません。

これは既存のGoogleなどのデータを収集・販売しているGAFAMと呼ばれる巨大企業に真っ向から喧嘩を売る形となり、今後のGAFAMなどの対応に注目したいですね。

じなんぼー
じなんぼー

プライバシー保護に優れ、セキュリティにも優れていて、更には仮想通貨BATが貰える。これは早速Braveをインストールしなきゃ!

コンテンツの誤りを送信する

仮想通貨BAT(Basic Attention Token/ベーシックアテンショントークン)のメリット

仮想通貨BAT(Basic Attention Token/ベーシックアテンショントークン)のメリット

仮想通貨BATが貰えるBraveには優れたメリットがあることがわかりました。

それでは仮想通貨BATにはどんなメリットがあるのでしょうか。解説します。

メリット
  • 「Brave」のユーザー数増加による仮想通貨BATの価格上昇
  • 企業との提携を積極的に行っている
  • 海外仮想通貨取引所だけでなく、多くの国内仮想通貨取引所に上場している
  • 企業にとっても「Brave」を通じての広告はメリットが大きい

「Brave」のユーザー数増加による仮想通貨BATの価格上昇

「Brave」のユーザー数増加による仮想通貨BATの価格上昇

ユーザーにとってメリットしかないWebブラウザ「Brave」ですが、順調にアクティブユーザーを増やしていっています。

アクティブユーザーの増加は、広告閲覧による仮想通貨BATの増加、投げ銭として使用するユーザーの増加を意味し、それに伴ってコンテンツを提供するパブリッシャーの増加も意味します。

そうなると、必然的に仮想通貨BATの需要が高まり、その価値は今後も右肩上がりとなることでしょう。

「Brave」のユーザー数は今はまだ全世界で5,000万人、26億人以上とも言われるGoogle chromeの50分の1にしか満たないユーザー数ですが、それだけ今後の伸びしろが残されているとも言えます。

企業との提携を積極的に行っている

企業との提携を積極的に行っている

Braveは企業との提携を積極的に行っています。

提携した企業は、Braveブラウザの機能を活用し、さらなる広告効果の増大を狙います。

世界で一番有名な動画サイトと言えばYoutubeですが、YouTubeの投げ銭機能の中に、仮想通貨BATを原資として投げ銭できる機能も実装されました。

世界的に有名なアイドルグループ、BTSとも提携し、仮想通貨BATを投げ銭する機能を活用し、ファンとの交流を深めています。

今後もこういった著名な企業、サイト、グループと「Brave」はどんどん提携していく予定です。

これは仮想通貨BATの価値向上にも大きく付与するでしょうね。

海外仮想通貨取引所だけでなく、多くの国内仮想通貨取引所に上場している

海外仮想通貨取引所だけでなく、多くの国内仮想通貨取引所に上場している

仮想通貨BATは、海外の仮想通貨取引所のみならず、国内の仮想通貨取引所にも上場しています。

仮想通貨ユーザーが世界的に見ても特に多い日本で上場し、多くの仮想通貨ユーザーがBATを購入しています。

また、日本には金融庁による厳しい規制があり、国内の仮想通貨取引所に上場するのは並大抵のことではありません。

そこで上場できているというだけでも投資に値すると筆者は考えます。

企業にとっても「Brave」を通じての広告はメリットが大きい

企業にとっても「Brave」を通じての広告はメリットが大きい

「Brave」(ブレイブ)で企業が広告を出す場合、企業にとって通常の広告出稿よりメリットが大きいです。

その理由として、通常の広告の場合、ユーザーは見たくもない広告を無理やり見せられて、下手したらその広告を出している企業に嫌悪感すら抱く場合があります。

ところが「Brave」だと、ユーザーは広告の閲覧報酬を獲得するために、ユーザー自ら広告を閲覧することを選択してくれるのです。

無理やり見せられた広告と見たいと思って見た広告、どちらが広告効果が高いかは火を見るよりも明らかですよね。

このように、「Brave」の斬新なモデルは、ユーザーだけではなく広告を出稿する企業にもメリットが生じるのです。

コンテンツの誤りを送信する

仮想通貨BAT(Basic Attention Token/ベーシックアテンショントークン)の懸念材料

仮想通貨BAT(Basic Attention Token/ベーシックアテンショントークン)の懸念材料

非常に斬新なアイデアで、話題沸騰中の「Brave」、それによって付与される仮想通貨BATですが、懸念材料・デメリットも確かに存在しますので、以下にて詳しく解説します。

デメリット
  • 日本国内では、規制により直接仮想通貨BATを付与できないため、価値が同等のBATポイントが付与される
  • サイトによってはレイアウトが崩れて表示されてしまう

日本国内では、規制により直接仮想通貨BATを付与できないため、価値が同等のBATポイントが付与される

日本国内では、規制により直接仮想通貨BATを付与できないため、価値が同等のBATポイントが付与される

先程、「Brave」で広告を閲覧した場合、仮想通貨BATが付与されると述べましたが、日本国内に限っては少し事情が変わります。

それは、日本国内では金融庁による仮想通貨規制というものがあり、その規制によって直接ユーザーへ仮想通貨を付与することができません。

そのため、日本国内で「Brave」を使用して広告を閲覧した場合、仮想通貨BATの代わりに「BATポイント」(BAP)という物が付与されます。

こちらは仮想通貨と違って出金はできませんが、BATと同等の価値を持ち、近い将来仮想通貨と等価交換できるようになる予定です。

※2022年4月中旬からBAPが廃止され、それからは仮想通貨BATに全て置き換わる旨の発表が公式よりありました。現在BAPを保有しているユーザーは、Paypalウォレットに接続し、出金手続きを行ってください。

本日は、日本のBraveユーザーやクリエイターの皆様に向けて、Brave Rewardsプログラムの変更をお知らせいたします。

日本のユーザーは、Brave Adsプログラムを通じて、プライバシーに配慮した広告をブレイブで閲覧することで、BATポイント(BAP)を獲得していました。このBAPは、ウェブサイトやYouTubeチャンネルなどのクリエイターにユーザーはチップとして使用することができ、クリエイターはPayPalアカウントから日本円として引き出すことができます。

日本のユーザーは、BAT(Basic Attention Tokens)を使用した新しいシステムに近日移行します。BATは、BATポイント(BAP)とほぼ同じ仕組みです。しかし、BATを使うと、さらに多くのことができるようになります。例えば、クリエイターがBATを受け取って日本円に交換できるだけでなく、ユーザーもBATを受け取ることができるようになります。

BATはEthereumブロックチェーン上の暗号資産で、日本国内のBATを上場している暗号資産取引所で取引することができます。BATで何ができるのかについては、次回のブログ記事で詳しくお伝えします。

BAPはBATと交換することはできませんので、現行のBAPシステムから新BATシステムに移行する際に知っておくべき重要なことを説明します。

  1. ユーザーは2021年3月13日までにBAPを使い切る必要があります。3月13日以降BAPは廃止され4月にBATに移行されるまで、デスクトップとAndroidではBrave Rewardsの残高がリセットされ、チップ機能が停止されます。iOSでは、3月13日までにデスクトップブラウザにBAP残高を転送してください。それ以降は転送はできなくなります。
  2. 2021年4月中旬のv1.23リリースをもってBAPは完全に廃止されます。代わりに、デスクトップとAndroidのBraveユーザーは、BAT建ての新しいウォレットで、残高ゼロからのスタートとなります。チップ機能も復活します。

クリエイター向けの追加情報

  1. BAPの残高があるすべてのクリエイターは、受け取ったBAPを失わないために、2021年3月31日までにcreators.brave.comアカウントにPayPalウォレットを接続する必要があります。3月31日までの接続は、2021年4月8日に最後のBAPの支払いを受け取るための期限となります。この時に支払われなかったBAPはすべて失われます。
  2. 2021年3月13日時点でBAP残高のないクリエイターは自動的に新しいBATシステムに切り替わります。
  3. 2021年4月8日の最後のBAP支払い後、すべてのクリエイターの残高はリセットされ、新しいBATシステムに切り替わります。
  4. 移行後は、PayPalは出金オプションとしてサポートされなくなり、クリエイターのダッシュボードに表示されなくなりますのでご注意ください。代わりに、新しい引き出しオプションがご利用いただけるようになります。

これまでBraveを利用・参加してくださっている皆様、そしてこのエキサイティングな移行期間を一緒に過ごしてくださる皆様に感謝いたします。日本にBATをお届けし、日本のユーザーの皆様に新しい時代をお届けできることを嬉しく思います。

「Brave」公式サイトより引用

サイトによってはレイアウトが崩れて表示されてしまう

サイトによってはレイアウトが崩れて表示されてしまう

「Brave」を使用してサイトを閲覧した際、広告が自動でブロックされるのですが、その時にサイトによってはレイアウトが崩れて表示される場合があります。

レイアウトが崩れなくても不自然な空白があったり、そのサイトが持つ本来のデザインを、十分に認識できないことがあります。

じなんぼー
じなんぼー

これは慣れるしか無いね

コンテンツの誤りを送信する

仮想通貨BAT(Basic Attention Token/ベーシックアテンショントークン) の将来性は?仮想通貨歴6年の筆者が独断と偏見で言い切ります

仮想通貨BAT(Basic Attention Token/ベーシックアテンショントークン) の将来性は?仮想通貨歴6年の筆者が独断と偏見で言い切ります

仮想通貨BATは買いなのかどうか、仮想通貨歴6年の筆者が独断と偏見で言い切ります。

仮想通貨BATはズバリ買いです。

その理由として、

  • まだまだ既存の有名なブラウザと比べて利用者が少なく、伸びしろが豊富
  • 複数の日本国内仮想通貨取引所に上場されている

からです。

Google chromeやSafariなどの既存のブラウザの利用者は全世界で20億人以上とも言われます。

そのようなブラウザに取って代わった場合、Brave利用者と仮想通貨BATの使用者は今の数千倍にもなるかもしれません。

更に日本国内において、金融庁の厳しい規制をクリアして国内仮想通貨取引所に上場されています。それも複数の取引所に、です。

金融庁の厳しい規制をクリアしているということは、非常にホワイトな仮想通貨とも解釈できるため、こちらもポジティブな材料となります。

ただし、今すぐどうこうというよりは、仮想通貨BATを報酬で獲得したり購入したりして、現物の保有数を増やしつつステーキングで利息収入も獲得しながら値上がりを待ち、長い目で見ることが大事です。

仮想通貨BATは大きな可能性を秘めています。

コンテンツの誤りを送信する

仮想通貨BAT(Basic Attention Token/ベーシックアテンショントークン)チャート

コンテンツの誤りを送信する

仮想通貨BAT(Basic Attention Token/ベーシックアテンショントークン)が購入できる取引所は?

仮想通貨BAT(Basic Attention Token/ベーシックアテンショントークン)が購入できる取引所は?

2022年現在、仮想通貨BAT(バット)は多くの国内取引所や海外取引所で購入することができます。例えば国内取引所なら国内最大手のbitFlyerやコインチェック、GMOコインが挙げられます。また、海外取引所では世界最大の仮想通貨取引所Binanceをはじめ、BybitやGate.ioなどです。簡単にBATを購入したいという方は国内取引所で購入し、少しでも手数料を抑えたい方は海外取引所で購入することをおすすめします。

BAT(バット)が購入できる海外仮想通貨取引所

  • Binance(バイナンス)・・・【当サイト限定】左記リンクより登録すると取引手数料10%OFF
  • Gate.io(ゲート)・・・【当サイト限定】左記リンクより登録すると取引手数料20%OFF
  • Kucoin(クーコイン)・・・【当サイト限定】左記リンクより登録すると取引手数料20%OFF
  • OKX(旧OXEx)・・・【当サイト限定】左記リンクより登録すると取引手数料25%キックバック
  • Bybit(バイビット)・・・最大3,100ドル受け取れるキャンペーン開催中
  • MEXC・・・【当サイト限定】左記リンクより登録すると取引手数料20%OFF

中でもGate.io(ゲート)はなんといっても取扱銘柄数が900種類を越え、今まさにこの瞬間にも新しい仮想通貨が続々と上場しています。中にはBINANCEに上場が予定されている銘柄もあり、そういった銘柄は価格の急騰が期待できます。

Binance(バイナンス)

BINANCE
取引所名Binance(バイナンス)
運営会社Binance Holdings Ltd.
設立年2017年
所在地セイシェル、ケイマン諸島
取引方法現物取引レバレッジ取引資産運用サービス
最大レバレッジ20倍
取引銘柄数300種類以上
取引手数料メイカー:0.1%テイカー:0.1%
入出金手数料無料
日本語対応
スマホアプリ

バイナンスの登録ユーザーは世界で9000万人以上と言われており、CoinMarketCapが独自に算出する仮想通貨取引所ランキングでも常に1位となるほど、世界最大の仮想通貨取引所です。アルトコインの取扱いは300種を超え、主要な仮想通貨はほとんど取引できるのはもちろん、豊富な資産運用方法も準備しており、ワンストップで仮想通貨取引ができるのが大きな魅力です。

また、バイナンスが発行しているバイナンスコイン(BNB)は、時価総額でも記事執筆時点の2023年3月末で第4位(CoinMarketCapランキングより)となっており、BSC(バイナンススマートチェーン)など取引所ネットワークにもかかわらず世界的にメジャーとなっているチェーンも存在するほどの企業となります。

2019年にハッキング被害があり、当時のレートで約4000万ドル相当のビットコインが盗難にあい入出金の停止を余儀なくされた事件がありましたが、この事件を踏まえてセキュリティの強化が実施されました。またバイナンスは、英国及びノルウェーの認証機関から「ISO/IEC27001規格」(情報セキュリティーに関する国際規格)から認証を受けており、仮想通貨取引所としてはバイナンスが初となります。

このバイナンスのメリット・デメリットは以下のようになります。

バイナンスのメリット
  • 世界最大のユーザー数を誇るため流動性が高く約定力が高い
  • ハッキング対策の評価が高い
  • ハッキングされても全額保証の制度を設けている
  • ISO認証を取得している健全企業
  • 初心者でも扱いやすい資産運用サービスを多数準備している
  • スマホアプリが使いやすい
  • 日本語に対応
バイナンスのデメリット
  • 仮想通貨FXは最大レバレッジ20倍
  • 日本円での入金に対応していない
  • 金融庁から警告を受けている

バイナンスを使うメリットは現在シェア、取引量では世界最大という点。「取引量が世界最大=流通量が世界最大」なので、取引のしやすさはNo.1です。

注記

2022年12月より、バイナンスの日本進出と併せてグローバルバイナンスへの日本人の新規登録ができなくなっていましたが、2023年8月1日より日本国内でのサービスが再開されました!

関連:バイナンス、日本進出決定|サクラエクスチェンジを完全子会社化

これもう見た?バイナンス、日本進出決定|サクラエクスチェンジを完全子会社化

Binance(バイナンス)についてはこちらの記事でさらに詳しい情報を解説しているので気になる方は一度見てください。

これもう見た?Binance(バイナンス)の評判は?メリット・デメリットから評価!口コミも調査

これもう見た?Binance(バイナンス)のスマホアプリの使い方を徹底解説!これで迷うことなし!

これもう見た?バイナンス(BINANCE)の登録・口座開設方法を画像付きで徹底解説【PC&スマホ】

\【当サイト限定】上記リンクから登録すると取引手数料永久10%OFF/

Gate.io(ゲート)

gate
取引所名Gate.io
運営会社Gate Technology.inc
設立年2013年
所在地ケイマン諸島
提供サービス現物取引、レバレッジ取引、レンディング等
最大レバレッジ100倍
取引銘柄数1000種類以上
入出金手数料無料
取引手数料通貨ペアによって異なる
日本語対応
スマホアプリ

Gate.io(ゲート)は2013年にケイマン諸島で設立された中国系の海外仮想通貨取引所です。記事執筆時点の2024年3月現在、利用者数1000万人以上で取扱銘柄数も1000種類以上あり、取引手数料も比較的安く入出金手数料は無料のため、かなり使いやすいです。

日本語にも対応しており、以前は利用制限がかかっていたレバレッジ取引、レンディングサービスなども現在は使えるようになっており、日本人ユーザーにおすすめしたい取引所の一つとなりました。

そんなGate.ioを利用するメリットとデメリットは以下の通りです。

Gate.ioを利用するメリット
  • 取扱銘柄が1000種類以上ある
  • 最大レバレッジ100倍でトレードできる
  • セキュリティ対策が万全にされている
  • 無料で人気トークンがもらえるサービスがある
  • 資産運用サービスが充実している
  • 登録と取引が簡単にできる
  • 日本語に対応している
  • 独自トークン「GTコイン」を使うと取引手数料が割引できる
Gate.ioを利用するデメリット
  • 入金できる通貨は仮想通貨のみ(法定通貨の入金不可)
  • 金融庁による認可を受けていない

Gate.ioを利用するメリットは、なんといっても1000種類以上の上場銘柄があるです。BTCやETHなどの主要銘柄はもちろん、OKXやBybitなど大手暗号資産(仮想通貨)取引所に上場していないアルトコインの取り扱いが多く、アルトコイン好きのユーザーにはぜひおすすめしたい取引所です。

Gate.ioを利用するデメリットで把握しておきたいのは、入金できる通貨は仮想通貨のみ(法定通貨の入金不可)、金融庁による認可を受けていないという点です。以前は日本在住ユーザーに対してレバレッジ取引、レンディングサービスなど一部サービス提供が制限されていましたが、2024年3月現在、ほぼすべてのサービスが使えるようになっています。

Gate.ioの特徴を一言でいうなら「アルトコイン好きには必須の暗号資産(仮想通貨)取引所」です。以下の記事でも特徴や使い方を詳しく説明していますので、参考にしてください。

これもう見た?Gate.io(ゲート)とは?仮想通貨取引所の6つの長所と4つの短所を解説!

これもう見た?Gate.io(ゲート)の使い方・取引方法完全ガイド【スマホアプリ版】

\【当サイト限定】取引手数料20%OFFキャンペーン/

公式サイト:https://www.gate.io

これもう見た?Gate.ioのボーナスキャンペーン一覧

KuCoin(クーコイン)

kucoin
取引所名Kucoin
運営会社Kucoin Co.Limited
設立年2017年
所在地香港
取引方法現物取引レバレッジ取引資産運用サービスKucoin Wallet
最大レバレッジ100倍
取引銘柄数700銘柄以上
取引手数料~0.1%
入出金手数料入金:無料出金:通貨によって異なる
日本語対応
スマホアプリ〇(一部非対応)

Kucoinは2017年にサービス提供を開始した、海外大手の仮想通貨取引所です。

700種類を超える取り扱い通貨数を誇っており、アルトコインの選択肢の広さがポイント。現物取引や先物取引など、豊富な提供サービスから仮想通貨取引を始められます

また、下記のメリットにあるようなユニークな特徴から、Kucoinは2,000万人を超えるグローバルユーザー数を獲得し、海外大手と称される取引所にまで成長しました。

Kucoinのメリット・デメリットをまとめると次のようになります。

Kucoinのメリット
  • 2段階認証・取引パスワードなどの強固なセキュリティ対策を実施
  • 公式サイトが日本語に対応していて利用しやすい
  • 最大レバレッジ100倍に対応し、効率良い資産形成が可能
  • 取引手数料は〜0.1%と比較的安価
  • 独自トークンKCS保有によって、手数料の割引や配当金を獲得可能
  • 700種類を超える豊富なアルトコインの取り扱い
  • レンディング・ステーキングなどのDeFiサービスも実装
Kucoinのデメリット
  • 過去にハッキング被害を受けている
  • 日本人ユーザーの利用制限が懸念されている
  • 日本円の入金には対応していない
  • 一部日本語に対応していないページがある

過去にハッキング被害を受けている点は、取引所としての信頼感に関わる大きな問題です。

しかし、短期間で80%の流出資金の回収、CEOが被害を受けたユーザーに対して全額補償を実施といった早急な対応により、Kucoinはユーザーからの信頼を回復しています。

シンプルな画面や操作性で使い勝手が良いため、初めて海外取引所を利用する方にもおすすめの取引所です。

Kucoinの詳細はこちらの記事でも解説しているので、併せて読んでみてください。

これもう見た?Kucoin(クーコイン)の評判と安全性は?10のメリットと3つのデメリットを解説

これもう見た?【アプリ版】Kucoin(クーコイン)の使い方完全ガイド!75枚の図解で解説

\【当サイト限定】取引手数料20%OFFキャンペーン実施中/

これもう見た?Kucoinのボーナスキャンペーンまとめ

OKX(旧OKEx)

okx
取引所名OKX
運営会社Okex Fintech LLC.
設立年2017年
所在地セイシェル共和国
取引方法現物取引レバレッジ取引資産運用サービス
最大レバレッジ125倍
取引銘柄数約529銘柄
取引手数料メイカー:~0.08%テイカー:~0.1%
入出金手数料無料
日本語対応無し
スマホアプリ

OKXはスポット取引デリバティブ取引両方で2位を獲得したこともある、世界トップクラスの海外仮想通貨取引所です。かつては中国に本社を置いていましたが、中国での規制を受け、現在はセイシェルに本拠地を置いています。OKExという名称で知られていましたが、大きなブランド改革を行ったタイミングでOKXと社名変更し、大幅なサービス変更とシステム強化が行われました。

過去にはハッキング被害が報告されたこともありましたが、OKXではセキュリティ対策を複数重ねることにより安全性を高め、今では外部機関から一定の評価を得ることに成功しています。

OKXの特徴をメリットデメリットでまとめると次のようになります。

OKXのメリット
  • 取り扱い通貨の種類が豊富で取引の幅が広い
  • 流動性が高くスプレッドが狭いので取引が成立しやすい
  • レバレッジ125倍で取引の種類が多いデリバティブ取引を準備
  • 各種手数料が比較的安い
  • 24時間年中無休でオンラインサポートが受けられる
  • ステーキングやIEOなどトレーディング以外の商品が充実している
  • ガバナンストークンOKBの使い勝手が良い
  • スマホアプリの評判が良い
OKXのデメリット
  • 日本語や日本円入出金に対応していない
  • 他の取引所と同様に取引所閉鎖のリスクはゼロではない

日本語非対応な点は英語が苦手な方にはネックですが、それ以上の魅力を秘めたサービスの充実さを持っている取引所です。2022年12月、あのイーロン・マスク氏(ツイッター社CEO)が突如OKXの公式ツイッターアカウントをフォローしたことで話題となりました。

これもう見た?イーロンマスク、ツイッターでOKXをフォロー OKB6%近く上昇

OKXのさらに詳しい情報はこちらの記事で解説しています。

これもう見た?OKX(旧OKEX)の安全性と評判は?10のメリットと3つのデメリットで仮想通貨取引所を解説

これもう見た?OKX(旧OKEx)の使い方完全ガイド!35枚の図解でわかりやすく解説

\【当サイト限定】日本一オトク!取引手数料25%キャッシュバック/

公式サイト:https://www.okx.com/join

これもう見た?OKXのボーナスキャンペーンまとめ

OKX:日本居住者へのサービス停止

海外仮想通貨取引所OKX(グローバルOKX)は日本の法令順守のため、2023年から日本居住者の新規口座開設・取引ができません

Bybit(バイビット)

bybit
会社名Bybit
レバレッジ倍率1~100倍 ※アルトコインは最大50倍
取扱通貨BTC,ETH,XRP,EOS,USDTなど100種類以上
取引手数料(レバレッジ取引)指値注文(メイカー)-0.025%/成行注文(テイカー)0.075%
取引手数料(現物取引)一律0.1%
入出金手数料無料 ※出金のみマイニング手数料がかかる
両建て
追証なし(借金リスクなし)
ロスカットロング=(平均参入価格×レバレッジ)÷レバレッジ+1
ショート=(平均参入価格×レバレッジ)÷レバレッジ-1
セキュリティ
モバイルアプリあり

Bybitは外国為替取引所を運営していたBen Zhouによって2018年に設立された世界最大級の仮想通貨取引所です。デリバティブ取引に特化した取引所として非常に有名で、レバレッジ規制が厳しくなる中、レバレッジ100倍で仮想通貨FXを行える特徴があります。2021年からは現物取引や資産運用サービスも開始し、一気に取引所ランキング上位の常連となった経緯のある取引所です。

さらにBybitは資金調達率(ファンディングレート)が他取引所と比較し高く、これを活用することでトレードの幅が格段に広げることも可能です。日本語のサポートデスクも充実しており、日本人スタッフが問い合わせに対応してくれます。そんなBybitのメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。

メリット
  • レバレッジ最大100倍でダイナミックにトレードできる
  • 仮想通貨5種類(BTC,ETH,XRP,EOS,USDT)を証拠金としてトレードできる
  • 100種類以上の仮想通貨がトレードできる
  • ローンチプールやローンチパッド、ステーキングで資産を増やせる
  • 豪華なボーナスキャンペーンを実施している
  • 定期的に賞金・豪華賞品が貰えるトレードコンペを開催している
  • 板取引でスプレッドが他取引所と比較し極めて狭い
  • トレードサーバーが優秀でサクサク約定でき取引遅延が起こりにくい
  • 追証無しで借金のリスクなし
  • トレードする度に手数料を受け取ることができる(手数料割引サービスもある)
  • 資金調達率(ファンディングレート)を活用し月利10%以上狙うことができる
  • 損失を最小限にしてくれる相互保険システムがある
  • 日本円で銀行振込によるUSDTの購入が可能
  • TradingViewのチャートを採用しており、様々なテクニカル分析が無料で行える
  • 独自アプリで簡単にトレードできる
  • 本人確認なしで口座開設が3分でできすぐにトレード開始できる
  • 二段階認証あり(セキュリティ充実)
  • 完全日本語対応でサポートも日本語
デメリット
  • 日本円でトレードできない(証拠金はBTC,ETH,XRP,EOS,USDT)
  • 価格が日本円表示ではなくUSD表示なので少々分かりづらい

Bybitは流通量の高さから現物取引や仮想通貨FXがやりやすいことはもちろん、Shark Fin(シャークフィン)やグリッドボットなど独自の資産運用方法も充実しており、ワンストップで仮想通貨取引が可能な環境を提供しています

また、Bybitへの上場銘柄は上場後の価格が上がりやすい傾向にあるなど、確実性・信頼性に重きをおいている取引所のため、Binanceと並び仮想通貨取引をするのなら口座を持っていて損はしない取引所の1社と言えます。Bybitのさらに詳しい情報は以下の記事を参照してください。

これもう見た?Bybit(バイビット)の評判と安全性は?14の長所と2つの短所!

これもう見た?Bybit(バイビット)の使い方完全ガイド|初心者向けに図解で徹底解説!

\口座開設ボーナス20ドル&最大5,000USDT入金ボーナス

公式サイト:https://www.bybit.com/ja-JP

これもう見た?Bybitのボーナスキャンペーンまとめ

MEXC(MXC)

MEXC
取引所名MEXC
登録者数600万人以上
取引銘柄数現物での取扱は700種以上
取引拠点シンガポール
取引手数料一律0.2%
対応している言語日本語・英語・韓国語・その他
全9ヶ国語に対応

MEXCは2018年にサービスを開始した比較的新しい仮想通貨取引所です。拠点はシンガポールにあり、当初はMXCという名称でしたがMEXC Globalに名称を変えて運営しています。

MEXCは、カナダ・オーストラリア・エストニア・米国で金融ライセンスを取得しています。国際的に見ても信頼度の高い取引所といえます。また2021年10月にドバイで開催された「Crypto Expo Dubai」では、アジアで最も優れた取引所として「Best Crypto Exchange Asia」を受賞しています。

取扱通貨の多さや、多様な言語への対応などで、ユーザー数は600万人を超えており世界でもトップクラスの仮想通貨取引所です。そんなMEXCのメリット・デメリットは以下です。

MEXCのメリット
  • 信頼性・安全性を確保している
  • 最大レバレッジ125倍で取引可能
  • 有望プロジェクトの上場が早い
  • 取扱銘柄が非常に多い
  • 独自トークンのMXを発行している
  • スマホアプリでも取引可能
MEXCのデメリット
  • 日本円で直接入金不可
  • 取引手数料がやや高め

MEXCは、他の仮想通貨取引所と比較して、将来有望な銘柄を早く上場させることでも知られています。たとえば有名ミームコイン「SHIB(柴犬コイン)」の場合、世界最大の取引所バイナンスに上場したのは2021年5月でしたが、MEXCでは1ヶ月早い2021年4月に上場しており、当時価格はバイナンス上場時と比べて約110分の1でした。またMEXCでは、上場に関しては厳しい審査を行うことでも知られているので、詐欺コインなどをつかむ可能性が低いのも魅力です。

さらにMEXCでは、独自のMXトークンを発行しており、このトークン保有することで「取引手数料が20%割引」などさまざまなサービスを受けられます。時価総額としてはそれほど高い通貨ではありませんが、MEXCで取引を行う場合は持っていると非常にお得な通貨です。

デメリットとしては、MEXCに限らず海外取引所全体にいえることですが、日本円での直接入金や購入ができません。そのため国内の仮想通貨取引所でイーサリアム(ETH)やリップル(XRP)などの仮想通貨を買って、MEXCに送金する必要があります。MEXCではクレジットカードで仮想通貨を直接購入もできますが、手数料は割高となるため注意が必要です。

またMEXCでは一律0.2%の取引手数料がかかり、これは他の海外取引所と比べてやや割高です。ただしMEXCのMXトークンを持っていると取引手数料が20%割引となるので、この特典を使わない手はありません。

これもう見た?MEXC(MXC)の安全性と評判は?4つの長所と2つの短所を徹底解説

これもう見た?MEXCの使い方完全ガイド|登録から取引方法まで徹底解説

\ 【当サイト限定】取引手数料永久10%OFF /

公式サイト:https://m.mexc.com

コンテンツの誤りを送信する

仮想通貨BAT(Basic Attention Token/ベーシックアテンショントークン)まとめ

この記事では、仮想通貨BAT(Basic Attention Token/ベーシックアテンショントークン)やBATが獲得できる画期的なブラウザ、「Brave」の特徴や将来性、メリット・デメリットについて解説しました。

煩わしい広告が完全自動でブロックでき、ユーザーは任意に広告の閲覧を選択でき、その報酬として獲得できる仮想通貨BATですが、BATは投げ銭として使用でき、今後も更に活躍の場が広がっていきます。

広告を出す企業にもメリットがあり、「Brave」の利用者はどんどん増えていくことが予想されます。新しい時代にふさわしい斬新なアイデア、手法。それは大きな利益を獲得するチャンスでもあります。皆さんもこのビッグウェーブに乗り遅れることが無く、大きな利益を獲得してください。

コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

目次