バイナンスのLaunch Pool(ローンチプール)とは?特徴・始め方を図解で解説

バイナンスのLaunch Pool(ローンチプール)とは?特徴・始め方を図解で解説
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)は、株式会社jaybeが運営をおこなうWebメディアです。読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


この記事をざっくり言うと…
  • ローンチプールでは特定通貨をステーキングすると新たなトークンが報酬としてもらえる
  • CeFi(集権型金融)でイールドファーミングがおこなえる
  • 世界最大規模の取引所バイナンス提供とあり、信頼性が高い

飛ぶ鳥を落とす勢いの海外取引所Binance(バイナンス)が放った新たな矢「LaunchPool(ローンチプール)」をご存知でしょうか?特定の仮想通貨を預けることで新たなトークンが報酬としてもらえる新たな資産運用プラットフォームとして世界中から注目を集めています。

これもうみた?Binance(バイナンス)の評判は?7つの長所と2つの短所から評価!SNSで口コミを調査!

仮想通貨には「ステーキング」や「イールドファーミング」などといった新しい資産運用が続々登場しており、それぞれにメリットやデメリットがありました。

ローンチプールはそれらのデメリットやリスクを軽減し、良い所はそのまま残したかなりグッドなサービス。リスクが少なく、面倒な操作もいらないので仮想通貨初心者の方にもおすすめできるものとなっています。

この記事では、バイナンスのLaunchPool(ローンチプール)とはどのようなサービスなのか?特徴や参加方法などを解説しています。

この記事を参考にぜひローンチプールで投資をはじめてみてください!

これもうみた?バイナンスの日本人利用は禁止!?金融庁との関係は?最新情報をお届け

コンテンツの誤りを送信する

目次

Binance(バイナンス)のLaunch Pool(ローンチプール)とは

Binance(バイナンス)のLaunch Pool(ローンチプール)とは

LaunchPool(ローンチプール)はIEO(Initial Exchange Offering)という資金調達の形をすこし変化させたサービスです。従来のIEOでは取引所で新しいトークンの先行販売が行われるだけでしたが、LaunchPoolではプロジェクトに対し特定の通貨をステーキング(預ける)することによって新たな通貨を報酬として得ることができます。

LaunchPoolでは特定通貨を預けておくだけで報酬がもらえるので、実質無料で新たなトークンを入手。入手したトークンはその後上場、100倍以上の暴騰となることも珍しくありません。

プロジェクトに対して投資する、対価として報酬をもらうという点ではCAMPFIRE(キャンプファイヤー)やMakuake(マクアケ)などのクラウドファンディングをイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。

コンテンツの誤りを送信する

ローンチプールの特徴やメリット

ローンチプールの特徴やメリット

ローンチプールへの参加にはさまざまなメリットが存在します。

CeFi(集権型金融)でイールドファーミングがおこなえる

CeFi(集権型金融)でイールドファーミングがおこなえる

すこし知識のある方であればイールドファーミングと何が違うの?と思った方もいるかもしれません。

ローンチプールでは、Defi(分散型金融)プラットフォームでおこなわれるイールドファーミング同様の資産運用が可能となっています。昨今ブームとなっている資産運用に「ステーキング」、「イールドファーミング」があります。この2つの違いを簡単に説明すると、

  • 管理者がいない分散型資産運用=イールドファーミング
  • 取引所などでおこなわれる集権型資産運用=ステーキング

となります。管理者がいない分、高い利回り率が魅力のイールドファーミングですが相応のリスクを伴うものでした。

ローンチプールはCeFi(集権型金融)でおこなえるイールドファーミングとして、メリットはそのまま、デメリットを潰したプラットフォームとして世界中から注目を集めています。2つの良いところ掛け合わせた投資が可能なんですね。

DeFiプロジェクトには詐欺まがいの怪しいものもありますが、Binance(バイナンス)提供とあれば価値も上がりそうだ!と世界中の投資家たちから注目を集めるのも不思議ではないですね。詐欺DeFiのように飛んだりする心配もありません。

これもうみた?仮想通貨のイールドファーミングとは?仕組みや特徴を初心者にもわかりやすく解説

上場前の仮想通貨がタダで入手できる=爆益も狙える

上場前の仮想通貨がタダで入手できる=爆益も狙える

ローンチプールでは取引所上場前のトークンの先行入手が可能です。

  1. ローンチプールにてトークンを先行取得
  2. Bainanceにて上場=高騰
  3. 売却益を得るも良し、ステーキングして更に増やすも良し

このようにBinance(バイナンス)を中心に好循環が生まれているのがわかります。

仮想通貨で爆益を狙うには、当然のことですが「値上がり前の通貨を取得する」必要があります。

ローンチプールにてタダで上場前の仮想通貨を入手、あとはバイナンスが持つ知名度や注目度が好循環を生み爆益となることも。

▼ステーキングについては以下の記事でくわしく解説しています。

これもうみた?Binance(バイナンス)でのステーキングのやり方を初心者でもわかりやすく解説!

途中でステーキングの解除も可能

途中でステーキングの解除も可能

ローンチプールでは特定の仮想通貨をステーキングする必要がありますが、資金を引き上げたい時はいつでもステーキング解除ができます。

いわゆるフレキシブルステーキング形態ですが、取得できるトークンがどこまで値上がりするか?可能性は無限で、従来のフレキシブル形態よりも高い利回り率が見込めます。

面倒な操作なしでファーミングがおこなえる

面倒な操作なしでファーミングがおこなえる

DeFiプラットフォームで行うファーミングはプラットフォーム選びや、ウォレットの紐付け操作など面倒な操作が多いです。なにより英語まみれなことも少なくないので、知識がないまま踏み込むと詐欺にあったり失敗することも・・。

Binanceアカウントさえ持っていれば簡単操作でファーミングがおこなえる&信頼性も保証されているのはローンチプールの大きなメリットです。

記事後半ではローンチプールへの参加方法も解説しています!

コンテンツの誤りを送信する

ローンチプールはBNBステーキングでの参加がおすすめ!

ローンチプールはBNBステーキングでの参加がおすすめ!

BNBはバイナンスの独自トークンで、2021年5月現在でも高騰が続いている通貨です。

すさまじい高騰っぷりを見るとどのくらい期待されているかがわかりますね。

ローンチプールのプロジェクトではすべてBNBステーキングでの参加が可能です。

BNBを使用して新たなトークンを取得可能なだけでなく、単純にまだまだ価値上昇にも期待できる&ステーキングで増やすこともできる通貨なので持っておいて損はありません。

BNBは国内取引所での取り扱いはなく、Binance(バイナンス)にて購入可能なのでまだ口座をお持ちでない方は開設しておくことをおすすめします。

コンテンツの誤りを送信する

ローンチプールのリスクやデメリット

ローンチプールのリスクやデメリット

結論、ローンチプールでの投資にはこれといったリスクやデメリットが見当たりません。ないわけではありませんが、他投資と比べるとリスクはかなり低いです。

強いて言えば以下のようなことが挙げられます。

デメリット
  • ステーキングに出す仮想通貨を購入する必要がある
  • ステーキングに出した仮想通貨の購入時からの価格変動リスク
  • まとまった利益を得るにはそれなりの資金が必要
  • バイナンスが倒産したら資金を引き出せない可能性がある
  • プロジェクトルールが英語

ステーキングに出す仮想通貨を購入する必要がある

ステーキングに出す仮想通貨を購入する必要がある

トークンが実質タダでもらえるとはいえ、ステーキングをおこなうため対象の仮想通貨を購入する必要があります。

預けるだけなのでなくなるわけではないものの、購入時と比べて通貨そのものの価値が下がってしまったなどの価格変動リスクは伴います。あくまで「投資」である以上このあたりは仕方ないですね!

プラットフォームリスク

プラットフォームリスク

バイナンスという取引所に資産を預ける以上、プラットフォームリスク(カウンターパーティーリスク)も存在します。

ですが、世界有数規模を持つバイナンスの倒産リスクは低く、詐欺などの危険性もほぼないので他プラットフォームと比べるとリスクは格段に低いものとなっています。確立しきっていない部分が多く、得体のしれないものも多いDeFi(分散型金融)プラットフォームには詐欺事例がかなり報告されています。

そのあたりの心配がなく安心してファーミングできるのはむしろメリットといえます。

プロジェクトルールが英語のみ

プロジェクトルールが英語

トークンの配布総量などが細かく説明されている「プロジェクトルール」ですが、日本語での記載はなく英語のみとなっています。

英語に弱い方にはすこしとっつきにくく不安になることもあるかもしれません。当記事後半でプロジェクトルールの翻訳画像も置いていますので参考にしてみてください

総合的にリスクやデメリットが少なく、参加メリットの多いLaunchPool(ローンチプール)ですが、どのようなプロジェクトがあるのかをご紹介していきます。

コンテンツの誤りを送信する

過去のローンチプール「ALICE(My Neigher Alice)プロジェクト」

『My Neigher Alice』というNFT版どうぶつの森ともいえるゲーム内で使用できる通貨「ALICE」。

LaunchPool(ローンチプール)では2021年3月10日より30日間BNB、BUSD、およびCHRをステーキングすることでALICEをファームできるプロジェクトが行われていました。

バイナンス上場後$60付近まで高騰

ALICEは3月15日Binance(バイナンス)にて上場。

2021年5月現在は下がってしまいましたが、上場後は勢いがすさまじく一時は$60付近まで高騰。爆益となった投資家も多いのではないかと思います。

ローンチプールで得たALICEは売却せずにステーキングしてさらに増やしていくことも可能です。

プロジェクトで入手できるトークンはこのように、入手後高騰するケースがかなり多いのでかなり多くの投資家たちが集まります。

ローンチプールにて今まで行われたプロジェクト一覧

ローンチプールにて今まで行われたプロジェクト一覧

ローンチプールでは2021年5月現在17のプロジェクトがおこなわれ、トークンが報酬として配布されました。

配布トークンステーキング通貨
FLMBNB,BUSD
XVSBNB,SXP,BUSD
ALPHABNB,BUSD,BAND
CTKBNB,BUSD,CTK
HARDBNB,BUSD,KABA
UNFIBNB,BUSD,ETH
JUVBNB,BUSD,CHZ
PSGBNB,BUSD,CHZ
REEFBNB,BUSD,DOT
ASRBNB,BUSD,CHZ
ATMBNB,BUSD,CHZ
OGBNB,BUSD,CHZ
BTCSTBNB,BUSD,BTC
LITBNB,BUSD,DOT
hODOBNB,BUSD,BETH
ALICEBNB,BUSD,CHR
TLMBNB,BUSD

先ほどご紹介したALICE以外にも、DODOなど暴騰を見せたコインがいくつも存在します。

プロジェクトはバイナンスの厳しい審査を通過したものばかりなので期待度・将来性が高いのは当然ですね!

コンテンツの誤りを送信する

LaunchPool(ローンチプール)の参加方法(始め方)

LaunchPool(ローンチプール)の参加方法(始め方)

それでは実際にLaunchPoolに参加して報酬トークンをもらう方法を解説していきます。手順は難しくないのでぜひ参考にしてトークンを入手してみてください!

Step1:まずはバイナンスに登録しよう

binance_01

LaunchPoolに参加するにはBinanceの口座開設が済んでいる必要があります。まだBinanceのアカウントを持っていない方は登録しましょう!

Step2:LaunchPoolページに移動する

ログイン状態となったらローンチプールページに移動します。

binance_02

ホーム画面上部「ファイナンス」タブ内「バイナンスアーニング」をクリックしてください。

binance_03

ページ左部にある「ローンチプール」をクリック。

Step3:投資するプロジェクトをえらぶ

現在行われているプロジェクトが出てくるので、投資するものを選びます。

binance_04

①推定年利
②プロジェクト期間
③トークンの配布総量
④プロジェクトの開始時期

最新プロジェクトはBNB、BUSDをステーキングすることでTLMというトークンを入手できるプロジェクトです。※2021年5/7で終了となっています。

「今すぐステークする」をクリックします。

Step4:プロジェクト内容を確認する

プロジェクトページの見方をご説明します。

binance_05

①プロジェクトのwebサイトへと遷移します
②プロジェクトの詳しい内容が確認できます
③該当プロジェクトのバイナンスレポート
④プロジェクトのルールが確認できます

プロジェクトのルールでは重要なことが書かれていますが、すべて英語です。どのような内容が書かれているか翻訳した画像を置いておきます。

binance_06
binance_07
binance_08
binance_09

少し見にくいかもしれませんが参考にしてみてください!

Step5:投資枚数を決定し、ステーキングする

binance_10

プロジェクトにステーキングする枚数を入力後、「ステークする」をクリックすると参加完了です。(プロジェクト終了後のため画像では出ていませんが、開催中は赤枠部分にボタンが出ています。)

あとはトークンが増えていくのを待つだけとなります!

コンテンツの誤りを送信する

バイナンスのローンチプールについてよくある質問(Q&A)

バイナンスのローンチプールとは?

LaunchPool(ローンチプール)はIEO(Initial Exchange Offering)という資金調達の形をすこし変化させたサービスです。

LaunchPoolではプロジェクトに対し特定の通貨をステーキング(預ける)することによって新たな通貨を報酬として得ることができます。

ローンチプールとローンチパッドの違いは?

ローンチプールは、資産を預けるだけで仮想通貨を手に入れることができるサービスで、預けた資産はいつでも自由に引き出すことができるのが特徴です。

ローンチパッドは、新しく上場したトークンの購入や抽選に参加するためのサービスで、コミット期間中は資産の引き出しができないのが特徴です。

コンテンツの誤りを送信する

まとめ

Binance(バイナンス)取引所が提供するプラットフォーム「Launch Pool(ローンチプール)」について解説しました。

今後も続々と新たなプロジェクトの登場が予想されるので登録や始め方を知っておいて損はないはずです!

リスクが少なく、仮想通貨初心者の方でも簡単に資産をふやすことができるローンチプールでの投資を今後の視野にいれてみてはいかがでしょうか?

この記事を読んでくれたみなさまに爆益があることを祈りつつ筆をおきます。

コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次